ママなら仕方ない? 「妊娠線」ができる原因&予防ケアの方法2つ

【パパからのご相談】
妻が妊娠しています。だいぶおなかも大きくなってきて赤ちゃんが産まれるのが本当に楽しみです。

しかし先日、妻がおなかに妊娠線ができてしまったことに気づき、かなり落ち込んでいるようです。

僕はそんなに気にならないし妊娠したのだから仕方ない、と思うのですがあまりに気にしているので気の毒です。

これ以上妊娠線を増やさないために何かできるケアはあるのでしょうか? また、できた妊娠線は治るものなのでしょうか?

a 妊娠線は、あきらめずにケアすることで薄くすることができます。

ご相談いただきありがとうございます。ママライターのましゅままです。

妊娠線ができてしまったときのショックは、同じ女性としてよくわかります。

ママになった証しなのだから仕方ないと頭ではわかっていても、「頑張ってケアをしたのに」「妊娠線ができない人だっているのに……」と必要以上に落ち込んでしまうものです。

しかし、できてしまった妊娠線もママが根気強くケアすることで、これ以上増やさず、薄くすることが可能なのです。

160307mayumama

妊娠線の原因

妊娠線は、妊娠週数が進みおなかが大きくになるにつれ、皮膚がそのスピードについていけず断裂を起こすことで現れます。

早い妊婦さんで6~7か月ごろからできてしまうことがあるようです。

妊娠線を作る要因として、

(1)体質(肌の伸びやすさ、やわらかさ)
(2)急激な体重増加
(3)子宮の大きさ(羊水過多、多胎妊娠、赤ちゃんが大きいなど)
(4)妊娠中のホルモンの関係(肌の弾力が失われる)

ということが考えられます。

(3)(4)はママの努力ではどうしようもないことなので、ママができるのは(1)と(2)のお肌のケアと、体重のコントロールです。

妊娠線を防ぐマタニティライフづくり

(a)お肌のケア

お風呂ではゴシゴシと洗わず、油分を落とし過ぎない石鹸で洗うようにします。

お風呂上りにすぐ、肌質に合った保湿クリームを塗りましょう。水分をふき取る前にクリームで水分を閉じ込めてしまうのがポイント。

6か月以降は保湿性の高いオイルと組み合わせているママも。

ある産婦人科のHPのコラムにも、「妊娠線の予防は、おなかの皮膚を水分を多く含む“うるおいお肌”に保つこと」とあります。

妊娠線ができてしまってからも、お肌の新陳代謝を高め弾力性を保つためにケアを続けるようにしましょう。

(b)体重コントロール

6~8か月ごろが、一番妊婦さんの体型が変化する時期だといわれています。

妊娠経過も安定し、ついつい食欲が出てしまうのですが、急に体重が増えることは決していいことではないので、体重管理・栄養管理をしっかり行いましょう。

妊婦さんにダイエットは禁物なので、

・体重を毎日同じ時間に計る
・1日3食必ず食べ、朝食をどっさり食べる意識
・外食は迷ったら和食をセレクト
・おやつは控えめに。たくさん食べてしまった日は翌日以降で調整

ということに気を付けて、健康的な体重増加に努めましょう。

妊娠線はあきらめも肝心

いかがでしたか?

今回ご紹介した方法を試しても、妊娠線ができてしまった・増えてしまったなんてこともあると思います。

どれだけ努力してもできてしまうときはできてしまうのが妊娠線です。

新しい妊娠線を発見したときは、とても「ママの勲章」なんて思えないものですが、きちんとその妊娠線の跡を受け入れられるときがきます。

かわいい赤ちゃんに会えるまであと少し。ぜひ貴重なマタニティライフを満喫してくださいね。

●ライター/ましゅまま(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする