手みやげにピッタリ! 子どもも喜ぶ「簡単ローズアップルパイ」のレシピ

【ママからのご相談】
お友達親子が自宅に遊びにくることが多いのですが、オススメの簡単でかわいいお菓子レシピはないでしょうか?

a 冷凍パイシートとリンゴさえあれば、かわいいスイーツに変身!

こんにちは。ご相談ありがとうございます。ママライターの横山かおりです。

手作りお菓子、来客や手みやげにはとても喜ばれますよね。それもかわいければなおさらです。

今回は調理師免許の資格を持つ筆者が、わが家でよく作る簡単でかわいいアップルパイのレシピをご紹介します。

さらにりんごには花粉症の症状を軽減させてくれたり、大腸がんの予防にもつながることが分かっています。

おいしく体にもうれしいアップルパイ、最高ですね。

160304momo

りんごのちから

りんごに含まれるペクチンには、アレルギー症状の原因であるヒスタミンを減らしてくれることが分かっています。

またそのペクチンは大腸がんの発生を抑えてくれるというデータもあり、体にうれしい効果がたくさん期待できます。

FullSizeRender

簡単でかわいいアップルパイの作り方

【材料(12個分)】
・市販の冷凍パイシート……1袋
・りんご……2つ
・砂糖……60g
・バター(できれば無塩)……20g
・シナモン……適量
・レモン汁……適量

◎バター、シナモン、レモン汁はあったほうがおいしいですが、なくてもできます。

【作り方】
(1)リンゴを半分にカットし、芯を取り、薄くカットします。薄くカットするときれいに仕上がりますので丁寧に切りましょう。

カットしたリンゴはレモン汁を入れた水にさらしておきます。

(2)耐熱皿に(1)のリンゴをすべて入れ、そこに砂糖、バター、シナモンも入れラップをします。600Wの電子レンジで8分加熱します。

(3)温まったら簡単に全体を混ぜ、キッチンペーパーなどの上に広げ、水気を切りつつ冷まします。

水気をよく切らないと成形するときにやりづらいので注意しましょう。

(4)りんごを冷ましている間に冷凍パイシートをカットします。くるくる巻いていくので、横に長くなるように1袋を12等分にカットします。

(5)カットした1つの長さが約30cmほどになるように、めん棒で伸ばします。

(6)伸ばしたパイ生地の両端1cmほどをあけ、リンゴが少し重なる程度に横に並べていきます(巻いたときバラに見えるように、上のほうを生地から少しはみ出して置きます)。だいたい6枚くらいずつが目安です。

(7)端からくるくると巻いていきます。最後はキュッとつまむようにして。

(8)12個すべて巻いたら天板に並べ、200度のオーブンで25分ほど加熱します。(ときどき様子を見ながら。焦げそうだったら早めに出しましょう)

オーブンで加熱すると成形したパイの形が崩れることがあるので、巻くときにあまり高さを出さないことがポイントです。

材料も最低限のもので済みますし、時間も30分ほど(焼き時間は別)みればでき上がります。

ゆっくり作りたい人は1時間はみてくださいね。

簡単でかわいいアップルパイ。これからのホームパーティーなどでも使える機会が増えそうです。

一度試してみてはいかがでしょうか? 子どもも大人も大満足の一品です。

●ライター/横山かおり(ママライター、元モデル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする