最初は指使ってOK! 子どもに「苦手な算数」を克服させるヒント

【ママからのご相談】
今年の春から小学生になる息子がいます。算数が得意になってほしくて、今から足し算を家で教えています。

指を使って計算をするのですが、10以上の繰り上がりの計算になるとわけが分からなくなるようです。

どうやって教えればいいのでしょうか? また、指で計算をする癖はやめさせたほうがいいのでしょうか?

あまりにものみ込みが遅くてイライラしてしまいます。

a お子さんが自分のペースで“算数好き”になることが大切!

こんにちは。ライターのakiです。

『たかが足し算、されど足し算』、大人にとっては非常に簡単な計算も、小学生1年生前の幼児にとっては難しく感じられます。

私が以前教えていた学習塾で行ったアンケートによれば、『算数が得意なってほしい』と願う親御さんは95%もいるとのことでした。

確かに、中学受験や高校受験でも算数や数学のウェイトはとても大きく、この科目を制すれば合格を制すと言っても過言ではありません。

そういう意味でも、早い段階からお子様の算数フォローはしておきたいところですよね。

では、実際に“算数好き”になってもらうために、そしてスムーズに勉強をしてもらうためにはどうすればいいのでしょうか。

160304aki

子どもに自信をつけさせる

まずは、算数を好きにさせることが大切です。

子どもの計算が遅かったり、なかなか数の概念をのみ込んでくれないとお母様がイライラしてしまう気持ちもわかりますが、ここはぐっとこらえてください。

算数嫌いになっては元も子もないです。

最初は、「間違ってもいいよ」と安心させることも大事です。

実際に間違えても、それを責めて子どもに恥をかかせないことです。

大切なのはできるようになったら、どんなに小さなことでも褒めてどんどん成功体験を植え付けてあげることです。

それが、伸びしろにつながっていくのです。今は気長にみてあげてください。

指計算をしても最初はOK

指で計算をする癖をつけてはいけない。そんな声もありますが、別に指で計算をすることは、悪いことではありません。

その理由として、片手は5までなので5をひとかたまりの数量として考えることができ数の区切りがいいこと。

そして、視覚を利用することで計算しやすくなり正解が増えるということが挙げられます。

これらは、成功体験につながるので良い影響を及ぼします。そう考えると、最初は好きなだけ指計算をさせてあげるのもひとつの戦略になります。

それに心配しなくても、そのうち指で計算しなくなるものなのです。

繰り上がりの計算は体を使って考える

繰り上がり計算の教え方や考え方はいろいろありますが、ここでは『算数力は「あたま計算」でグングン伸びる!』著書・原暁介さん開発のユニークな『あたま計算』の方法を紹介したいと思います。

「あたま計算」とは、区切りのいい単位のときに自分で頭を軽くぽんと触ってその単位を記憶をさせる方法です。

簡単にいえば、『10』のときに『10を頭の中に入れたよ』と頭を触るのです。具体例で説明します。

【例題「4+7」繰り上がりの足し算の場合】
(1)小さい方の数4を指でつくります。
(2)大きい方の数7の次の数「8」を声に出して数えると同時に指をひとつ折り始めます。
(3)続いて、次の数「9」を声に出すと同時に指をまたひとつ折ります。
(4)「10」になったところで指を折り、同時に頭をかるくぽんと触り、「10を頭の中に入れたよ」と言います。
(5)残った指の数「1」に、頭の中の「10」を足して答え「11」を出します。

わざわざ、「10」のタイミングで頭を触らなくても……と思われるかもしれませんが、「頭をぽん」と触る動作を行うことで記憶は子どもには強く意識され、保留した数を忘れない効果があるそうです。

そして、繰り上がった「10」の単位のイメージがスッと頭に入るそうです。

大人のほうが難しく感じたり、ピンとこないかもしれませんが、繰り上げのイメージがわかないお子さんほどこの方法は効くそうです。

私も実際に、幼稚園の年長グループに教えてみたところ確かにほとんどのお子さんがすぐに理解をされました。

イメージをインプットしやすい、というのもありますが、体を使いながらなんだか楽しそうなことをする。という雰囲気も良いのかもしれません。


以上です。小学校入学前に、勉強面でいろいろと心配されることも多いかと思います。

でも、まずは全てを完璧にこなそうと思わずに、お子さんのペースで算数を、「楽しいものだ」と思わせてあげることが大切かもしれません。

どうぞご参考になさってください。

【参考文献】
・『算数力は「あたま計算」でグングン伸びる!』原暁介・著

●ライター/aki(中高英語教員)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする