夫や子どもだって同じ!? ママがイライラする原因「承認欲求」の満たし方

【ママからのご相談】
夫のことで相談です。現在、中3、中1、小2そして1歳の子どもがいます。

上の子たちは、面倒もよくみてくれるし、普通によくできている子たちです。

なんの問題もない子たちなのに、主人は仕事から帰ってくると、子どもたちにアレコレとダメ出ししたり、早く寝なさいとか、部屋を加湿しなさいなど命令ばかりしたり、最後は、下の子を面倒見たり手伝ってくれてやっと受験勉強に集中し始めた子に、早く寝なさいと。

細かいことにいちいちうるさいんです。

そうでなくても、子育て中の母親はイライラするものなのに、そういうことはわかろうとしない。

神経質な理屈の多い夫なので、よけいに今はイライラします。どうしたらイライラしなくなりますか?

a 子どもの将来がかかっています。夫婦でしっかり話し合いを!

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

幸い上のお子さんたちが優しいようなのでその点はありがたいことと思いますが、それでも4人のお子さんの育児は本当に大変なことと思います。

一番下のお子さんももう1歳ということなので、お母さんのホルモンバランスももう落ち着くころかと思いますので、産後のホルモンバランスの変化によるイライラは落ち着いてくる時期でしょう。

しかし、今回のケースはもっと深刻な問題が隠れているように思います。

それはお子さんに対するインプリンティング。

いわゆる“刷り込み”というもの。今回はこのインプリンティングとご夫婦の関係2つの観点から考えてみたいと思います。

160225sayuri

ダメ出し、命令ばかりされた子どもの行く末

子どものころから、ダメ出しや命令ばかりされて育った子どもは、「自分は何をやってもダメな人間なんだ」「命令に従わなければならない」そう刷り込まれてしまいます。

当然、自己肯定感は低くなり、自分でものごとを決めることができなくなり、いわゆる無気力な“指示待ち人間”になってしまう傾向が強くなります。

今回のご相談の趣旨は、“イライラしたくない”とのことですが、お子さんがお父さんからダメ出しされたり、命令されたりしているときにお母さんは何をされていますか?

もしもイライラするから見て見ぬフリをされているなら、お子さんたちはどんどん、下のお子さんの面倒を見てくれなくなるかもしれません。

なぜなら、子どもでもちゃんと認められたい! という承認欲求があり、それが満たされない行為を繰り返すことは望んでいないからです。

また、「お母さんは大変なんだから!」といつも口にされているようであれば、上のお子さんたちは自分が甘えたいという気持ちを我慢し、「お母さん! もっと甘えさせて!」「もっと私を見て!」という気持ちを押し殺しているかもしれません。

その気持ちをごまかす代償行為として下の妹や弟の世話をする、もしくは妹や弟の世話をしなければ、お母さんから認めてもらえないという、「自分は条件付きでなければ愛されない」と思ってしまう可能性もあります。

お母さんのイライラの原因

冒頭に記したように、産後のホルモンのアンバランスによるイライラはもう落ち着いている時期です。

では何故、お母さんがそんなにイライラしてしまうのでしょう。

ひとつの理由はお母さん自身の中に“○○でなければならない”が多いこと。

たとえば、「○時には○○をしなければならない」「夫はたとえウンチのおむつでも自分の子どもなんだから替えなければならない」などいろいろありますよね。

これをある程度幅を持たせるとか、男性は基本的にたとえ自分の愛おしい子どものものでも排泄物には抵抗があるものだと割り切ってしまえば、少し楽になります。

そしてもうひとつ。イライラの原因はやはり承認欲求が満たされていないということ。

「自分はこんなに頑張っているのに、子どもたちも夫も誰も感謝してくれない!」「当たり前だと思っている!」そんな不満を感じてはいませんか?

大丈夫ですよ。子どもさんたちは改めて感謝の言葉を口にすることはないかもしれませんが、ちゃんとお母さんの頑張りに感謝しているから、お手伝いや妹、弟の世話をしてくれているのです。

ご主人もちゃんと奥様の頑張りを認めてくれているから、毎日、働いて生活するためのお金を稼いでくれているのです。

ちょっとくらい手を抜いても、休んでも大丈夫です。

だから体が疲れたときは休んでください。子どもたちはきれいな部屋より、お母さんの笑顔が大好きだから。

ご主人がダメ出し、命令ばかりする理由を考えたことはありますか?

細かいことにいちいちうるさい人、理屈が多い人も実は承認欲求が満たされていないのです。

「すごいね。そんなことまで知っているんだ」と言ってほしいのです。

「加湿をしなさい。ウイルスはね……」とウンチクを言うのは、風邪をひかないようにという愛情表現に自分をもっと認めてほしいという欲求がくっついてしまっているだけ。

一度、ご夫婦でご主人の会社でのこと、ご主人の子どものころのこと、子どもたちのことをゆっくり話し合われてみてください。

そして結婚前はどんな気持ちで会話をしていたか、思い出してご主人を認めてあげてみましょう。

人は自分を認めてくれない人を認めようとはしません。

ご主人を認めてあげることで、きっとご主人もお子さんやご相談者様を認めてくれるでしょう。

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする