お気に入りのバッグでも! 親子の荷物をスマートに収納するアイデア

こんにちは。ライターのNANARUKAです。

バッグが膨らんでしまう子どもとのお出かけ、みなさんはどうしていますか? 

もっとスマートにしたいけれど、着替え、食事、オムツなど、子どもの物はかさばる上にどれも欠かせない物ばかり。

だからこそ、少しでも出し入れしやすい整ったバッグを目指したいものです。

今回は、親子の荷物をスマートに収納するアイデアを集めました。

子どもの物は使うシーンごとに分類する

子どもがグズった場合の、『おもちゃ・おやつ・飲み物』セット、オムツ替えコーナーにそのまま持って行ける『オムツ・おしりふき・着替え』セット、食事で使う『スタイ・カトラリー・お手ふき』セットなど、出先のいろいろなシーン別に袋に小分けしておけば、必要なときにサッと取り出せます。

そんなとき、食品保存用のジップバッグが便利。

食品はもちろん、衣類やオムツもジップバッグに入れて圧縮すればコンパクトに持ち運べますし、汚れ物も密封できます。

160225nanaruka

適度に仕切って縦型収納を心がける

仕切りのないお気に入りのバッグは、バッグインバッグやスパポーチを使えば機能的なマザーズバッグに早変わり。

そこへ分類したアイテムをできるだけ薄く収納し、高さをそろえた縦型収納を心がけます。

ブリーフケースなどを活用して、ちょうど書類をファイリングするイメージです。

高さをそろえることで小分けした荷物がバラつかなくなり、行方不明も防げます。

貴重品はミニショルダーに入れて身につけよう

子どもの動きに気を取られていると自分の持ち物にまで注意を向けることができず、落とし物や置き忘れ経験のあるお母さんも多いようです。

財布、鍵類、スマホなどは他の荷物とは分け、ポシェットやミニショルダーなどにひとまとめにして、つねに身につけておきましょう。

大きなバッグの中からお財布や鍵を探し出す手間を省けますし、盗難や紛失も防げます。


いかがでしたか?

子どもとのお出かけは準備段階から何かとバタバタするものですが、自分なりのルールを見つけて、

お気に入りのバッグをよりスマートに、機能的に使いこなしてほしいと思います。

●ライター/NANARUKA(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする