突然足がピキン! 妊娠中に「こむら返り」が起きやすい理由&予防法4つ

【ママからのご相談】
妊娠7か月のプレママです。

私は、朝、無意識にベッドで伸びをする癖があるのですが、最近足がつることが多くなってきました。

妊娠するまでは、足がつることはあまりなかったので、もしかして妊娠しているせいなのでしょうか。

お腹が大きくなってきたので、足がつるとかなりつらいです。何か対策があれば教えてください。

a 妊娠中は、お腹が大きくなることで、下半身が圧迫されて血流が悪くなります。そのせいで足がつりやすくなると言われています。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

足がつるというのは、ふくらはぎの筋肉のけいれんが原因です。

“こむら返り”とも呼ばれるこの症状は、誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

一時的に動けないほどの突然の強い痛みは、本当につらいですよね。

ところで、妊娠中の女性は、普段よりも足がつりやすいと言われています。今回は、その理由と、対策についてご紹介します。

160223maki

妊娠中に足がつりやすい理由

足のつり、いわゆる『こむら返り』は、ふくらはぎの筋肉がけいれんを起こしている状態です。

何気なく足を伸ばしたときに突然つり、強い痛みを起こすのが特徴です。

足がつる原因は、詳しく解明されていない部分もありますが、今のところ次のように考えられています。

・運動による筋肉疲労
・水分不足
ミネラル不足
・お酒の飲み過ぎ
・冷え性
・骨盤の緩み

妊婦さんの場合、お腹の赤ちゃんに栄養を供給しているので、母体はミネラル不足になりやすい状態が続きます。

また、お腹がだんだん大きくなる妊娠中期以降は、お腹が下半身を圧迫し、下半身の血行が悪くなり、体が冷えやすくなります。

さらに、妊婦さんの体は、出産に向けて骨盤が緩んでいきます。

そうすると、骨盤の坐骨から出ている筋肉や、ふくらはぎの筋肉に負荷がかかった状態になります。

この状態を元に戻そうとして収縮します。これが足がつる原因です。

今からできる! 足の『つり』を予防する方法4つ

ここでは、今からでもできる妊婦さんの足のつり予防法をご紹介します。

(1)ミネラルを摂取する

筋肉を正常に動かすためには、カルシウムとマグネシウムのバランスが大切です。

しかし、妊婦さんは、赤ちゃんに栄養素を供給しているのでこれらのミネラルは不足しがちです。

カルシウムやマグネシウムの多い、海藻類や青魚(イワシ、サバ)をバランス良く摂取するようにしましょう。

(2)適度な運動

妊娠中期以降、医師からの運動制限がなければ、無理のない範囲でウォーキングなどの適度な運動をしましょう。

適度な運動は、新陳代謝をアップし、下半身の血流改善に期待できます。ただし、運動が制限されている妊婦さんは、主治医に相談しましょう。

(3)伸びをするときの癖を直す

体を伸ばすときに、足首も伸ばす方は多いですが、寝ているときに足がつると、痛みでなかなか起き上がれない場合もあるので、ベッドで伸びをするときは、足首を伸ばさないようにするのも予防法の一つです。

(4)骨盤ベルトや腹帯をつける

下半身の筋肉の負荷を軽減させるために骨盤の位置や形を整える骨盤ベルトや腹帯をつけるのも方法の一つです。

ただし、お腹が張りやすい方は向かない場合もあるので主治医に相談しましょう。


いかがでしたか。

今回は、妊婦さんによく起こる足のつりの原因と対策についてご紹介しました。

妊娠中に足がよくつるようになったという方は、一次的な症状なので、出産後に落ち着くと考えられます。

しかし、体からの不調のサインでもあるので、代謝をよくする足のマッサージをしたり、栄養バランスに気を配ったりして、できるだけ対策をしたいですね。

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする