インフルだけじゃない! 子どもの「流行病」感染を予防する5ステップ

女性の働きスタイル研究家のアボカドチョコです、こんにちは!

今回の冬は暖かく、インフルエンザの流行時期が遅くやってきましたね。

さて、乳幼児のいるパパ、ママなら、インフルエンザのような『流行病』には、日々、戦々恐々としていることでしょう。

それでも、保育園や小学校でもらってくるのが『流行病』。私自身も、家族全員で順番に『手足口病』にかかる経験をしたことがあります。

「うどんを飲み込むだけで、喉がヒリヒリする」という手足口病は、なんと貴重な体験だったことでしょう……。

そんな私自身のイタイ経験から痛感した、集団生活で、『流行病』にかかることを防ぐ方法を5ステップを書いてみたいと思います。

160222avocadog

集団生活の中で、『流行病』感染を予防する方法5ステップ

(1)乳幼児の場合、インフルエンザ予防接種をしても、効果は20~30%!

流行病には、早めの『予防接種』がなによりの予防対策。

しかし、インフルエンザの場合、厚生労働省の調査によると、予防接種の有効率は『6歳未満の子どもに対するインフルエンザワクチンの効果は、発熱を指標とした場合、20%から30%』だといいます。

さて、予防接種をしても感染する可能性が高いとなると、気になるのが周囲の状況。

身近ではやっていることが分かれば、“手洗い・うがいの徹底”や“人ごみに行かない”などの対策を強化できます。

そこで必要になるのがリサーチです。

(2)“クラス”の動きをよく見よう!

子どもが通っているクラスで、「お休みの子どもが何人いるか?」を毎日確認することは、「どのような病気がはやっているか?」を察知する手がかりになります。

「どのような症状か?」を知ることができれば、似たような症状が出たときに早期対処ができます。

(3)“他のクラス”“他の学年”ではやっている病気がないか? も重要

自治体ホームページの“学級閉鎖”情報を見ると、流行病が広まる際、“あるクラス”や“ある学年”からその周囲へ、“他の学校”からその周辺校へ、という経路をたどる気がします。

他のクラスや他の学年のママから得る情報って、結構大事なのだな、と私自身も知りました。

そして、特に重要なのは、“近隣の学校情報”です。

(4)一番近い“小学校”情報を把握する

一番、生徒数が多くて、まだ抵抗力が弱い年齢も多い小学校。周囲の小学校で学級閉鎖が出たら、要注意!

その周辺にも波及していくことでしょう。一番近い小学校ではやっているウイルスは、その近隣でも流行します。

「うちの学校、学年は大丈夫」という状態でも、周辺校の様子を知っておくといいな、と感じました。

(5)都道府県の『流行病の多い地域の情報(地図など)』をネットで検索

地域によって、流行病の『感染時期』は異なります。

ある程度離れた区市町村では、流行のピークが1~2か月くらい違うのではないでしょうか。

その場合、広範囲に同じ情報を流すマスメディアの情報はあまり当てになりません。

「流行しているかどうか?」は、都道府県の『流行病の多い地域マップ』(自治体により名称は異なる)を探してみてください。

同じ都道府県内でも、流行の度合いが違うからです。

パパ・ママにとって、子育ては情報戦ですね! 私自身もこの冬、痛感いたしました!

●ライター/アボカドチョコ(女性の働きスタイル研究家)

イラストで解説♪

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする