理想がハッキリする? 1年の計画に「手帳」を活用するアイデア

こんにちは阪口ゆうこです。

マーシュ自主調査によりますと、2014年手帳を保有していた方々に2015年の手帳を購入する予定かアンケートをとったところ、13.6%が購入する予定がないと回答しました。

その理由を聞いたところ、4人に1人が『スマホで管理するから』と回答。

その他の意見では『会社で支給されるから』『もうすでに購入している』という回答であったため、2015年の手帳購入予定者は9割という結果でした。

さて、みなさんは必須アイテムでしょうか? 今回は、手帳のお話をしたいと思います。

皆さんは手帳をどのように使ってらっしゃいますか?

サイズや機能もさまざま、きっと優先順位があると思います。

プライベートと仕事や学校の予定を一緒に書く人分ける人、一言日記をつける人、メモをたくさんする人……キリがないですね。

自分はどんな使い方がいいのか迷っちゃうという方、どうせ使うなら手帳と1年付き合いながらレベルアップしてみませんか?

160216sakaguchiyuko

まず、来年はどんな一年にしたいかを考えてみましょう!

例えば、

「来年は家族と思い出をたくさん作りたいな〜」
「来年はもっともっと美しくなりたい! ダイエットだ!」

などなど、いっぱい理想はあると思います。私もありますよ〜!

しかし、あれもこれも理想をかなえたいと思っていてはどれも中途半端になるリスクがあります。二兎を追う者は一兎をも得ずです。

ここはググッと我慢してひとつかふたつ。そして手の届きそうな理想をチョイス。

そして、その目標をかなえるために手帳もチョイスするのはいかがでしょう!

例えば、「来年は家族と思い出をたくさん作りたい」と思ったら、「毎月1回は家族みんなでレジャーに出かける!」「1年で3回はお泊りの家族旅行をする!」と具体的な目標にする。

「来年はもっともっと美しくなりたい!」だったら、「夏までにマイナス5kg! 12月まで夏の体重キープ!」「12月までにウエストを細くする! 目標マイナス10cm!」という具合です。

理想をさらに明確にしてみませんか?

理想が明確になったら手帳に書き込みましょう

先ほどの例で話しますね。

「家族と毎月1回はレジャーに出かける!」だったら、

マンスリータイプのページの上の方に出かけ先の目標を書くのはどうでしょうか。開くたびに目標の達成不達成を確認できます。

「夏までにマイナス5kg! 12月まで夏の体重キープ!」だったら、

ウィークリーで1週間単位で毎週末に体重を書き込んで自分を追い込んだり(笑)。

さまざまな理想や目標を達成するために使うことをお勧めします。

●ライター/阪口ゆうこ(ライフオーガナイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする