また赤くなってる! 乳幼児ママの悩み「おむつかぶれ」の予防法

こんにちは、ライターの佐原チハルです。

繊細で敏感な赤ちゃんのお肌は、一般的な大人の肌よりも傷つきやすく、荒れやすいものです。

中でも“おむつかぶれ”は、悩むママも多いことで有名ですね。

そこで今回は、おむつかぶれの原因と対策についてポイントをまとめてみました!

おむつかぶれの特徴とその原因

おむつかぶれは、赤ちゃんのお尻の肌が荒れてしまうトラブルです。

・赤くなる
・発疹ができる
・いつもジュクジュクとふやけたようになっている
・皮がむけてしまう

などの症状が出ます。

当然、一番ツラいのは赤ちゃんですが、赤ちゃんがおしっこをしたり、おむつを替えようとしたりするたびに大泣きされてしまうのでは、ママやパパも大変です。

おむつかぶれの原因は、なんと言っても“汚れ”です。

おしっこやうんちでふやけた肌に、やはりおしっこやうんちの雑菌が触れることによって、肌が荒れてしまうのです。

そのため、対処のためには、“湿り気”“排せつ物による汚れ”の両方に気をつけておく必要があります。

160219sahara1

おむつかぶれの対処法

基本的には、“おしりをできるだけ刺激せず、さらさらに・清潔に保つ”ことがポイントとなります。

赤ちゃんのおしりふきは、やはり“肌へのやさしさ”にこだわって作られているものが多いです。

それでも、一度かぶれてしまった肌には、刺激が強すぎることもあります。

おしりをキレイにする際の基本は“ぬるま湯で洗い流す”という形になります。

とはいえ、毎回お風呂やベビーバスを使っているようでは、ママ・パパが大変すぎますね。

霧吹きを使う・おしりふきに“ボタボタと垂れるくらい”にぬるま湯を含ませて拭くなどして、汚れを流して落としましょう。

石けんなどを使う必要はありません

これから替える使用済みのおむつの上で行うなどすれば、おむつは吸水力が強いので、床をぬらしてしまうこともありません。

汚れを落とした後は、ティッシュやタオルなどで、ポンポンとやさしく水滴を吸い取りましょう。

これだけでも大丈夫ですが、この後にワセリンやベビーオイルなどを塗ってあげると、より効果的です。

なお、特に肌の弱い赤ちゃんの場合は、早めに皮膚科などへの相談を行った方がよい場合もあります。

「なかなか治らない」というような場合も同様です。

「おむつかぶれ以外の感染症などが原因だった」など、薬を処方してもらう必要が出てくる場合もあるでしょう。

“布おむつの方がいい”わけじゃない

特に月齢が低かったり、肌トラブルがあったりすると、「赤ちゃんの敏感な肌には、やはり布おむつの方がやさしいのでは?」と思われることもあるかもしれません。

もちろん、布おむつは悪いものではありません。赤ちゃんの肌によっては、布の方があっている場合もあるでしょう。

けれど、基本的には「布か紙かは関係ない」と考えていて大丈夫です。

紙おむつは、赤ちゃんの肌のことをしっかりと考え、作られています。

“ぬれていたら・汚れていたら、こまめに替えてあげる”ことができていれば、布でも紙でも大丈夫です。

むしろ重要なのは、交換の“こまめさ”。肌が荒れている間は特に、気をつけておいてあげましょうね。

【参考文献】
・『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』森戸やすみ・著

●ライター/佐原チハル(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする