歯みがき代わりになる? 「マウスウォッシュ」の効果と選び方

【女性からのご相談】
最近何となく口臭が気になっています。マウスウォッシュを使ってみようと思っているんですが、どのくらい効果があるものなんでしょうか。

a あくまで補助的な使用を! 正しいマウスウォッシュの使い方をご紹介します。

こんにちは、ご相談ありがとうございます! 歯科衛生士の鈴木ハナコです。

口臭予防にマウスウォッシュ(洗口剤)を利用している方は実に多いと思います。

しかし、口臭にはさまざまな原因があるのでその根源をたたかないことには改善が期待できません。

特にプラーク(歯垢)を除去できていない場合はいくらマウスウォッシュ(洗口剤)を使っても効果が半減してしまいます。

今回はマウスウォッシュ(洗口剤)に焦点を絞ってその働きや選び方をご説明します。

160212suzukihanako

要注意! マウスウォッシュ(洗口剤)は歯磨きの代わりになりません!

患者さんに接するときにとても良く聞くのが”歯磨きのかわりにマウスウォッシュを使っています”というお話。

「朝歯を磨く時間がなくて、マウスウォッシュで済ませてきました」
「夜歯を磨くのが面倒なときは代わりにマウスウォッシュを使っています」

など、今までいろいろな方から聞きましたが、実はマウスウォッシュだけでは歯磨きの代わりにはならないんです。

やはり歯ブラシを使ってしっかりと歯磨きをしないとプラーク(歯垢)は除去できません。

また、歯磨きでプラークを除去していない状態でマウスウォッシュを使用しても、汚れの上をなでているような状態になってしまい、マウスウォッシュ本来の力が発揮できません。

ぜひ、歯磨き+マウスウォッシュをセットとして考えて使ってくださいね。

いっぱいあるけど何が違うの? マウスウォッシュの種類

マウスウォッシュは水歯磨きとも呼ばれ、種類や効能も多種多様です。

しかし、どの商品も含まれる成分は似たようなものでアルコールを主体としてハッカ油や香料、色素、グリセリンの他、抗菌効果のある薬品が中心となっています。

グルコン酸クロルヘキシジンポピドンヨードなどを使用しているものは、歯周病菌の殺菌効果が期待でき、歯科医院で使用されている洗口剤にもこれらの成分が含まれています。

買う前にこれらの成分が含まれているかをチェックしてみるのもおすすめです。

痛い・辛い、にご注意を。マウスウォッシュの選び方

ドラッグストアなどにずらりと並ぶ色とりどりのマウスウォッシュ、味見ができるワケではないので、買ってからその刺激にびっくりした方も多いのではないでしょうか?

実は私自身もあまり辛くて最後まで使いきれず、マウスウォッシュをダメにしてしまったという記憶があります。

上記にもありますが、マウスウォッシュはエタノールなどのアルコールを主体として作られているものが多いです。

そのため、人によってはとても辛く感じたり、刺激が強すぎて痛いと思うような商品もあります。

とはいえ、最近では低刺激タイプの製品もたくさん出てきています。

アルコールの刺激や、メントールの刺激が苦手な方はぜひノンアルコールと書いてあるものや低刺激と書いてあるものを選んでみてくださいね。


いかがでしたか?

一口に口臭といっても、その原因はさまざまです。

歯磨きとマウスウォッシュを併用してもあまり改善されないようでしたら、早めに歯科医院で相談してみてくださいね。

【参考文献】
・『お口の健康ア・ラ・カルト』鴨井久一・著

●ライター/鈴木ハナコ(歯科衛生士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする