ほぼ貸し切り状態!? 意外とオススメな「冬のBBQ」の魅力4つ

こんにちは。ママライターのamuです。

寒いし、インフルエンザや胃腸炎もこわいしで、ついつい家で過ごしてしまいがちなこの季節。

あれ……? ということは、もしかしてもしかすると、混雑している場所へ行くチャンスなのかも……!

そうです! 屋内施設に人が集中する冬だからこそ、おすすめなのは、アウトドア、BBQです!

私が行ったのはお台場の近く、有明駅からすぐのBBQ場。

食材を持ち込めるし、火の着いた炭が入ったコンロをはじめ、テーブル&椅子や調理器具やお皿など、すべて貸してくれるので、手ぶらでOKなのがありがたいです。

冬はドームテントの無料貸出もあり、コートいらずの暖かさでした。そして、とってもリーズナブル!

バドミントンなどの遊具も貸してくれるので、子どもも芝生で思う存分楽しめます。

探してみると、屋上やショッピングモールなどにも、防寒対策がされたBBQ場がたくさんあるので、ぜひ足を運んでみてください。

私もママ友を誘って行ってみたので、感想などをリポートしてみました。

160217amu

冬のBBQの魅力4つ

(1)食材が豊富

カルビにハラミに豚トロ、骨付きウインナーに、焼きそば。そんな、いつものメンバーに加え、カキにホタテはどうでしょう?

殻付きで焼いて、バターと醤油で召し上がれ♪ ジンギスカン、鍋、おでんもオススメです。

熱燗や、ホットワインも、網に乗せた鍋のなかで簡単にできます。

『家のなかでは敬遠してしまう浜焼きができてよかった。炭火で焼くとおいしさが違うね! カキ三昧できて幸せ~』(20代ママ)

『バターを乗せた焼き芋がおいしかった』(小3女の子)

(2)暑くない&熱くない

夏場はきびしい焼く作業。炎天下のなか、コンロの近くは一体何度あるの? というくらい暑くて汗だくですよね!

冬は逆に、コンロが暖房器具がわりになって、ポカポカ暖かいのです。

子どもたちも炎天下の下では、水でもないと遊べませんが、フリスビーをしたり、鬼ごっこをしたり、楽しそうに遊んでいました。

『ドームテントとコンロで、テント内は20度はあったよね。冬のBBQなんて凍えるだけだと思っていたけど、暖かかった』(30代ママ)

本当に、テントってすごいと思いました!

広大な芝生のテントにいると、ちょっとだけ、モンゴルの人になったような……。笛や馬頭琴でもかき鳴らしたくなります♪

IMG_20160116_23

(3)虫がいない

蚊がいない、蜂も虻もいない! これだけで快適過ぎました!

(4)とにかく空いている

行った日は、割りとポカポカな日でしたが、なんと貸し切り! お客さんは私たちだけでした。

スタッフさんは、何かあればすぐ飛んできてくれて、親切にしてくれるし、子どもが走り回っても騒いでも、誰もいないので気兼ねなく楽しむことができました。

予約したのも、前日です! 春から秋までは、週末はすぐ予約で埋まってしまう人気のバーベキュー場なのにです。

『思い立ったらすぐ行けるのがいい。子どもの体調や予定を見てから決められるし、焼肉屋さんに行く感覚でBBQできるね。今度はデパートの屋上にあるBBQ場も行きたいと思った』(30代ママ)

みんなでワイワイ買い出しして、さんざん飲んで食べたら帰るだけなのがかなりうれしかったです。

ゴミ捨て、炭の処理、コンロや食器を洗ったり、テントを片付けたりといった、すべてのことをやってくれます。

近くの防災学習施設や、リスーピア、水の科学館、豊洲などを見て、充実した1日になりました。

豊洲から月島へ行き、もんじゃ焼きを食べるのもいいかと思います。

冬のBBQは、都心で、手ぶらで、食材持ち込みがベストです!

●ライター/amu(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする