ママから感染!? 赤ちゃんの「インフルエンザ予防接種」体験談3選

【ママからのご相談】
11か月の子どもを育児中です。

パパは仕事をしているので予防接種を打ちましたが、自分と子どものインフルエンザの予防接種をどうするか迷っています。

子どもは今まで風邪などの病気にかかったことがなく、とても丈夫な体です。

「保育園に行っているわけではないので強制ではない」と、かかりつけの小児科医の先生には言われましたが、皆さんどうしているのでしょうか?

a まず、パパ・ママの予防接種を優先的に!

ご相談いただきありがとうございます。ママライターのましゅままです。

筆者も仕事を退職し育児に専念するようになってからは、毎年インフルエンザの予防接種を受けるかどうか悩みます。

1歳未満の乳児には、インフルエンザの予防接種を控えるよう指示を出すお医者様も多いようです。

しかし、パパ・ママがインフルエンザにかかってしまっては赤ちゃんのお世話もできず、何より赤ちゃんに移ってしまうリスクが発生します。

そのため、まずはパパ・ママがしっかりと予防接種を受けて、インフルエンザにかからない環境づくりを整えましょう。

160215masyumama

乳幼児のインフルエンザの予防接種は、病院によっても考え方が違う

インフルエンザの予防接種は生後6か月以降から可能ですが、1歳未満の乳児はインフルエンザ予防接種を控えるよう指示される場合があります。

その理由としては、
・ワクチンを摂取できる量が少なく、効果が2歳児、3歳児に比べても低い
・健康な乳幼児にワクチンを打ってインフルエンザにかからない・重傷化が防げるという確証がない
・じんましん、発熱などの副反応へのリスク

ということが挙げられ、無理に予防接種を受けさせるよりも家庭でのインフルエンザ対策をすすめる病院もあります。

乳幼児の家庭でのインフルエンザ対策としては、

・両親、祖父母、保育園などで関わる人が予防接種を受ける
・人ごみを避ける
・手洗い・うがいの徹底

などが有効です。

心臓病、腎臓病、喘息などの基礎疾患を持っている赤ちゃんは、インフルエンザにかかると容易に重篤化する恐れがあるので、強くインフルエンザの予防接種をすすめる病院がほとんどなようです。

先輩ママはどうしてた? 赤ちゃんのインフルエンザ予防接種体験談3つ

・『生後8か月でしたが、予防接種をすれば重症化も防げると聞いて受けさせました。副反応も特になかったです。わたしの母がインフルエンザにかかり、知らずに子どもと接触していましたが子どもには感染していなかったので、受けさせておいてよかったと思いました』(20代/女の子ママ)

・『5歳と3歳の子どもの母親です。これまで予防接種をしても感染するときは感染するし、予防接種をせず過ごしても感染しなかったこともありました。家族全員やるとなると費用もバカにならないし、周りのママ友も毎年インフルエンザの予防接種をさせるか迷っているようです。予防接種していてもしていなくても、日ごろの手洗いうがいの徹底と、インフルエンザの時期は人ごみを避けるようにしています』(30代/男の子2児ママ)

・『1歳のママです。保育園に通わせているので、0歳の去年からインフルエンザの予防接種をしに行きました。ですが、去年は予防接種をした病院で母子ともにインフルエンザに感染してしまい大変なことに……今年は迷いましたが、結局予防接種しにいきました』(30代/女の子ママ)

インフルエンザの時期の行動は慎重に

いかがでしたか?

筆者は去年0歳児の子どもには予防接種させませんでしたが、今年は妊娠したため少しでもインフルエンザにかかるリスクを減らそうと母子ともに予防接種に行きました。

赤ちゃんに予防接種をしてもその効果を過信せず、まず日ごろからパパ、ママ、赤ちゃんともに手洗いうがいを行い、人ごみはなるべく避けるように心がけましょうね。

●ライター/ましゅまま(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする