40代でも遅くない! 先輩ママに学ぶ「社会復帰」への道4選

【ママからのご相談】
44歳の主婦です。中学生と小学生の2人の子どもがいますが、下の子が春から小学4年生になります。

そろそろ、働きたいと思っています。

でも、仕事を辞めてから15年ほどたっており、再就職をするには不安があります。

以前は、経理をしていたので、同じような仕事を見つけたいです。

40代で社会復帰されている方がいれば、ご意見をうかがいたいです。よろしくお願いします。

a 社会人経験のある主婦にはチャンス到来。焦らず学び直しも大切!

こんにちは。ママライターのKOUです。

ご相談ありがとうございます。40代のママさんということですが、再就職を考えていらっしゃるのですね。

周りでも、子育てをしながら“社会復帰”を実現させているママたちがいらっしゃいます。

安倍政権が打ち出すアベノミクスでは、経済成長戦略のとして女性の社会進出が重要課題の1つに挙げられています。

さらに、少子高齢化社会の中で、人手不足が懸念される企業も少なくありません。

当然、社会人経験のある女性の再雇用に目を向ける兆しも出てきているようです。

このように社会情勢をみると、「やりたい」と思い立った今が、動きどきだと感じます。

そこで、ご相談者さんがお仕事を見つけるのにあたって、40代で社会復帰を果たされた現役ママさんたちの体験談やご意見などを取材してきました。

pexels-photo-27118-large

現役ママが語る40代での社会復帰体験談4選

(1)大学などで学び直し

『起業する前に、マーケティングなど経営関連の知識を身に付けようと、ある大学の通信教育で1年ほど学びました。科目履修生だったので、学びたい科目だけ選べましたよ。スクーリングでは学校に出向いて授業を受けることもありましたが、自宅学習がほとんどで自分のペースで取り組めました。まったく知識もなく、いきなり、起業するよりは経営をひととおり学んでからの方が不安もだいぶ払拭(ふっしょく)されます。同じような起業仲間ができ、結果的に良かったと思います』(輸入雑貨店経営/46歳・中学生ママ)

ブランクが長い場合、社会に再復帰するための準備期間として、もう一度学び直すということも大切かと感じます。

最近では、専業主婦が仕事復帰を目指せるようなプログラムを用意した大学の講座もあります。

たとえば、関西学院大学では、2008年から再就職講座『パッピーキャリアプログラム』を実施しています。

他にも、日本女子大学や明治大学なども主婦向け講座あるそうです。

(2)主婦向け派遣会社からスタート

『派遣会社で何社か働いたあと、自分に合った会社で正社員になりました。主婦向けの就職サイトから仕事を見つけました。ブランクは10年近くあったので、不安でしたが、初めは短時間勤務で、少しずつ働く時間を増やしていくことで、仕事にも慣れてきました。そこの会社に合う、合わないということがあるかと思うので、派遣会社に登録して何社か経験したあと、長く働けるところを見つけるのも一つの手です』(事務職/42歳・小学生ママ)

派遣会社はたくさんありますが、主婦向けの求人を紹介してくれる会社に登録するといいかもしれません。

中には、eラーニングなどインターネットを利用した学習講座を登録者に提供するといった、働きながらスキルアップできる会社があります。

(3)研修や教育が充実した企業を狙う

『以前は営業職だったのですが、未経験のオペレーターの仕事を選びました。当初、不安はありましたが、研修が半年近くあって安心して現場に出ることができました。採用の際は、営業職で身に付いた積極性などを買っていただいたようです。過去の経験を生かせる要素がれば、未経験の仕事もチャンレジできると思います』(コールセンター・オペレーター/45歳・小学生ママ)

やはり、人手不足の業界では社会人経験のある主婦を積極的に雇用する企業も増えてきていると言います。

女性向けの求人の中には、未経験でも研修や教育制度が充実した企業も目立ち、40、50代の女性が働ける環境が整っているようです。

(4)資格や特技を生かした働き方を目指す

『結婚してすぐに会社を辞めたため、社会人経験が4年程度しかありません。でも、子育てが落ち着いたら、何か資格を取って働こうと考えていました。介護士の仕事は体力も気力も要りますが、求人も多く、社会が必要としている職業だと思い、選びました。今は、訪問介護でお年寄りのお宅を訪れて、介護をお手伝いしています。当然、しんどくなるときもありますが、喜んでもらえるとやりがいを感じます』(介護士/48歳・中学生、高校生ママ)

新たに資格を取って働ける主婦の方もまれにいらっしゃいますが、実務経験がないと採用されるのは難しいのが現状です。

ただ、スキルアップのための資格、あるいは、保育士のように人手不足の業界や子育て経験が生かされる資格であれば取る意義があるかと思います。

また、英語が得意という特技を生かした職選びも可能です。

子育て経験もある主婦で英語が得意な場合、子ども向けの英会話教室の講師をしている方も少なくありません。


以上、社会復帰できたママさんたちの体験談4選でした。

専業主婦歴が長かったとしても、決して社会復帰を諦めることはありません。

経理経験のあるご相談者さんであれば、これまでの経験を生かした職探しができるはずです。

不安であれば、スキルアップのために資格を取ったり、もう一度、大学などで学び直したりしても良いかもしれませんね。

ぜひ、体験談などを参考にトライしてみてください。応援しています。

●ライター/KOU(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする