捨てるのもったいナイ! 牛乳パックの「リサイクル工作」アイデア3つ

【ママからのご相談】
7歳の女の子のママです。クリスマスのお料理で使った牛乳パックが余っています。

楽しく作れるリサイクル工作のアイデアはありませんか?

a カスタネットやカード入れ! どれも手軽に作れます。

こんにちは、遊びと学びの専門家大根はじめです。

リサイクル工作はお子さんの創造性を伸ばすのにもいいですね。

風邪気味などで外遊びを控えたいときなどに取り組むと楽しいかもしれません。

今回は1本の牛乳パックをまるまる使い切って、小物入れ・カードケース・カスタネットを作る工作アイデアを紹介します。

160203ohnehajime

用意するもの

100円均一で手に入るもので大丈夫です。

【材料】
・牛乳パック……1本
・千代紙(おりがみでも可)……4枚
・色画用紙(フェルトでも可)……5枚(B5サイズ)
・ペットボトルの蓋2つ
・両面テープ(幅広タイプ)
・両面テープ(通常幅タイプ)
・はさみ
・カッター
・定規
・カッティングマット
・油性ペン

準備しておくこと

・まず油性ペンで下から5cmと、20cmの場所に、ぐるりと線をひきます(すべての面にひきましょう)。
・ひいた線と、蓋の三角部分のライン3か所をカッターで切りぬきます。
・底と蓋は小物入れ用です。残りをカードケースと、カスタネットにします。
・カードケース用、カスタネット用パーツはいっぺんにハサミを入れて展開します。
・小物入れ用とカスタネット用の色画用紙、カードケース用の千代紙を切り出します。

リサイクル工作のアイデア3つ

(1)小物入れの作り方

(イ)屋根になる蓋部分に両面テープ→色画用紙の順に貼っていきます、最初は両側面の閉じると三角形になる部分です。

(ロ)蓋をとじてトップをホチキスで閉じます。まだ色画用紙を貼っていない部分に両面テープ→色画用紙を貼っていきます。

(ハ)屋根の最上部にあたる部分に2cmの千代紙を巻きます(千代紙のウラに両面テープをはってはります)。

(ニ)壁になる部分に、蓋部分に両面テープ→色画用紙の順に貼っていきます。

(ホ)アクセントに2cmの千代紙を巻きます(千代紙のウラに両面テープをはってはります)。

(2)カスタネットの作り方

(I)カスタネットのボディになる部分に両面テープ→色画用紙の順に貼っていきます。

(II)アクセントに両端に3~4cmの千代紙を巻きます(千代紙のウラに両面テープをはってはります)。

(III)両端にペットボトルの蓋をとりつけて完成です(セロテープか木工用ボンドがよいでしょう)。

(3)カード入れの作り方

(a)用意したカード入れパーツ用の片方の端をななめにカットします。

(b)両面テープ→千代紙の順にパックの表面全体へ貼り付けていきます。端はおり込んで裏面に。

アクセントに真ん中の折目にそって2cmの色と柄違いの千代紙を貼り付けてもよいでしょう(千代紙のウラに両面テープをはってはります)。

(c)色画用紙を一回り小さく切りだし、裏面へ両面テープ→色画用紙の順に貼り付けます。

(d)四隅の端に薄くボンドを塗り、洗濯バサミではさみます。

(e)ボンドが乾いたら完成です。

【参考リンク】
牛乳パックで作ろう | 雪印メグミルク

●ライター/大根はじめ(マンガ家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする