10秒でもカット! 先輩ママに聞く「家事のコツコツ時短テク」

【ママからのご相談】
現在、5歳の女の子と6か月の男の子がいるママです。

2人目が生まれてからなかなか自分の時間が持てないどころか、家事もままならず、夫に「部屋が散らかっている」と怒られる始末です。

皆さんはどうやって家事をこなしているのでしょうか。

a 時短アイデアで自分の時間を作りましょう!

ご相談ありがとうございます。フリーライターのmikiです。

赤ちゃんのお世話に加えて、上の子のお世話や家事など1日24時間では足りないぐらいの忙しさ。

すべてを完璧にこなすお母さんは数少ないのではないでしょうか。

私自身もどうしても子育てを優先してしまうあまり、ついついお掃除が後回しになってしまいます。

夫に理解してもらってはいるものの、なかなか片付かない部屋にいら立ってしまうときもあります。

そこで、先輩ママたちに“家事の時間短縮アイデア”について聞きました。

160129miki

わずか10秒の時短テクでも実践してみよう!

時短といっても10分、20分短縮するというのではなく、1分、30秒と少しの時間を短縮するワザです。

わずかな時間でも積もれば5分、10分、自分自身がひと息つく時間を作ることができます。

・『赤ちゃんのお世話に必要なものは1つにまとめ、赤ちゃんがいる場所の近くに置くだけでマイナス30秒!』(30代ママ)
・『買い物は1週間に1度のまとめ買いかネットスーパー。買い物に行く時間がなくなるだけでほかのことができます』(40代ママ)
・『洗濯物を乾かしたらパパの服や下着はかごの中へ。取り込むときに分別しておくだけで簡単にしまうことができてマイナス30秒!』(30代ママ)
・『料理は常備菜を作って冷蔵庫・冷凍庫にストック。時にはスーパーのお惣菜を一品に加えることも』(20代ママ)
・『物が散らからないように“とりあえずBOX”を作り、一時的に置いておきます。そのBOXがいっぱいになったときに片付けます』(40代ママ)
・『洗い物が増えないようにお昼ごはんは“ワンプレートランチ”に。これだけで2~5分は短縮できます!』(30代ママ)

時短とは少し異なるかもしれませんが、『普段私がゴミ捨てをしているのですが、赤ちゃんのお世話で忙しい間は夫にお願いしている』(40代)といったママも。

毎日、ママがしていることの中でパパに頼める部分があれば、時間を作ることができますね。


ほんのささいなことかもしれませんが、時短でできた10分間をティータイムにしたり、うたたね時間にしたり、自由に使って一息ついてみてはいかがでしょうか。

●ライター/miki(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする