引越しの挨拶は一人暮らし女性には必要か?

【女性からのご相談】
夫と離婚をし、一人暮らしを始めることになりました。来月、新居へ引越しをします。会社に近いマンションを賃貸することになっています。一人暮らしなので、上下や隣のお部屋へのご挨拶は省略しても良いかな? と思っているのですが、どうなのでしょうか? 一人暮らしだからこそ、いざという時のためにご挨拶をしておいた方が良いのでしょうか?

a 女性一人暮らしのお引越しでは、防犯上のリスクを考えて隣近所への、「お引越し挨拶を省略する」というのが最近の傾向です。

ご相談ありがとうございます。お引越しが具体的に決まってくると、ふと頭をよぎるのが隣近所へのご挨拶ですね。

以前、“子連れ家族のお引越し挨拶”については、「ご挨拶に伺った方が良い」というお返事をさせていただいたのですが、今回の“女性の一人暮らし”では、「ご挨拶には伺わない方が良い」というお返事をさせていただきたいと思います。

というのは、現代の“女性の一人暮らし”では、「地域とのつながり」よりも、「防犯」を最優先すべきではないかと考えるからです。

女性の一人暮らしを狙った犯罪に巻き込まれないためにも、できるだけ、“女性の一人暮らし”という事は知られたくありません。

ですから自ら、「女性の一人暮らしです」と言って廻るような事は、しない方が良いのではないでしょうか。

近隣の方とは、いざという時のために顔見知りになっておいた方が良い場合もありますが、相手によりますよね。

いきなり、なんの情報もないままに訪ねていってご挨拶するのは、防犯上リスクがあります。

日常生活の中で、同じ階に住んでいる女性とエレベーターに乗り合わせたというような場面で、「こんにちは」と挨拶を交わすなどの方法で、顔見知りを増やすほうが安全です。

131121ehara2

実際、皆さんはどうしてる?

では実際、皆さんはどうなさっているのでしょうか? リクルート住まいカンパニーが行った「引越しに関する実態把握調査」の中の、「引越しの際、新居での挨拶はした?」というアンケート調査をご紹介します。

こちらのアンケート調査では、男女の年代別で回答が分類されており、10代女性の80.0%、20代女性の60.7%、30代女性の43.8%が、「挨拶はしなかった」というように回答しています。

10~20代の女性の多くが、「新居で引越の挨拶はしていない」という事になりますね。

10代では独身の一人暮らし女性がほとんどでしょうから、女性の一人暮らしでは、「お引越しの挨拶はしない」という選択をしている方が多いということが伺えます。

そして、20~30代に入り、結婚して家族構成が変わったり、賃貸の住まいから分譲の住まいに変わるなどして、「地域との関わり方」も変わると、「新居での引越し挨拶」をする方の割合が徐々に増えてくるようです。


ご相談者様のように、“女性の一人暮らし”のお引越しでは、お引越し作業そのものにも高い防犯意識を持って臨んだ方が良いでしょう。

お引越しトラックが停まっているだけで、多くの他人の目に留まっています。お引越し直後のバタバタにつけ込んだ犯罪に巻き込まれないよう、特に注意する必要があります。

詳しくは、前回の『一人暮らし女性の引越しで気を付けたいポイント7つ』で、女性一人暮らしのお引越しについて取り上げましたので、そちらも合わせて参考になさっていただければと思います。

お引越しは新生活のスタート地点。

今後の安全で安心な生活のためにも、引越しに際しての防犯対策は万全になさってくださいね。

【関連コラム】
一人暮らし女性の引越しで気を付けたいポイント7つ
子連れ家族がマンションへ引越した場合の挨拶の必要性

●ライター/パピルス(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする