ポッコリ下腹部回避! 新米ママが「産後ダイエット」するポイント3つ

こんにちは、ママライターのみいゆです。

女性なら誰でも気になる自身の体型ですが、特に妊娠中や出産されたママさんは一番気にかかるところではないでしょうか。

妊娠中はどんどんお腹も大きくなってくるので、果たしてこの伸びきったお腹は元に戻るのだろうか。と不安になられている方もいらっしゃるかと思います。

今回は出産後でも元どおりの体型にするにはどうすればいいのかをご紹介します。

産後に気になる体の変化は『ウエスト』

ユニ・チャームが調べた『産前産後の体の変化』のアンケート結果によると、約70%以上の方が『ウエスト』の変化を感じたと答えています。

やはり、あれほど大きくなったお腹ですので、元に戻るのは多少の時間が必要ですね。

また産前の体に戻ったかどうかの結果では、約40%近くの方がほぼ戻ったとのことです。

完璧に全身を妊娠前の体に戻すことは、なかなか難しいようです。

160127miiyug

産後に必ずやってほしいこと3つ

(1)骨盤ベルトで骨盤を締める

これは産後すぐにやり始めなければなりません。

骨盤が開いたままにしておくと骨盤のゆがみや臓器が下のほうへ下がってきて、ポッコリ下腹部になってしまい痩せにくい体の原因になってしまいます。

(2)子どもと一緒に毎日ウォーキング

妊娠中は動きが制限されるので、筋力が低下しています。現在妊娠中の方は率先して体に負担がかからない軽い運動は毎日続けてほしいです。

また出産後のママさんは、赤ちゃんを外に連れ出せる時期になったら外気浴も兼ねてお外でお散歩をオススメします。

歩くことで筋力アップにつながりますし、家の中に赤ちゃんと二人っきりでいるとストレスもたまってくるので一石二鳥ですよ。

(3)栄養があるものをしっかり食べる

妊娠中は食欲が増したり、産後は母乳をやっているととてもお腹がすきますね。

その延長で卒乳してからも同じ量を食べ続けていると、体重が減らないのは当たり前です。

母乳をやっている間もできれば量を増やすのではなく、栄養のあるものをバランスよく食べることが大事です。

産後6か月を過ぎても諦めないで!

産後ダイエットは産後6か月が勝負と言われていますが、何でも継続することはプラスになります。

特に妊娠する前にあまり動いてなかった人でも子どもが産まれて、歩き出すようになると必然と動くことを強制されます。

やはり運動すれば体も痩せていくので、産後はなるべく早く骨盤を締めること、食事仕方に気を遣っていれば、妊娠前のスタイルに十分近づけることは可能です。

「もう若くないから……」と諦めずにぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】
産前産後の体の変化 | ユニ・チャーム

●ライター/みいゆ(ママライター)

イラストで解説♪

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする