キムタクも嫁ブロックに!? SMAP解散回避のウラに工藤静香「内助の功」

独立・解散騒動で連日話題を呼んでいる人気アイドルグループ・SMAPは1月18日、フジテレビ系『SMAP×SMAP』に生出演し、グループを存続させるコメントを発表しました。

「今回、ジャニーさん(ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長)に謝る機会を木村君が作ってくれて、今、僕らはここに立ててます。5人でここに集まれたことを安心しています」

と、メンバーの草なぎ剛さん(※草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀)がコメントしたように、今回の騒動、収拾に動いたのは木村拓哉さんだったようです。

出典:ポニーキャニオン - 工藤静香より

出典:工藤静香 ポニーキャニオン公式サイトより

なぜキムタクが残留組に? 妻・工藤静香の“内助の功”とは

ただ一人だけ事務所への残留を決め、中心となって事務所と交渉したとされる木村拓哉さん。かつては自身が独立を考えていることもあったのだとか。

そんな彼が残留を決めたのは妻・工藤静香さんの“影響”が大きいとのこと。

2000年、現役ジャニーズアイドルとして人気絶頂の時期に“デキ婚”。このようなケースは異例中の異例でした(“ジャニーズと結婚”については「1グループに1人まで」「私生活について触れてはいけない」などさまざまな暗黙のルールがあると言われます)。

木村・工藤夫妻は「結婚を認めてもらった恩義がある」という理由で残留を決めたとされます。これについて“スマスマ”放送中にダウンしたTwitter上では、

『キムタク幹部に決定したのホントだったら 工藤静香の内助の功すごい これが結婚してる強みやな ひとりじゃない』
『今回SMAPの騒動で工藤静香がキムタクに残るよう説得したのは大正解だったと思う。お陰で『冷静に話ができるパイプ役』って重要なキーパーソンになれたんだから。』

といったように彼女の行動に共感する意見がありました。

「怖い」「嫁ブロック」の声も

一方、多く見られたのが「賢いけど怖い」といった意見でした。Twitterでは以下のような声がありました。

『昔から工藤静香は他のアイドルと違って、賢いというか処世に長けてるというか、しっかりしてると思ってたけど、やはりそうだったなって思った。』
『中居じゃなく木村が中央に立ち、仕切っていたのがpointか。 木村の後ろに工藤静香あり、恐ろしい夫婦だ。』

結婚してからは表立った芸能活動はかなり控えめの工藤静香さん。そんなところから“暗躍”といったイメージを持つ人もいるのかもしれません。

また、話題になっているのが「嫁ブロック」というワード。

これは、夫が妻の反対意見によって転職・独立をやめる、内定を辞退するというもの。

『工藤静香が独立に反対、という報道を受けて「まさに嫁ブロック!」と思った』
『キムタクも嫁ブロックか? キムタク「俺、事務所やめる…」 工藤静香「やめてどうするの?もう若くないんだから!」 キムタク「……」 このパターンだろうか(^_^;)』

とはTwitterユーザーの声。やはり、姉さん女房は強いということでしょうか……。


工藤静香さんの“力”がどれだけ働いたのかはわかりませんが、結果的にSMAPの解散は避けられたようです。明るく活躍する5人を早く見たいものですね!

【画像出典元リンク】
・ポニーキャニオン – 工藤静香/http://music.ponycanyon.co.jp/short/artist/113003/

(文/パピマミ編集部・楠)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (15)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする