冷え対策で免疫力もUP! 手足の指にできる「しもやけ」の原因と予防法

【女性からのご相談】
もともと冷え性の傾向はありましたが、最近になって手足の指に“しもやけ”ができて、むずかゆくて困っています。

ハンドクリームは塗っていますが、かゆくてかきむしってしまい、傷口にしみるので塗れないこともあり、悩んでいます。

根本的にしもやけを治すには、生活を見直した方がいいと思うのですが、何かおすすめの生活改善法があれば教えてください。

a 冷えに注意し、汗をかいたときや濡れたときはすぐに拭き取りましょう。ビタミンEの豊富な食事も取り入れましょう。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

手足や指先など体の末端部分に起こる『しもやけ』は、ムズムズしたかゆみがあるのでツラいですよね。

しもやけの治療では、血行を良くする軟膏やビタミン剤が処方されたりします。

実際、根本的に生活習慣を見直し、しもやけにならないようにするにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

今回は、日常でできるしもやけ対策についてご紹介します。

160120maki

しもやけとは

『しもやけ』は、気温が4〜5度、一日の温度差が10度以上になると起こしやすいと言われている冬の寒い時期に起こる手足の指の病気です。

しもやけは、暖かくなればおさまることも多いので、たいしたことはないと思われがちですが、『凍そう(とうそう)』と呼ばれるれっきとした皮膚疾患です。

しもやけの原因

しもやけは手足の末梢の循環不全、つまり血行不良によって起こります。

ところで、昔から子どもや女性はしもやけになりやすいと言われています。まず、女性の場合は、冷え性で血行不良の方が多いことが原因です。

そして、子どもの場合は、肌が弱く体温調節機能がまだ未熟であること。

さらに足の発育を促すために靴下を履かずに裸足で過ごすことが多いため、足が冷えてしもやけになることが多いのです。

しかし、現代では、女性や子どもに限らず、しもやけにお悩みの方が増えてきています。

最近は、暖房設備が充実している建物や公共交通機関も多いため、外気温との差が大きく、一日の中でも気温差のある場所を私たちは何度も行き来します。

それを繰り返しているうちに体温調節機能が低下してしまい、しもやけになってしまうことがあるのです。

しもやけを予防&改善する生活習慣や食事のコツ4つ

ライフスタイルの変化よって、しもやけに悩む方も増えていますが、しもやけを予防、改善するにはどんな方法があるのでしょうか。

肌の赤みが強く、ただれやかゆみがひどい状態、かきむしってしまって血がにじむような状態の場合には、皮膚科での治療が最優先となります。

早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けるようにします。

かゆみや赤みが比較的少ない軽症の場合、またはしもやけになる前に予防したいという方は、次のようなポイントに注意して生活を見直してみましょう。

(1)体を冷やさない

外出時には、手袋、耳あてなどを使う。室内でも靴下を履いて末端を冷やさないようにする。

汗をかいたとき、入浴後、水仕事の後などは、手足をしっかりふき取り、冷えないように保温する。

(2)入浴時には手足をしっかりマッサージする

手足の疲労を癒し、血行を良くしてしもやけを予防する。

(3)体を締め付けない、ゆったりとした衣類を着る

家の中だけでもゆったりとリラックスできるような衣類を着用し、血行不良に注意する。

(4)体を冷やす食べ物は避け、体を温める食べ物を積極的に摂取する

トマト・ナス・キュウリなどの夏野菜を避け、かぼちゃ・根菜類・アボカド・生姜・ネギなどをとる。

さらに、皮膚を強化し保護する元となるたんぱく質や亜鉛などのミネラルもバランス良くとる。


いかがでしたか。

今回は、冬に多いしもやけの原因や改善のためのコツなどをご紹介しました。

普段から血行不良に注意し体の冷えを予防すれば、免疫力もアップしますので、しもやけだけではなく風邪などの感染症の予防対策にもなります。

症状が出ているときは、皮膚科での治療を優先させ、症状が落ち着いたら普段の生活習慣を見直してしもやけ対策を始めてみてはいかがでしょうか。

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする