2歳までは不要説も? 子どもに“テレビ”を見せるときの基本6つ

【ママからのご相談】
1歳半になる女の子がいます。娘が1歳になってから働き始め、忙しくなりがちな朝の支度中や帰宅後などの時間帯にテレビを見せています。最近行った病院に「子どものテレビの見せすぎはよくない」という内容のポスターがあり、急に不安になりました。ただ、テレビに頼らなければいけないときがあるのが現状です。

子どもにテレビを見せるとき、何に気をつければいいのか教えてください。

a つけっぱなしはNG! 親子のコミュニケーションに役立てて。

ご相談ありがとうございます。ママライターのなかやまあぽろです。

わたしもテレビの見せすぎにはとても神経を使っています。とはいえ、正直なところ、子どもがテレビに集中しているときは家事や食事の支度などのチャンスだと思ってしまい、子ども向けの教育番組が始まるとついついリモコンに手を伸ばしてしまいます。

同じようなママさんも多いのではないのでしょうか。

日本小児科学会のデータによると、『2歳までのテレビは不要』とされています。現在までに分かっている子どもが受けるテレビの問題として、主に子どもにとって刺激が強い、運動不足になり肥満傾向が見られる、などと言った点が挙げられます。

しかし、現代の日常生活でテレビを完全に0にするということは難しいですよね。今回は、私が市の健診の際に指導された“子どもにテレビを見せるときのポイント”をまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね!

160115nakayamaaporo

子どもにテレビを見せるときの基本6つ

まずは、以下の6つの基本のポイントをチェックしてみましょう。もし1つでも当てはまらない項目があれば、改善することをお勧めします。

(1)見せる時間の目安
・2歳までは1回約15分、1日30分以内
・2歳以上は1回約30分、1日1時間以内
(2)子ども向けの番組やアニメーションなど、刺激の強くない内容のもの
(3)大きすぎない音量に調節する
(4)部屋を明るくして見せる
(5)2m~3m以上離れた場所から見せる
(6)見せる時間帯を決め、一日のリズムを崩さないようにする

つけっぱなしはNG!

テレビやDVDは必ず時間を決めて見せるようにしましょう。「夕飯の支度中だけ見せる」とママが決めたのであればきちんと時間帯を守り、子どもの毎日の生活リズムを崩さないようにするのがポイントだそうです。

決めた時間がきたら、「今日のテレビの時間は終わりね」など言い聞かせて切り上げるなど、小さなころからけじめをつける習慣をつけると、子どもの生活リズムも崩れにくいです。

テレビやDVDで見た内容をコミュニケーションに活用!

テレビやDVDを一緒に見ながら、できるだけ声かけをしてあげましょう。

動物が出てきたら、「動物園で一緒に見たライオンさんだね」や、大好きなお歌が流れたら一緒に歌ってあげたりと、一人で見せっぱなしにしないのがポイントだそう。

また、歯みがきやお片付けなどの生活習慣に関する場面が流れた際には、実際に歯ブラシを持たせてみたりして、実生活にも生かすことができます。


いかがでしょうか? テレビの見せすぎは子どもの生活習慣まで変えてしまうので、親子で独自のルールを決めて楽しむことが大切ですね。

子どもが小さいうちはコミュニケーションツールの一つにもなるので、短い時間の中でもうまく活用できるといいですね!

【参考文献】
・『育児新百科』ベネッセコーポレーション・編

●ライター/なかやまあぽろ(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする