一人暮らし女性の引越しで気をつけるべきポイント7つ

【女性からのご相談】
来春に娘が、大学進学で一人暮らしを始めることになりました。初めての引越し、初めての一人暮らしです。

引越し自体は、引越し業者を手配し、当日は、私たちも引越しには立ち会うつもりでいますが、気を付けることはありますか?

a「女性の一人暮らし」だと、わからないに越したことはありません。引越し作業は、人目に付きやすいということを念頭において、防犯面に特に気を付けてください。

娘さんの一人暮らし、親御さんとしては心配も尽きませんね。

女性の一人暮らしでは、お引越しの時から気を付けた方がよいことが、いろいろあります。特に防犯面では、注意し過ぎということはないでしょう。

私自身の引越し経験や、周囲の方の経験談などから、女性一人暮らしの引越しで、気を付けることをまとめてみました。

6569

女性の一人暮らし。引越しの時に気を付けることは?

(1)できるだけ、「女性の一人暮らし」とわからないようにする

できるだけ、「女性の一人暮らし」という事をわかりにくくした方が良いですね。お引越しの時には、引越しトラックが停めてあるだけで、かなり人目をひきます。

良からぬ事を考える人の目にも、留まりやすくなるので、警戒を怠らないようにしましょう。

引越し当日には、できれば男性の家族に立ち会ってもらい、なるべく本人が部屋の周りをウロウロしないこと。

できれば本人は、部屋の中で荷物整理などに専念した方が良いですね。

(2)荷物は中身が見えないように注意する

プラスチックの衣装ケースや、小物入れなどは、段ボールに入れかえなくても運んでもらえます。

しかし、衣類を入れている物は要注意。荷物の荷出し、荷入れの際には、トラック周辺に荷物が一時的に置かれることがあります。

その際、通りがかりの人に中身が見えてしまう(見られてしまう)、可能性がないとは言えません。下着や、見られたくない衣類などは、見えないよう袋に入れる

または、別の段ボールに移しておくなど配慮した方が安心です。

(3)段ボールの引き取り日時をはっきりさせる

引越し業者さんが、引越し後に段ボールの引き取りをしてくれる事があります。

段ボール引き取りサービスを利用する際は、いつ回収に来てもらうのかをはっきりさせておきましょう。

引越しトラックを見て、知らない人が段ボールの引き取りに来たりすることがあります!

(4)不用意にドアを開けないように注意する

引越しのトラックは、本人が思っているよりも人目につくので、引越し直後は、いろいろな人が訪ねてくる可能性があります。

過去の経験では、引越し当日に新聞の勧誘が、2件立て続けに来たこともあります。それくらい人目に留まっているという自覚を持ちましょう。

怖いことに、電気やガス、水道の使用開始手続きに来たと、ウソを言ってドアを開けさせようとする不審者もいるようです。

ガスは、事前に連絡した日時に開栓手続きに来てくれますので、突然来ることはありませんし、電気や水道は、通常の場合、使用開始手続きに作業員の方が来ることはありません。

おかしいなと思ったら、電気会社や水道局、不動産会社や大家さんに確認しましょう!

(5)表札は苗字のみ

一人暮らしのマンションやアパートでは、表札やポストに名前を一切出していない方も多いです。出すとしても苗字のみで十分。

フルネームは出さないようにしましょう。

(6)カーテンの用意を忘れない

引越し当日から必ず必要になるのが、カーテン。

初めての一人暮らしでは意外と忘れがちです。明るいうちに用意しておかないと、暗くなって部屋の中が丸見え! なんてことに。

ちなみに柄はシンプルな方が防犯上は女性の部屋とわかりにくくなりおすすめです。

(7)引越しの挨拶は大家さんに

これに関しては、また別のご相談で詳しく書きたいと思いますが、女性一人暮らしの場合は、周囲のお部屋へご挨拶に伺うことは、防犯上リスクがあります。

近くに大家さんがお住まいの場合は、大家さんにご挨拶しておきましょう。


いかがでしょうか?

女性の一人暮らしは、引越しの時から、防犯意識を最大限に高めて臨むべきです。本人が思う以上に、引越しの荷入れというのは、人目に付いているということを念頭に置いておきましょう。

10代の娘さんも初めてのお引越し、初めての一人暮らしで、どこまで防犯面に気を付ければいいか、わからないでしょうから、ぜひ親御さんがリードして教えてあげてくださいね。

●ライター/パピルス(フリーライター)

編集部追記

今回のコラムでは、女性の一人暮らしで気をつけるべき引っ越し方法として、「防犯面に特に注意して作業してみましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「一人暮らし女性(シングルライフ)」の防犯対策について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151124rewrite

地域ごとでみる賃貸物件の家賃相場について

一人暮らしをするにあたり、真っ先に条件としてあがるのが“家賃”ではないでしょうか。同じ広さであっても住む地域によって相場は異なってきます。

そこで、地域ごとでみる賃貸物件の家賃相場上位3位をご紹介します。

【東京23区:平均家賃相場の安い順(1R~1DK)】
・1位……葛飾区(6万1,000円)
・2位……足立区(6万1,800円)
・3位……江戸川区(6万4,800円)

ちなみに最も高い地域は、港区(11万8,700円)という結果になります。

家賃に開きがあるということは、治安や交通面も関係してくるようです。何を優先するのか。

契約した後に後悔しないためにも、条件から譲れないもの、譲れるものを予めきっちりと決めておくことも大切になってきそうですね。

ひったくり被害者の9割以上が女性

女性の犯罪被害は年々増加傾向にあると言われています。最も被害が多いのが“窃盗”とされ、中でも夜道を一人で歩く女性を狙った“ひったくり”は被害者の9割以上を女性が占めています

また、性犯罪においては毎年1万件近くの被害が報告されています。

特に10〜20代を中心に若い女性が狙われていることから、薄暗い時間帯の下校などは十分に注意をし、家族全体で防犯意識を高める必要があります。

女性専用物件のメリット&デメリット

メリット

オートロックや防犯窓といったセキュリティ面で“安心、安全”
・浴室乾燥機、独立洗面台・シャンプドレッサー、宅配ボックスなど、女性にうれしい設備が備わっている
・オーナーが近所に住んでいたり、管理人が常駐しているなど緊急時でも安心の管理体制

デメリット

・同じ間取りや築年数であっても、比較的家賃が高め
・“男性の入館禁止”といった物件も少なくないため、恋人との付き合いに若干の支障が発生する可能性も
・設備が充実している分、中には自分に必要のないものもある(家賃に割高感を感じる場合も)


いずれも、常に守られた環境で安全といえる生活をおくることを最優先とするか、また、自分の稼ぎに見合ったギリギリの家賃条件の中で少しでも安全な物件を探すかは、個人の防犯への意識レベルにも関係しそうですね。

rewrite2

女性にうれしい引っ越し業者のサービス3つ

もちろん料金も大切ですが、「衣類もあるし……男性にはなるべくみられたくない」「男性ばかりの空間はちょっと……」「新しい引っ越し先を知られるのもなんだか怖い」など、女性一人の引っ越し作業は、不安が多くつきまといますよね。

そこで、女性の単身引っ越しに向けたサービスをいくつかご紹介していきます。

女性スタッフによる作業

女性スタッフのみで作業を行なってくれる業者も多く、中には、男性に混ざって作業をする女性同伴サービスもあるようです。

ネットで検索してみるか、電話で事前に確認しておくと安心ですね。

パソコンの接続などのサービス

ネット系やパソコン周りの配線や接続が苦手とい女性も多いのではないでしょうか。そういったサービスを行なってくれる業者もあるので、有効に活用してみてください。

盗聴器の調査サービス

まだ少ないようですが、盗聴器の調査をしてくれる業者もあるようです。一人暮らし女性にはうれしいサービスですよね。

日常生活で注意すべきこと

女性の社会進出の増加に伴い、女性の一人暮らしも増えてきています。日々の行いから防犯意識を高め、自分の身は自分で守る気持ちが必要です。

そこで日常生活における注意すべきことを以下にまとめてみました。

周辺環境は大丈夫?

物件の防犯設備も大切ですが、周辺環境にも十分な配慮が必要です。

駅から自宅までのルートを確認し、人通りや街灯の有無、交番の位置も事前にチェックしておくことをおすすめします。

表札や郵便受け

女性の一人暮らしで気を付けたいことは、“女性の一人暮らし”だと分からないように注意をはらうこと。例えば、

・表札は既婚者だと思わせるため“ダミー”で夫婦の名前をつける
・郵便受けの中はこまめに確認し空にしておくこと(個人情報が記載された書類には注意)

など個人を特定されるような情報を表にださないような工夫が大切です。

ベランダの洗濯物

女性ものの衣類だけでは、一人暮らしと分かりやすいため危険です。

男性ものの下着や衣類を一緒に干すことも有効的な防犯対策の一つですのでぜひ試してみてください。

少し抵抗がある方は、男性ものの“靴下”ぐらいからはじめてみてはいかがでしょうか?

家の中からできる対策

窓ガラスは中からシートを貼って強化する。また、“ミラーレースカーテン”など室内が見えにくいカーテンを選ぶことも重要です。

カーテンの柄もシンプルなものだと女性と分かりづらいため防犯に効果的なようです。

窓から見える家具にも意識を向けて、女性の一人暮らしと悟られないように気をつけましょう。

rewrite1

賃貸でも安心! 手軽な防犯グッズ6選

・防犯フィルム
・防犯アラーム、センサーアラーム
・盗聴・盗撮機発見センサー
・屋外用センサーライト
・鍵サッシロック
・ダミーカメラ

など、いずれもネットでも簡単に手に入るものばかり。両面テープで装着するタイプでも、ホームセンターで購入できる“シール剥がし”を使えば安心して利用可能です!


「家賃相場」や「女性の性犯罪被害の実態や統計」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ふとした気のゆるみから、女性の一人暮らしであること、そしてライフスタイルが知られてしまうこともあります。公共料金の控えやコンビニのレシートなど、捨てる前に必ず個人情報が漏れないよう注意しましょう。自分の身を守るためにも、まずは日常的にできることからはじめてみませんか?

(パピマミ編集部/笠原)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (19)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする