意外なつながり!? 「糖尿病」と「歯周病リスク」に関係がある理由

【男性からのご相談】
40代後半の会社員です。最近、健康診断で糖尿病予備軍だと診断されました。

祖母も糖尿病だったので、自分も発症するのではないかと、心配になってきました。

最近、友人に糖尿病だと歯の病気にも注意しないといけないと聞き、驚いています。

糖尿病は内科なので、歯科とは関係ないのではないかと思っているのですが、糖尿病と歯には関連があるのでしょうか。

a 糖尿病と歯周病には発症リスクを高めるという相互関係があります。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

糖尿病予備軍とのこと、ご心配ですね。糖尿病の発症を予防するためには、食事や運動などの生活習慣の見直しが必要ですが、それ以外に歯のケアも大切です。

糖尿病と歯周病は一見無関係に思われますが、とても深い関係があるのです。

そこで、今回は糖尿病と歯周病の関係についてご紹介します。

160115maki

歯周病とは?

歯周病とは、歯肉(いわゆる歯茎)に慢性的に炎症が起こる病気の総称です。

炎症が歯茎に限定されているときは歯肉炎、歯を支える骨まで溶かして歯をグラグラさせてしまうほど進行した場合は歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼んでいます。

歯周病は、歯が十分に磨けていないことが一番の原因です。

歯がキレイに磨けていないと、歯垢がたまり、細菌が繁殖しやすくなります。

そうすると、歯茎が腫れ、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の溝が深まり、さらに歯垢がたまりやすくなり、細菌も繁殖しやすくなるという悪循環が生まれます。

これにより、歯を支える骨が溶け、歯がグラグラになってしまうのです。

糖尿病と歯周病の関係とは?

歯周病は、口の中の病気なので、一見、糖尿病とは無関係に思えますが、日本糖尿病学会の『科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン』によると、『糖尿病と歯周病は相互に負の影響を与える』ことが明記されています。

糖尿病と歯周病の因果関係については、現段階ですべてが明らかになっているわけではありませんが、これまで行われたさまざまな研究結果から以下のようなことがわかっています。

・糖尿病の人は歯周病になりやすい
・歯周病の人は糖尿病になりやすい
・血糖コントロールがうまくいっていない糖尿病患者さんほど歯周病の重症度が高い
・歯周病が重症化している人ほど血糖コントロールが良くない

糖尿病だと歯周病になりやすい理由

これまでの研究や統計により、糖尿病と歯周病には深い関係があることは明らかです。

しかし、糖尿病と歯周病には前述の通り、因果関係がすべて明らかになっているわけではありません。

現段階では、糖尿病の人の歯周病リスクが上がるのは、高血糖による多尿の影響で口の中が乾きやすくなり、唾液が減ることで、歯周病の原因となる細菌が繁殖しやすくなるためではないかと考えられています。

一方、歯周病で糖尿病にかかりやすくなるのは、歯周病により生成される炎症性物質がインスリンという血糖値を下げる働きをするホルモンの効き目を低下させ、糖尿病を悪化させるためではないかと言われています。

このように、糖尿病の症状を進めないように、また、発症を予防するためにも、歯のケアが大切なのです。


いかがでしたか。今回は、糖尿病と歯周病の関係についてご紹介しました。

一見関係なさそうな2つの病気ですが、密接な相関関係がありますので、糖尿病の方は定期的な歯科検診、歯周病の方も定期的な健康診断を怠らないようにしましょう。

また、すでに糖尿病と歯周病を合併している場合は、一方の治療だけではなく、並行して治療することが大切です。

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする