総額3倍以上の差!? 公立・私立別でみる「子どもの学習費」のリアル金額

【パパからのご相談】
2歳の子どもの父親です。最近、妻が幼稚園選びを始めました。どうも私立も含めていろいろと探しているようです。

この先、幼稚園から小学校、中学校へと入学していくので、父親としては費用のことが気になります。

ざっくりで構いませんので、幼稚園から高校くらいまでの間、公立で通う場合と、私立で通う場合、どのくらい費用に差が出るのか教えてもらえますか?

a 私立と公立では、学習費総額が3倍以上違います!

ご相談ありがとうございます。教育コンサルタントの佐藤理香です。

子どもの学習費については、私立と公立ではだいぶ違いがあります。

幼稚園であれば数十万円程度の差ですが、それが小学校、中学校となると差が開く傾向にあります。

そこで、今回は公立と私立の学習費の違いについて、文部科学省の最新の『子供の学習費調査』データを元にお伝えします。

160114satorika

“学習費”とは?

学校に通わせている子どもにかかる費用は、授業料だけではありません。給食費や学習塾など習い事への支出もあります。

同調査では“学習費”を、授業料や通学費などの『学校教育費』、給食などの『学校給食費』、塾や習い事の『学校外活動費』の3分類に分けて集計しています。

今回は、学校にかかる費用だけでなく「学校外活動」も含めた学習費全体の公立と私立の比較をお伝えしますね。

幼稚園~高校までの学習費

幼稚園から高校までの学習費は、以下のとおりになりました。

【幼稚園】公立:63万円 ー 私立:149万円
【小学校】公立:192万円 ー 私立:922万円
【中学校】公立:144万円 ー 私立:402万円
【高校】公立:123万円 ー 私立:297万円

すべて公立で進んだ場合は総額523万円、すべて私立で進んだ場合は総額1,770万円となります。

その差は3.38倍! 特に6年間在籍する小学校での開きは大きく、730万円にものぼります。

通学・通園生活のスタートとなる幼稚園選びはとても大切で、幼稚園から持ち上がりで小学校に入学するケースもあります。

この場合、学習費は小学校まで想定したものを準備する心づもりが必要です。

また、小中一貫校、中高一貫校などと同じ系列の学校を一貫して進学していくケースも珍しくないのです。

最終的に、子どもにどのような進学コースを歩ませたいのか、幼稚園選びの段階から真剣に検討する必要がありそうですね。

大学の学費

参考までに、高校卒業後の大学の学費についてもお伝えします。

大学は親元を離れて一人暮らしをする・しないということでも費用は変わりますが、ここでは学費のみをお伝えします。

1年間の学費は、私立が平均で約132万円、国立は約67万円です。

大学は一般的に4年間ありますので、総額では私立が約528万円、国立が268万円となります。

高校を卒業した後も、大学の学費だけでこれだけかかるのです。


いかがでしたか?

子どもが小さいうちは学習費がほとんどかからないため、つい多めに習い事をしたり、浪費したりしがちです。

「子どもが小さいうちが教育費の貯めどき」と言われますが、学習費の推移をみても理にかなったことです。

愛するお子様のために、先を見越して学校選びや学習費の準備をしてくださいね。

【参考リンク】
平成26年度「子供の学習費調査」の結果について | 文部科学省(PDF)

●ライター/佐藤理香(教育コンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする