放置するとガンに!? 20代女性にも増えている「子宮筋腫」の知識

こんにちは、ママライターのみいゆです。

最近はガンを公表する芸能人も多くなり、検診での早期発見が大切だと多くの人に認知されてきています。

女性の場合だと婦人科系の病気は特に気になりますよね。その中でも幅広い年齢に多いと言われている『子宮筋腫』はご存じでしょうか。

なんとなく言葉は聞いたことあるけれど、そんなに心配していないという方は少なくないはず。

そこで今回はその『子宮筋腫』について、ご紹介します。特に2〜30代の成人女性で今から妊娠を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

月経がある女性には誰にでもなりうる『子宮筋腫』

日本産科婦人科学会によると、

子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、それ自体が生命を脅かすものではありません。しかし放置しておきますと10kgを超えるような大きさまでになることもあります

との記述があります。

主に筋腫が発見されるのは30~40歳代の約20~30%で、40歳代を超えるとこの数値が約半数にも上がります。しかし、自分はまだ20代だからと侮ってはいけません。

現代の日本では初経の低年齢化や欧米の食事文化がどんどん根づいてきてますので、筋腫を発症する時期が20代の女性にも増えてきています

生命の危機はなくとも、放置して巨大化すれば問題も起きてくるわけです。

160113miiyu02

月経の変化や貧血症状には要注意!

筋腫ができていると月経の量がグンと多くなります。また、それに伴って生理痛も悪化します。

筋腫のできた場所にもよりますが、小さくても症状が強く現れるものや大きくても症状がほとんどないこともあります。

出血量が増えることによってめまいなどの貧血症状も見られます。さらに、筋腫が妊娠の妨げになっていることもあります。

筋腫が邪魔して受精卵が着床しづらくなったり、たとえ妊娠したとしても早産のリスクがつきまといます。

定期検診は必ず受けましょう!

まだ妊娠を経験していない女性にとっては婦人科はとても抵抗のある場所だと思います。

しかし、子宮筋腫が怖いのはどんどん大きくなる可能性があるということです。

大きくなれば悪性腫瘍の可能性も出てきますので、薬物治療である程度小さくすることも可能ですが、放置していると最終的には子宮を全摘出しなければいけない状態にまでなってしまいます。

若いからこそ定期検診は怠らずに行きましょう。小さければ経過観察として特に治療をしなくて済むことも多いです。


いかがでしたでしょうか。

筋腫が見つかるのは妊婦検診やたまたま行った検診時が特に多いようです。そういった機会のなかった方はぜひ一度は検診を受けてみてください。

また、若いころに筋腫があると診断を受けてから、経過観察中の方がそのまま放置して、症状が現れだしたときには筋腫が巨大化していたという話もよく聞きます。

今健康であるうちに一度受診してみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】
子宮筋腫 | 日本産科婦人科学会

●ライター/みいゆ(ママライター)

注目の記事

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする