どんなサポート? ママが知るべき「小児慢性特定疾病の医療費助成」とは

こんにちは、金融コンシェルジュの齋藤惠です。

医療技術が日々進歩している今日。重い病気を背負った子どもであっても、病院で適切な治療を受ければ、完治や回復の可能性は高くなってきています。

そのとき、お金に関する不安があっては治療に専念できませんよね。

そこで、今回ご紹介させていただきたいのは、小児慢性特定疾患の子どものための医療費助成制度です。

どんな制度?

小児慢性特定疾病情報センターのホームページには、

子どもの慢性疾患のうち、小児がんなど特定の疾患については、治療期間が長く、医療費負担が高額となります。小児慢性特定疾患治療研究事業は、児童の健全育成を目的として、疾患の治療方法の確立と普及、患者家庭の医療費の負担軽減につながるよう、医療費の自己負担分を補助するものです

と記載されています。

つまり、この助成制度は重い病気にかかってしまった子どもの治療を経済的に支援するために設けられた制度なのです。

160111saitomegumi

いくら助成してもらえる?

この制度は国が定め、各自治体が運営を行っています。そのため、自治体によって助成内容が異なり、全額助成される場合もあれば家庭の所得に応じて一部自己負担となる場合もあります。

必ず申請の前に、居住地の自治体へ助成額の確認を行ってください。

ちなみに、承認された疾患に対する治療のために支払った薬局での保険調剤費や訪問看護料については、みなさん自己負担分はありませんので安心してください。

対象の病気は?

助成を受けることができるのは、小児慢性特定疾患にかかった18歳未満の子どもであり、さらに、健康保険に加入していることが条件となります。

対象となる病気を具体的に記すと、以下の通りです。

・悪性新生物(白血病、悪性リンパ腫など)
・慢性腎疾患(ネフローゼ症候群、腎のう胞など)
・慢性呼吸器疾患(気管支ぜんそく、慢性肺疾患など)
・慢性心疾患(心室中隔欠損症、慢性心筋炎など)
・内分泌疾患(クレチン症、バセドー病など)
・膠原病(若年性関節リウマチ、リウマチ性心疾患など)
・糖尿病
・先天性代謝異常
・血液疾患、免疫疾患(悪性貧血、後天性免疫不全症候群など)
・神経疾患、筋疾患(ウェスト症候群、結節性硬化症など)
・慢性消化器疾患(肝硬変、先天性胆道閉鎖症など)
・染色体または遺伝子に変化を伴う症候群(ダウン症候群など)
・皮膚疾患(眼皮膚白皮症など)

こちらで挙げたのは代表例です。対象疾患群ごとにさらに細かな疾患名が定められているものもありますので、詳しくは自治体の窓口で確認してください。

申請方法は?

申請する際には、

・小児慢性特定疾病医療費助成申請書兼同意書(親が記入)
・小児慢性特定疾病医療意見書(病院で記入)
・世帯調査書
・住民票
・健康保険証の写し
・生計中心者の課税状況を証明する書類

などが必要です。

また、2016年から始まるマイナンバー制度により、書類の内容や申請方法が変更となる可能性もありますので十分注意してください。

さらに、助成期間は申請が受理された月の1日から1年間となります。次の年も引き続き治療を継続する場合は、更新手続きを忘れずに行ってください。

【参考リンク】
小児慢性特定疾病の医療費助成について | 小児慢性特定疾病情報センター

●ライター/齋藤惠(金融コンシェルジュ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする