コチョちょうだい! 子どもの笑える「言い間違い&勘違い」エピソード

こんにちは。ママライターのamuです。

トウモロコシをトウモコロシと言ったり、エレベーターをエベレーターと言ったり、アルプス一万尺の「小槍(こやり)」を「子ヤギ」だと思っていたり。

子どもの言い間違いや、勘違いって面白いですよね。

今回は、そんなほほ笑ましいエピソードをいくつかご紹介します!

子どものほほ笑ましい“言い間違い&勘違い”エピソード8選

(1)「2個ほしい」→「猫ほしい」

・『うさぎの形のアメをあげたら「猫ほしいな」と言われて「ないよ~」と言ったら「ママうそつき!」となじられた。「2個ほしいな」と言ったつもりだったみたい』(2歳女の子のママ)

(2)「チョコ」→「コチョ」

・『「コチョちょうだい」と言われ、一瞬「?」が浮かんだ。“チョコ”だった』(年少女の子のママ)

(3)「お名前は?」→「おまえは?」

・『キッズコーナーで遊ばせているとき、息子が同い年くらいの男の子に「おまえは?」と……。「お名前は? だよね」と慌ててフォローした』(年少男の子のママ)

(4)「お坊さん」→「ごぼうさん」

・『法事で、息子が大きな声で「あ! ごぼうさんいた」と言い、お坊さんが「惜しい!」と笑っていた』(年少男の子のママ)

PAK86_boruasobiyoujyo20140113_TP_V

(5)「よりどり」→「よこどり」

・『ワゴンセール。「よこどり2個300円だってー!」と大きな声で言われてちょっと恥ずかしかった。「よりどりだよ」と教えた』(年長女の子のママ)

(6)「お祝い」→「お見舞い」

・『家でお誕生会をしていたとき、息子に「ケーキの準備できたからお祝いしよう、みんな呼んできて」と頼んだら「みんな~! ケーキでお見舞いだって」。総ツッコミが入った』(小1男の子のママ)

(7)「お肉食べたい」→「肉食べたい……お」

・『肉食べたい!」 と言われたので、「女の子なんだから“お”くらいつけてね」と言ったら「肉食べたい……お」と言われた。やしろ優か!』(小1女の子のママ)

(8)「無職」→「無色」

・『「色ついてるよね」と言われ「何が?」と聞いたら、「この人、むしょくだって!」それは無職です』(小2男の子のママ)


pexels-photo-12703-large

お、面白すぎる! 不意打ちでこんなことを言われたら、思わず吹き出してしまいますよね。

かくいう娘も、勘違い・言い間違いが多いタイプでした。

例えば……

・3歳くらいのころ、電車に乗っていたら、「次は魚のパパだって!」。“高田馬場”駅でした(友達の子は、「裸のババ」と勘違いしていたそうです)。
・年中のころ、「今日ね、こなきもち食べたんだよ」→「それは妖怪だね?」きな粉餅でした。
・カーナビを見ながら一言、「この辺って辛い町(からいちょう)なんだね」。「よく見て、幸町(さいわいちょう)だよ」
・おいしい食パンを買ったとき。「ピーナツバターとマーガレット塗りたいな」マーマレードのことかしら?
・娘からショートメールが。「今日友達と遊んでいい? お願い! 帰ったら地上最強のできごと教えてあげるからさぁ~」史上最強の間違いですね。

などの間違いがありました。皆さんのお子さんは、どんな言い間違いをしますか?

ママ友達や親御さんに聞いてみると、結構盛り上がると思います。

●ライター/amu(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする