シンプルな運動でOK? 高齢者に起こる「足のむくみ」の原因&改善法

【女性からのご相談】
40代女性です。夫の母は数年前から「午後になると足がむくんで膨張する。夕方が特にひどく、むくんでいるときにちょっとでも傷つけたりすると水が出てしまって大変」と言います。

見るとたしかに両足ともむくんでいて、夕方はとりわけひどいように見えます。

80歳を迎えた昨年くらいからは歩行も不自由になり、病院へ行くとき以外は外出しないため靴を履く機会少ないのですが、やはりむくみはつらいようです。

このような義母に対して、私をはじめ周囲はどう対処したらいいでしょうか。

a むくみの原因となっている疾患を治療することが大事です。

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。ご相談ありがとうございます。

“むくみ”は医学的には『浮腫(ふしゅ)』といい、利尿剤の投与などの対症療法はいくつかありますが、緊急性がないのであれば、むくみそのものに対する治療は不要と考えた方がいいです。

それよりも、むくみの原因となっている疾患は何なのかを医療機関を受診してつきとめ、そちらを治療することの方が有益です。

今回は一般的なむくみの原因と、高齢者の足のむくみの原因について、都内で皮膚科クリニックを開業する医師のお話をもとに考えてみましょう。

160106suzukikatsuyoshi

むくみ(浮腫)のメカニズムと原因

『むくみは、血の巡りが悪くなっていることと深く関わっている症状です。人間の体が必要とする水分や栄養分は血液が動脈を通して細胞へ供給してくれます。それにともなって細胞の中で不要になった水分がうまく流れずにたまってしまうと“むくみ”という状態になるのです。これが、むくみ(浮腫)のメカニズムです』(50代男性/都内皮膚科クリニック院長・皮膚科医師)

皮膚科の先生は、むくみのメカニズムをこのように説明してくださり、さらに“むくみ”を引き起こすいくつかの原因についてお話ししてくださいました。

【むくみを引き起こすいくつかの原因】
(1)長い時間立ち続けることによって、重力により血液が足にたまってしまうこと
(2)運動不足や加齢に伴う筋肉の委縮により足の筋肉のポンプ機能が低下すること
(3)水分や塩分の過剰摂取による血液中の水分の増加
(4)血管の病気や加齢によって血管が細くなってきていること
(5)心不全などの心臓障害
(6)肝臓の病気でアルブミンという血管内に水分を保持する成分の生成がうまくできない
(7)腎臓の病気で体内の余分な水分を尿として排出できなくなっていること

いかがでしょうか。ざっと挙げただけでもこれだけの原因があるということなのです。

高齢者の足のむくみは加齢による要因が大きい。かかりつけ医とのコミュニケーションを大切に

さて、ご相談者様のお義母様のように80歳を過ぎた高齢者のかたの足のむくみですが、加齢による要因が大きいことは否めないかと思います。

夕方になると足がむくむのは下肢動脈瘤という血管の病気の特徴ではありますが、この病気だと足の血管が皮膚の表面にぼこぼこと盛り上がるのですぐにわかりますし、お義母様の場合朝はそんなにむくまないようなので、やはり加齢による筋肉の萎縮や肝臓・腎臓の機能低下が原因ではないかと思われます。

昭和1ケタ生まれの筆者の母も、同じように足のむくみと長年にわたりつき合ってきています。

かかりつけの医師の診断では肝機能、腎機能ともに良くはないが、この年齢としてはしかたないと言える範囲内であるし、心不全を疑う所見もない。

浮腫は利尿剤を投与すれば相応の改善効果は期待できるということでしたが、かかりつけの医師はそれをなさいませんでした。

薬を服用して副作用に悩まされるよりは、母でもできる軽い運動で改善していくことの方がベターであると、判断されたのだと思います。筆者もその方針には賛成いたしました。

母の足は相変わらずむくんではおりますが、少なくとも悪化はしていませんし、医師に教えていただいた運動を励行して見た感じいっときよりは良くなっているように思えます。

このように、高齢者の場合には、その患者さんのことをよく知る“かかりつけ医”とのコミュニケーションに基づいた判断が、何よりも大切なのではないでしょうか。

160106suzukikatsuyoshi02

足先を動かす運動で高齢者の足のむくみはかなり改善できる

まずは医師の診察を受けていただき、“むくみ”の原因となっている問題について診断していただくことが第一であることは言うまでもありませんが、その結果として緊急性のある問題点がないようでしたら、筆者の母が励行しているような足先を動かす運動(簡単な動作です)をされてみてはいかがでしょうか。やり方は簡単です。

・椅子かベッドの上に腰かけたら、かかとを上げ下げする。疲れるほどする必要はなし
・次は、かかとを床につけて、つま先を上げたり下ろしたり、伸ばしたり縮めたりする

たったこれだけのことです。ぜひ一度試していただくことをお勧めいたします。

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする