スリーパーで寒さ対策! 先輩ママに聞く「子どもの寝間着」の選び方

【ママからのご相談】
うちの子は本当に寝相が悪くて、布団に入って寝てくれたことがありません。寝入って30分後にはもうおなかを出して寝ています。

寒い季節の夜は、みなさん何着せてますか?

a 大人よりも一枚薄着がポイント! 寝相が悪い子向け、冬の夜の寒さ対策を紹介します!

こんにちは、フリーライターの鈴木ハナコです。

子どもは就寝時、全体を通してレム睡眠と呼ばれる浅い眠りの割合が多く寝相が悪くなりがちです。

私の子どもたちもものすごく寝相が悪くて全く布団を掛けてくれません。

暑いからかな? と思いきや寒いとぐずり出すことも。寝相が良くないお子さん向けの寒さ対策をご紹介します。

160108suzukihanako

着せすぎ注意! 子どもの寝間着の基本

赤ちゃんや子どもは基本的に体温が高く、寒くないかな……と心配でも大人よりも一枚薄着でOK。どちらかというと着せすぎに注意しないといけません。

特に乳児の場合は着せすぎがSIDS(乳児突然死症候群)の原因となるという報告もあり、気をつけたいところ。

背中や首の後ろが熱すぎないか、汗をかいていないかチェックして着せすぎを防止しましょう。

・『できればパジャマは綿素材の吸水性の良いものがおススメです。ついフリース素材を選んでしまいますが、汗がうまく放出されずに寝冷えの原因となることもあります。

寒さが気になる場合は背中にハンドタオルを入れるというというやり方もあります』(30代/保育士)

最強の味方、スリーパー!

布団を掛けて寝てくれない子の最強のパートナーであるスリーパーかいまき

昔から夜間の寒さ対策で悩むママの味方で、毛布でできた長いベストのようなもの子ども用品の専門店に行けば大体どこでも取り扱いがあります。

夏用の薄手の物、冬用の毛布のような素材のもの、袖あり、袖なし、丈の長さもさまざまな用意があるのでお子さんにあったものをチョイスしてください。

・『定番ですが、スリーパーには本当に長い間お世話になりました。なかなか布団に入ってくれなかったけれど、一枚着ているという安心感があるのがよかったです』(5歳女児ママ)

・『何種類も持っています。薄いのから毛布のような物まで、時期によって変えています。最近では羊さんみたいなもっこもこのスリーパーも売っててお布団を掛けている安心感が得られそう』(2歳女児ママ)

おなかを死守! 腹巻き

キッズ用の腹巻きでおなかを死守。暑がりなお子さんだったらこれだけでもOKですし、スリーパーと合わせて使っているという方もいました。

・『うちの子は暑がりなようなので、腹巻きだけしっかりしてます。ものすごい寝相だけどひとまず安心』(3歳児ママ)

地域や住環境、その子が暑がりか寒がりかによっても変わってくる寝るときの格好……着せすぎにならないようにチェックしながらベストな状態を保ちたいですね。

●ライター/鈴木ハナコ(歯科衛生士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする