痛み止めに頼らナイ! 生理の経過に合わせてとるべき栄養素と食品

【女性からのご相談】
私は生理不順で生理痛もひどいので、痛み止めが欠かせません。でも、できれば薬に頼らずに過ごしたいと思っています。ネットや雑誌で食生活を改善すれば良いと書いてありましたが、具体的にはどんなものを食べれば良いのでしょうか?

a 女性ホルモンを安定させる栄養素を取り入れてみましょう。

ご相談ありがとうございます。メンタル&美容スペシャリストのバニラです。

生理不順でお悩みとのことで心配ですね……。特に生理痛がひどいと、お仕事などにも支障がでますし、薬にも頼らざるを得なくなります。確かに薬は速効性もあり手軽ですが、飲まないですめばそれが一番ですよね。

しかし、無理は禁物なので様子を見ながら食事+薬をうまく取り入れてみるとよいですよ。

女性ホルモンを安定させるという意味では、いろいろな食材や栄養をバランスよく取り入れていくことが基本になりますが、特に女性ホルモンの源となるものは、たんぱく質とコレステロールです。

なかでも植物性のたんぱく質である大豆製品は、女性ホルモンの働きとよく似ているので、積極的に毎日の食事に取り入れましょう。

160101banira

生理前にとるべきもの

生理前には『PMS(月経前緊張症)』と呼ばれる、イライラしたり憂うつになったりする精神的なものから、頭痛やむくみ、胸の張りなどの不快な症状がでてきます。

そのため、ストレスを緩和したり、精神安定をはかるような食材を中心に選びましょう。

・ビタミンC群……くだもの、ブロッコリー、ピーマン、モロヘイヤなど
・ビタミンB群……豚レバー、とりレバーなど
・むくみの防止……塩分、刺激物は控えるようにする

生理中にとるべきもの

生理中は血液の循環を良くして、体を冷やさないようなものを心がけてとることで、骨盤内のうっ血を防ぎ、生理痛を和らげる効果があります。また貧血防止のため、亜鉛や鉄分を多く含んだものも良いでしょう。

・体を温める……しょうが、かぼちゃ、チーズなど
・貧血予防……ひじき、カキ、キャベツなど
・血行促進……カツオ節、ゴマ、アーモンド

生理後にとるべきもの

生理後は、むくみもとれていき体内から余分な毒素を排出しやすい時期です。そのためダイエットにも最適になりますので、女性ホルモンの安定をはかるものにプラスして取り入れてみてください。

・食物繊維を多く含むもの……きのこ、さつまいも、ひじき、わかめ、おからなど
・低糖質を心がける……魚、肉、大豆、野菜を中心にする


女性の場合、生理とは長い期間お付き合いをしていかなくてはいけませんので、食生活を見直して体質を改善していくのはとても理想的なことになります。

速効性ということではお薬には敵いませんが、口から入れるものは全て、体を作る健康の素になりますので、ぜひ習慣にしてみてくださいね。

【参考文献】
・『決定版 女性ホルモンの増やし方』新野博子・監修
・『ウィメンズ・メディカ』井口富美子、喜多村一幸、島本郁子、森治樹(監修)

●ライター/バニラ(メンタル&美容スペシャリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする