思った以上にデリケート!? 産後ママの“肌トラブル”解消ポイント

【ママからのご相談】
2週間前に息子を出産しました。今は里帰り中で実家にいるため、幸い育児に専念できています。とはいえ、初めての子どもで慣れないことも多く、毎日ぐったりです。

子どものお世話は何とかできていますが、自分のケアを怠りがちで、洗顔後に化粧水をつけ忘れてしまうことも多々……。

このままではよくないですよね!?

a 産後の肌は思った以上に乾き気味。乾燥肌はシミの原因にも。

こんにちは、ママライターのacoです。ご相談ありがとうございます。

このたびはご出産おめでとうございます。新生児のころは頻回授乳ですし、まとめて寝てくれなかったりもするので、ママもなかなか休まるときがありませんよね。

ついつい自分のことは後回しになってしまうお気持ち、よくわかります。ただ産後の肌は、とても乾いています。しかも乾燥肌はシミの原因にもなってしまうのです。

実は産後は、産前以上に保湿と紫外線対策が大切なのです。

160101aco

入念な保湿&紫外線対策を

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)には、肌のハリと弾力をキープする働きがあります。

しかし、産後はこのエストロゲンの分泌量が急激に落ちるため、肌が乾きデリケートになってしまいます。

また肌が乾燥していると、皮膚の持つバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなるため、シミもできやすくなります。

乾燥しやすい目のまわりや頬にはシミができやすいのに、皮脂の多いTゾーンにはほとんどできないのには、こういった理由があるのです。

保湿対策としては、まず洗顔は石けんを使わず水かぬるま湯で行います。お湯の場合、温度が高いとより乾燥をまねくため注意しましょう。

洗顔後は、顔全体に化粧水、乳液やクリーム類を塗ったあと、乾燥しやすい目のまわりと頬に再度乳液かクリームを塗ります。

少しでも手間を省きたいという方は、オールインワン化粧品を利用する方法もあるかと思います。また紫外線対策は年間通して行いましょう。

赤ちゃんとちょっとそこまでお散歩するときでも日焼け止めは忘れずに。

体の中からのケアも大切

皮膚の上から行う保湿対策はもちろん、体の中から行うケアも大切です。特に母乳育児をしている方は、思ったよりも体の水分が不足している状態です。

水分が失われると肌のハリも失われがちなので、こまめに水分補給をしましょう。またタンパク質は肌をつくり、緑黄色野菜は皮膚や粘膜を強くします。

これらを手軽にとれるのが鍋料理。寒い冬の時期にはもってこいのメニューですね。

【参考文献】
・『産後ママの体と心 トラブル解消BOOK』対馬ルリ子・監修

●ライター/aco(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする