乾かしちゃダメ! 傷をキレイに治す「湿潤療法」のポイント

【ママからのご相談】
男の子はみんなそうかもしれませんが、子どもがとにかくよくケガをします。

擦り傷や切り傷をこさえて帰ってくることが多いですし、この間はどこかでやけどをして帰ってきました……。

もちろん、それほど大きなケガではないのですが、女姉妹のなかで育ってきた私としては、とまどうことも多いです。

ただ、傷の痕などを残さずにきれいに治してあげたい親心もあります。きれいな治し方を教えてください。

a 近年着目されている湿潤療法を活用しましょう!

こんにちは、健康ライターの鍋谷萌子です。

お子さんのケガ、心配ですね。今回は、痕に残さずきれいにケガを治せる方法の一つとして、『湿潤療法』を挙げることにします。

湿潤療法は、“ウェット療法”とも呼ばれているものです。

従来のように、“ケガをした場合はそこを消毒し、ガーゼをあてて治す”という方法とはまったく違う治療方法です。

151225nabeyamoeko

“乾かさない”という治療方法

湿潤療法の場合、まずは、傷口についた土などを取り除くことから始めます。そのため、真っ先に“洗浄”が行われます。

この後が従来のやり方とは違うところです。洗浄した傷口に消毒液をかけることなく、ポリウレタンフィルムなどで傷口を巻き、保存します。

人間の体から出てくる浸出液には、傷を治す効果があります。この浸出液は、ガーゼをしているとガーゼに吸い取られてしまいます。

しかしながら、このような方法で治療すれば、傷口の周りを浸出液が満たしていることになり、ケガが早く治ることになります。

湿潤療法の注意点

実は私自身がつい最近、結構大きなやけどをしました。

湿潤療法がよいとは知っていたものの、湿潤療法は非常にかゆく、また不快で、ついつい覆いをはがしてしまっていました。

その結果、治る速度はとても遅くなり、今でもうっすらと痕が残ることになってしまいました。

湿潤療法は、ケガをしたあと、決して乾かさないようにする必要があります。

確かにかゆみはありますし、保護材の内側で浸出液がぐじゅぐじゅとしているのは不快なものかもしれません。

しかし、きちんと湿潤療法に取り組めば、治療速度は格段にあがりますし、痕も残りにくいです。

ちなみに上では、ポリウレタンフィルムとしましたが、家での処置なら、食用のラップでも効果があがると言われています。

もちろん、重いケガなどは医師の診察が必要になりますが、ちょっとしたケガなら湿潤療法を活用するとよいでしょう。

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする