かんたん手作り! 子どもの肥満化を防ぐ「ヘルシーおやつ」レシピ3選

【ママからのご相談】
幼稚園と小学生の子どもがいます。先日、小児科の先生からふたりとも肥満と高血圧の気があると言われてしまいました。

生活習慣、特に食べ物に原因があると言われました。うちではおやつにポテチと炭酸飲料が定番で、ファストフードもよく利用します。

そう言うと、「そんなものばかり毎日食べていたら子どもが長生きできませんよ」と叱られてしまいました。

どんなおやつを与えればいいのでしょうか?

a 簡単にできる手づくりおやつがオススメです!

こんにちは。ライターのakiです。

たしかに、毎日ポテトチップスやファストフードに炭酸飲料だと塩分と糖分の取りすぎです。

そもそも市販の食品や外食は、味付けが濃いものばかりです。

いっそのこと、お家にあるものでぱぱっとおやつを作られてはいかがでしょうか?

150106aki02

おやつをヘルシーに仕上げるコツ

ただ、家で作るといっても砂糖やマーガリンを多用したケーキやクッキー、チーズやマヨネーズがたっぷり入ったピザだとあまり意味がありません。

あくまで、ヘルシーに仕上げることに重点をおくようにしましょう。おやつを作る際は、

・野菜やフルーツなどの素材を生かす
・大豆やきな粉、お麩などの食物繊維やエネルギーの豊富な食材を使ってみる
・砂糖の代わりに、はちみつや三温糖などを代用する

の3つを心にとめておくといいでしょう。

簡単でヘルシーなおやつ3選

簡単に作れておいしい“おやつレシピ”を、ヘルシーメニューで定評のある奥薗壽子さんの著書『簡単・安心!愛情レシピ 奥薗壽子の子どものおやつ』よりピックアップしてみました。

(1)揚げない大学いも

【材料】
・さつまいも……1本
・油……大さじ1
・はちみつ&黒ごま……適量

【作り方】
(a)さつまいもは皮付きのまま斜め乱切りにして油をまぶす
(b)オーブントースターに並べて焼く
(c)さつまいもに火が通ったら、はちみつを絡めて黒ごまをふる

子どもたちが大好きな大学いものヘルシーレシピです。油で揚げないのでとてもヘルシーです。

砂糖の代わりにはちみつを使い、黒ごまをたっぷりかければ栄養面でも○。乱切りの先を鋭くしておくと、おいもがカリッと焼き上がっておいしくなります。

(2)おふのカレースナック

【材料】
・小町麩……40g
・オリーブオイル……大さじ1
・塩&カレー粉……適量

【作り方】
(ア)フライパンにオリーブオイルを熱し、小町麩をカリッとなるまで炒める
(イ)カレー粉と塩で味をととのえる

塩味系のスナックがお好きならきっと気に入る一品です。お麩はタンパク質で栄養がありますし、カレー味だと塩分を調整できます。

炒める際は弱火で、カレー粉を入れたあとは焦げないうちにさっと火からおろすのがポイントです。

(3)手づくり飲むヨーグルト

【材料】(1杯分)
・牛乳……150cc
・はちみつ……大さじ1〜2
・酢(リンゴ酢、米酢など)……大さじ1〜2

【作り方】
(I)コップに酢とはちみつを入れてよく混ぜる
(II)牛乳を混ぜながら加え、とろみが出たらできあがり

飲み物は、できればお茶か牛乳を飲むのが一番です。でも、甘いものを欲しがるのであれば、ちょっとアレンジしてみるといいでしょう。

いつもの牛乳に少しのお酢とはちみつで即席乳酸菌飲料のできあがりです。最初は、お酢を少なめに入れて作ると飲みやすいと思います。


以上です。子どもの健康管理だけではなく、お母さんが手づくりのおやつを作ってくれていたという記憶は子どもの心に一生残ります。

お忙しい合間でも、これらならささっと作れると思いますので、ぜひお試しください。

【参考文献】
・『簡単・安心!愛情レシピ 奥薗壽子の子どものおやつ』奥薗壽子・著

●ライター/aki(中高英語教員)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする