心の安定を最優先! 「双子」を育てるママへ経験者からのアドバイス

はじめまして。こんにちは。藤じゅんです。

このごろ、以前より日本国内で双子に出会う機会が増えたような気がするのは私だけでしょうか……。

双子に会うたびに私はなぜか、そのママたちの表情に目がいってしまいます。疲れ切った方、生き生きとしている方、本当にその表情はさまざまです。

かつて、私が長男、次男そして双子(長女&次女)の育児をしていたとき、双子が産まれてから最初の1年は本当に時間との戦いだったことを覚えています。

次男と双子は年子でもあったため、長男がいないときは右手に双子のベビーカー、左手にシングルのベビーカーを持っていました。

車での移動のときは4つのチャイルドシートに子どもを1人ずつ乗せていたため、体力的にはかなりきつかったような記憶があります。

しかし、会う人会う人みんなに、「いつ見ても元気そうだね! 5人目いけるよ~」なんて冷やかされていました。

のちのち考えてみると、私が元気でいられたのは、双子を懐妊した際に“3人の先輩パパ・ママ”から伝授してもらったアドバイスのおかげだったと思います。

151225fujijun

3人が共通して教えてくれたこと

それは「双子の生活(授乳、お昼寝など)のリズムをできるだけ同じに調整すること」でした。

『2人バラバラだと、あなたは一日中子育てのみの生活になってしまうでしょ、それだけは絶対に避けて! 自分の睡眠と上2人のこともおろそかにしないためにもね!』

私は、このアドバイスをできる範囲で実践した記憶があります。もちろん、夫や長男、まだおむつをつけてうろうろしていた次男の助けや存在も精神的そして体力的に大きく私を助けてくれたことは確かです。

でも、子育ての要となるのはやはり“心と気持ちが安定している母親”の存在だと思います。多少家事をお休みしてもいいのです。母親の気力・体力を確保するために、周りの力を借りたっていいと思います。

初めての出産が双子の場合、気苦労も殊更だと思いますが、まずは、母親の心と気持ちの安定を得ることを何よりも最優先してほしいと思います。


これは私を含め4組の双子の母親たちが実感したことです。

これから始まる双子の子育ては大変なことばかりではありません。母親にも多くの学びが待っています。

もちろん、2人の泣き声や2人分のお世話に疲れ切ってしまうこともあるでしょう。そんなときは、周囲の力を借りて自分の休息やリフレッシュのために時間をとってください。

そして、迷いながらも明るく子育てをされてほしいと思います。ご参考になるとうれしく思います。

●ライター/藤じゅん(カウンセラー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする