風呂上がりの冷え対策! ママが「子どもとの入浴」を楽にする工夫3つ

【ママからのご相談】
寒い季節の子どもとのお風呂が大変です。寒さとの戦いは、脱衣場で待っています。

特にお風呂上がりは、子どもを着替えさせているうちにわたしはすっかり体が冷えてしまいます。

毎日のことなので、何か良い方法を考えないとこちらが風邪をひいてしまいそうです。

a お風呂に入る前の工夫、上がるときの工夫で乗り切っていけると思います。

こんにちは。ママライターのあしださきです。

寒い季節がやってきましたね。子ども2人を同時にお風呂に入れるのは、それだけでも大変です。

ようやく湯船につかって温まったら……今度は寒い脱衣場でまた格闘。

毎日毎日これを続けていると、お風呂の時間が憂鬱に感じられてしまうママも多いのではないでしょうか。

それを如実に示しているアンケート調査があります。

日経DUALが2013年12月におこなった、『子育て世代の意識調査』で、女性に聞いた、『パートナーにやってほしい』子育てでは1位が『入浴』という結果になりました。

それだけ母親の日常の中で、入浴が大変なのだということが分かります。

パパの協力ももちろん必要なのですが、実質的にはママが平日はお風呂担当というご家庭が多いのも事実。

では、今回は少しでもお風呂の時間をラクにしてくれるアイデアを3つご紹介させていただきたいと思います。

151228ashidasaki

子どもとのお風呂タイムが楽になるアイデア3つ

(1)入浴前に一杯の飲み物で体を冷えにくくする

入浴前に、温かい飲み物を飲む。あれば生姜が入ったものがオススメです。生姜の入った飲み物はお風呂で温まった体を冷えにくくしてくれる効果が期待できます。

入浴で末端まで血行が促進された後それを長くキープできれば、お風呂上がりのママの冷え対策にも効果的かと思います。

またこのひと工夫により、入浴後の急激な肌の乾燥対策にもなる、一石二鳥のアイデアです。

(2)脱衣所で体を拭かず、洗い場で拭く

これは、お子さんをもつママでなくとも冬場は自然としている方も多くいらっしゃるかもしれません。

ピジョン株式会社が実施したアンケート調査でも洗い場で拭く割合が79%と高く、脱衣所で拭くは21%でした。

わが家はやんちゃな一番下の息子が2歳になり、お風呂上がりは体を拭く前に走り出してしまって滑って転ぶということもあり、以前からこの方法を利用しています。

それ以前は、濡れた体のまま脱衣所で走る……追いかけて拭く……抱っこして無理やり拭く……をしているこちらはもちろん裸のままです。

タオルを巻く暇もありませんから。私も1人目、2人目のときはもう、本当にお風呂が大変で嫌になりました。

冬はそれに加えて寒さとも格闘するのでなおさらでした。

お風呂の蒸気が満ちた、暖かい洗い場でママもお子さんもざっと水滴を拭いておけば、極寒の脱衣所に行っても少しの間耐えることができるのです。

(3)ガウンを用意する

脱衣所にいる時間を減らして、暖かい部屋でゆっくりお着替えできれば良いのではないかと思います。そのための工夫として、ガウンは優秀です。

今は通販などで比較的安価で販売されていますよ。私も第2子が赤ちゃん時代、お風呂の後が寒いことで悩み、先輩ママからガウンをすすめられて使い始めました。

以来ガウンは子どもとの入浴には欠かせない、心強い味方です。

大人はホテルに備え付けられているようなロング丈のタオル地のガウンをさっとはおり、お子さんもフード付きタオルやポンチョのようなものでくるんでさっさと移動しましょう。

こうすることで、お風呂上がりのお子さんのスキンケア、ママのスキンケアもできるでしょう。


いかがでしたか? 今回ご紹介した方法は、本当に簡単ですぐに今日からでも試すことができる方法ばかりです。

お子さんとのコミュニケーションの時間でもある大切なお風呂の時間。より快適で楽しい時間になることを願っています。

●ライター/あしださき(元モデル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする