ショート派VSロング派! 現役ママが推す「産後のヘアスタイル」とは

【ママからのご相談】
現在は妊娠8か月のプレママです。ロングヘアが好きな主人のために、ここ数年ずっと髪を伸ばしています。

出産を機にショートにした友人に聞くと、「育児がスタートしたら、髪の毛は短い方が楽だよ」と言われました。たしかに、赤ちゃんが生まれてから髪を短くする女性は多いように思います。

長い髪の毛はどのように邪魔になるのですか? そして、本当に育児中はショートヘアがベストなのでしょうか?

a 産後のヘアスタイルは、メリットとデメリットを見比べて!

ご相談ありがとうございます。ママライターの木村華子です。

相談者様のおっしゃる通り、産後ばっさりとヘアスタイルをチェンジする女性は大勢いらっしゃいます。そんなママたちの様子を見て、「じゃあ、私も」となる前に……!

まだ髪を切っていない方に伝えたいのは、“ショートヘアのデメリットを感じているママもいる”ということ。

同じ“産後”でも、ライフスタイルや髪質は人それぞれ異なります。ケースによっては、ロングヘアの方がストレスが少ないことも珍しくありません。

特に相談者様の場合、ご主人の好みに合わせて髪を伸ばしていらっしゃるようですね。

切った後に後悔しないためにも、ぜひ双方のメリットとデメリットを見比べてみてください。

今回は、現在育児中のママに『産後のヘアスタイル、どっち派?』という質問をぶつけ、それぞれの長所や短所をまとめてみました。

ママデビューを飾るヘアスタイル決めの参考にご覧ください。

151223kimurahanakog

ロングのデメリット〜ショートヘア派の意見〜

『湿った赤ちゃんの手で、髪の毛をギュ〜っと引っ張られるのがとにかく痛い! もともとロングだったけど、すぐに短く切った』(20代後半/3歳の女の子ママ)

『“ママ=ショート”なイメージから、出産前に髪を切った。正解だったと思う! とにかくお風呂上がりがラク。産前とは違って、自分のことに割ける時間はグッと少なくなる。忙しいママには、やっぱりショートヘアがオススメ』(30代後半/7歳の女の子ママ)

『子どもが歩き出したころ、私が横になって寝ていると、しょっちゅう髪の毛を踏んづけられた。「踏まないで!」という言葉も通じず……。じゃあ、私がショートにすればいいか! と思い立って以降、ずっと短いままにしている』(20代後半/5歳の男の子ママ)

『シャンプー代、トリートメント代、パーマ代……。ロング時代は、結構髪にお金が掛かっていた。ショートヘアは節約にもなる』(30代前半/5歳の男の子ママ)

『赤ちゃんを産む前から、ずっとショートヘア。理由は、ロングヘアをかわいくアレンジできないから。育児中の今でも、長くなくてよかったと思う。朝の時間を時短できるし、ワックスをつけておけば簡単にセットが終わる』(30代後半/6歳の男の子ママ)

ショートのデメリット〜ロングヘア派の意見〜

ゴムで結んでしまえば、楽チンなのはロングヘアだと思う。寝グセのつきやすいショートヘアは、朝のセットにロングヘア以上の時間と手間が掛かる』(30代前半・5歳の男の子ママ)

『産後からショートヘアにしていたけど、息子がしゃべれるようになったころ「ママは髪が長い方がかわいいよ」と言われた。しょうもない理由だけど、その一言で「なんで切っちゃたんだろう!」と後悔した。旦那含めて、男の子はやっぱりロングが好きなのね……』(20代後半/5歳の男の子ママ)

『ちょうど出産したころに、友人の結婚式に呼ばれることが増えた。オシャレして出かけるときは、やっぱりロングヘアの方が楽しい。髪を切ってしまうと、どうしても所帯じみてしまう女性が多い気がする』(20代後半/3歳の男の子ママ)

『私は、前髪もながーいロングヘア。子どもが赤ちゃんだったころは、毎日お団子ヘアにしていた。授乳の邪魔になることもないし、とっても楽。もともとクセの強い髪質だから、ショートヘアなんて恐ろしくてできません』(30代前半/4歳の女の子ママ)

『赤ちゃんは、ママからぶら下がる髪の毛やネックレスを引っ張って遊ぶもの。ショートヘアにしても、手が届けば引っ張られると思う。やっぱり、後ろで結んでおくのが最強。触れないようにしておけば、普段と同じ髪型でも問題ないと思う』(30代後半/9歳の女の子ママ)

産後に楽チンな髪型は、ママによって違うようです

いかがでしょうか?

確かに、「育児中はショートが楽!」というイメージは強いかと思いますが、すべてのママが短い髪の毛で子育てをしているわけではありません。

結べる髪型が一番楽だと思う、という意見も多くありました。実際、髪を後ろに束ねたママを目にすることも多いとは思いませんか?

また、髪質によっては、クセが出やすいショートの方がハードルは高くなります。もっと根本的な、“似合うかどうか”という問題もありますね。

ショートがいいのか、ロングがいいのか……。答えは、一つではありません。ぜひご自身のライフスタイルや髪質と相談して、後悔のない選択をしてくださいね。

●ライター/木村華子(ママライター)

編集部追記

今回のコラムでは、「産後の髪型はロングでもショートでも自分の好みで選んだ方が良い」という視点でアドバイスをいただきました。

「産後ママの髪型(ヘアスタイル)」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

産後ママは抜け毛にも要注意!

model-female-girl-beautiful-51969-large

産後や育児中の髪型について悩むママは多いですが、産後すぐの場合は髪型というよりも大量の抜け毛にショックを受けたというママも少なくありません。

『産後脱毛症(分娩後脱毛症)』とも呼ばれる産後の抜け毛は、妊婦さんの実に約70%が経験していると言われています。

朝起きて髪の毛を整えようとしたらクシに大量の髪の毛が……という状況では髪型について悩んでいる場合ではありませんね。

産後の抜け毛はホルモンバランスの変化が原因と言われており、とくに産後は女性ホルモンが減少することから髪の毛が抜けやすくなるのです。

基本的に産後の抜け毛は産後半年から1年の間に治ることが多いため、あまり心配しなくても大丈夫です。

しかし、どうしても気になるという人は、生活リズムを整えたり栄養バランスの良い食事を取るなどの対策を取るようにしましょう。

髪は臨月のうちに切っておくべし!

YOU86_ninpusan_TP_V

髪型がロングにしろショートにしろ、出産する前には一度髪を切っておくことをおすすめします。

出産してしまうと、子どもの世話に追われて外出することがとても難しくなります。

そのため、何か月も髪の毛を放置状態……ということになりかねません。なるべく臨月のうちに髪を切っておくようにしましょう。

髪を切る際は、しばらく美容室に通えないことを見通してあえて短くしておくと後々楽ですよ。

産後・育児中ママのヘアスタイル失敗談3選

25756352032_4bf2f6b5f8_z

(1)ショートにしたら抜け毛が散乱

『産後は髪が短い方が良いと聞いていたのでショートにしました。しかし、産後の抜け毛がひどくて部屋中に髪の毛が散乱……。ゴムで縛れるロングにしておけばよかったと後悔しました』

赤ちゃんが髪の毛を掴んで痛いから、お風呂で洗うのに時間がかかるから、などの理由で「産後はショートヘアがいい」という意見をよく聞きますよね。

しかし、ロングのようにヘアゴムで縛れない分、抜け毛が散乱しやすいというデメリットもあるようです。

(2)落ち武者みたいになった

『ロングで髪を束ねてたんだけど、抜け毛のせいで前髪が薄くて落ち武者みたいになってた。結局ゴムで髪を縛らずに生活していたから邪魔でしょうがなかった』

抜け毛の影響でおでこが広くなってしまったというママもいるようです。そのため、産後はおでこを見せないようにしていたという人は少なくないようです。

(3)ショートボブは中途半端

『普段からショートボブだったので、産後もそのままにしていました。ところが育児をしてみると、顔を下に向けたときの髪の垂れ具合にイライラ。長さも中途半端だから結べないし、どうせならもっと短くするか伸ばせばよかった

ショートボブにして後悔したというママは少なくありません。抱っこやオムツ替えしているときなど、顔を下に向けているときの垂れ具合が絶妙にイラつくようです。

しかし、人によってはむしろショートボブは楽でよかったというママもいるので、必ずしもショートボブはNG! とは言いきれないようです。

産後(育児中)ママにおすすめのヘアスタイル4選【ショート編】

(1)マニッシュショート

男性のファッションを取り入れた女性のスタイルのことを“マニッシュ”と呼びますが、このマニッシュショートはとても髪が短くて爽やかに見えるところが特徴的です。

手入れも簡単なので、忙しい産後のヘアスタイルにぴったり。頭の形をきれいに見せてくれるため、小顔効果もあります。

(2)ショートパーマ

産後でもオシャレをしたい! という方におすすめ。動いても邪魔にならない長さのショートヘアにパーマを当てることでオシャレ感を演出することができます。

美人というよりはかわいい感じの仕上がりになります。

(3)ナチュラルショート

マニッシュと同じショートですが、こちらはより女性らしさを残した髪型です。

前髪はやや長めで、分け目をはっきりと出さないので産後の抜け毛を目立たなくすることができます

(4)ベリーショート

アナウンサーの夏目三久さんが取り入れていた髪型として人気です。

非常に髪が短いので、抜け毛による薄毛も目立たなくなります。髪にクセのある人はパーマを当てずにオシャレな感じを演出できます。

産後(育児中)ママにおすすめのヘアスタイル3選【ロング編】

(1)ロングパーマ

この髪型の強みは、パーマがかかっていることで起きたときの寝癖が気にならないところ。

忙しい育児生活では髪をといている暇もないので、ケアの必要がないこの髪型はオススメです。

(2)ストレートロング

パーマによる髪の傷みを心配するならストレートロングがおすすめ!

髪のツヤがきれいに出ることに加え、パーマのようにごわごわしていないので、ヘアゴムでさっと束ねることができます。

(3)セミロングレイヤー

実はママの間で一番人気が高いとも言われているセミロング。

ヘアケアにそこまで時間がかからない長さで、かつ一本にまとめることもできるため、非常に使い勝手が良い髪型です。

また、ショートやロングと比べてアレンジの幅も広いです。

産後(育児中)ママにおすすめの“ヘアアレンジ”3選

(1)くるりんぱ

時間がないから……不器用だから……とヘアアレンジを諦めているママにはこの髪型! 簡単につくれるのに手抜きした感ゼロでおすすめです!

【作り方】
1.トップの髪をゴムでまとめたら、ゴムを少し下に下げて髪を左右に分けます。
2.下の毛束を掴んで左右に分けた髪の間に通します。
3.毛束をくるりと回転させて髪を出します。
4.出した毛束を左右に引っ張ります。
5.結び目を持ちながらトップの髪を少しゆるませます。
6.最後にスプレーをして完成です。

(2)ポンパドール

ショートからロングまで対応できる便利なアレンジ方法です。

前髪をあげることで育児中にも邪魔になりづらく、トップのふんわり感が髪全体のボリュームを引き立たせるので薄毛隠し対策にもおすすめ。作り方は以下の通り。

1.まずはポンパドールにする前髪を取り分けましょう。ボリュームを出したい方は前後2段階に分けると良いです。
2.つづいて、毛先をねじって引っ張ります。
3.ピンでとめる前にまとめた髪を前に押し込んでボリュームを出します。
4.髪をヘアピンでとめて固定します。
5.最後に手で髪の高さや膨らみを調整して完成です。

(3)幅広おだんご

子育てに忙しいママは、髪のケアを十分にできないことが多いので、毛先が痛んでパサついてしまうこともあります。

外出するときに少し恥ずかしい……そんなママにはこの髪型がおすすめです。

【STEP1】
まずはクシで髪の毛をとかし、髪を集めてゴムで結びます。つづいて、ゴムを抑えながら、後頭部の毛束を少し引き出してボリュームを持たせます。

【STEP2】
結んだ毛束を持って、毛先が内側にくるように丸めます。おだんごの毛束を左右に広げて少し幅広いおだんごにします。

まとめ

「産後の抜け毛」や「産後(育児中)のママにおすすめのヘアスタイル」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんが生まれるとなかなか髪のお手入れをすることができません。しかし、ショートにしろロングにしろ少しの手間でオシャレに見せることができます。

「子どもがいるから……」と諦めていたママは、この記事を参考にヘアアレンジをしてみてはいかがでしょうか。

●追記/パピマミ編集部・上地
●モデル/大上留依(莉瑚ちゃん)

イラストで解説♪

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (47)
  • うーん (28)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする