ムダはなるべく排除! 気軽に「トイレ掃除」を続けるアイデア3選

【ママからのご相談】
小学校に通う娘のママです。もともと掃除や片付けが苦手なのですが、ついつい後回しにしてしまい、ためてしまうことあります。トイレ掃除は運気が上がると聞いたことがあるので、まずはトイレ掃除から取り掛かってみたいと思っていますが、継続させる自信がありません。

a トイレ掃除がしやすくなるアイデアをご紹介します!

こんにちは。整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

株式会社プラネットが実施した『トイレ掃除に関する意識調査』の結果、トイレ掃除の頻度は週に1日が最も多く、毎日している人も1割いました。こまめに掃除している人が多くいるようです。

今回は、気軽にこまめなトイレ掃除をするためのアイデアをご紹介します!

151222sawadamamiko

気軽にトイレ掃除を続けるためのアイデア3選

(1)トイレマットや便座カバーは撤去

トイレ掃除を面倒くさいモノと考えてしまう原因のひとつに、トイレマットや便座カバーの存在があります。

掃除をしようと思うと、こういったものを取り外す作業から始めなければいけません。また、いくらきれいに掃除をしても、トイレマットや便座カバーが汚れていてはきれいな状態とは言えません。

思い切って撤去してしまうことも検討してみてください。

(2)掃除のハードルを下げるには“使い捨て”

掃除というと、ぞうきん、ブラシ、洗剤などの道具が必須だと思いがちです。しかし、道具を使うということは、その道具を洗って管理するという作業が発生します。

気軽に掃除をするために、トイレに流せるシートなどを使うなど、道具も工夫しましょう。

(3)収納は目線から外した場所に

トイレに収納棚がある場合は活用しましょう。

扉がついていない場合は、つっぱり棒などを使い、カーテンなどで目隠しをするといいですね。

棚がない場合は、つっぱり棒を2本平行につっぱり、カゴやケースなどを使って、トイレットペーパーのストックやお掃除シートなどトイレに置いておきたい物を収納します。

あまりたくさん入れすぎてしまうとつっぱり棒が落ちてしまうことがあるので、最小限のモノにしましょう。


毎日使うトイレだからこそ、いつでもきれいな状態にしておきたいですね。

トイレ全体をまとめて掃除するのではなく、今日は床を拭こう、今日は壁を拭こう、というようにパーツに分けて掃除をすると気軽に掃除をすることができます。また、こまめに掃除をすることにより、汚れが付きにくく、汚れても簡単に落とすことができます

ぜひ、お試しください。

【参考リンク】
<トイレ掃除に関する意識調査> | ビジネスEX

●ライター/澤田真美子(整理収納アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする