女性の強い味方! つらいPMSを緩和する“ピル”活用法

【女性からのご相談】
はじめまして。私は人より生理周期が長くて、1か月以上もあります。普通は生理前といえば数日だと思いますが、私の場合は1週間や2週間ずっとつらいときがあります。

毎月、生理前にはとてもひどい腹痛や頭痛、吐き気が起きたり、イライラして仕事が手につかなかったり、感情的になったりして彼や家族とも衝突してしまうことが多くなってしまいます。

友達が「私も生理前はつらい」なんて話しているのを聞くだけでも、「絶対私ほどつらくないくせに!」とイライラしてしまいます。

そこで、ピルを飲んでみたいと思っているのですが、副作用がすごいって聞くし、ピルって避妊薬だから家族や彼にも飲んでいることを知られたくありません。

ピルって本当に生理痛がマシになるんでしょうか?

a ピル=避妊薬というイメージを捨てて! 女性の体のリズムを整える強い味方です。

はじめまして。女のお悩み専門ライターのコマツです。

生理前の症状、いわゆるPMS(月経前症候群)ってとてもつらいですよね。おっしゃる通り、ピルは避妊薬としての効果もありますが、生理前の症状の改善や生理周期の乱れを整えるのに役立つ女性の強い味方なんです。

151217komatsu

イメージは避妊薬。でも実際は、病気や症状の緩和のために使用している人が多数

正しい知識を持って上手に活用すれば素晴らしい薬なのに、日本では“避妊薬”というイメージが強く抵抗を感じている人が多く非常に残念です。

『株式会社エムティーアイ』が運営する『ルナルナ』が行ったアンケートによれば、「ピルについてのイメージ」で最も多かったのはやはり「避妊できる」という回答。

しかし、実際に「ピルを飲み始めたきっかけ」については「生理痛を軽減したいから」「生理不順を改善したいから」など、避妊以外の目的が非常に多いことがわかります。

日本人のムッツリ気質がアダに⁉︎ 女性のサポート役であるピルを活用して

現在では、ホルモンバランスを整えたり排卵をコントロールしたりするなどの効果を応用し、生理痛や生理不順、月経過多、PMSの治療、また子宮内膜症など婦人科系の病気の治療にも使用されています。

毎月つらい思いをしている女性を救うことができるのに、“避妊薬”としての効果が注目されすぎて、偏ったイメージを抱く人が未だに多いもの。

いうなれば、日本人のムッツリ気質が女性たちの生理痛緩和の妨げになっているかもしれないのです。

PMSだって立派な疾患! 婦人科で処方してもらって

PMSは病気ではないといわれますが、日常生活に支障が出るのであれば、やはり病院で治療を受けるべきです。ピルは婦人科で簡単な問診を受けるだけで処方が可能。

希望すれば内診なしでも処方してもらうことができるので、産婦人科の内診にどうしても抵抗があるのであればそのことも伝えてみましょう。

しかし、PMSがひどい場合は別の病気の可能性も考えられるので、できるだけ内診も受けておくことをお勧めします。


あなたがそうであるように、あなたの家族もピルについての正しい知識を持っていないかもしれません。

誤解されてしまうこともあるかもしれませんが、体調を整え、あの毎月のつらい症状を軽減するために使用することに抵抗を感じることなんてないんです。

もし誤解されそうになれば、あなたが毎月どれだけつらい思いをしているかを、そしてピルによってもし体調が整ったのであれば、その効果を家族や彼に話して理解を得ましょう。

自分の体は自分で守ってあげないといけないのですから。

【参考リンク】
「低用量ピルについて」の調査結果 正しい理解と服用で、生理痛・PMSの解消の新たな選択肢としても! | 株式会社エムティーアイ

●ライター/コマツマヨ(オンナのお悩み専門ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする