放っておくと夜尿症に? 子どもの「おねしょ」に対処するポイント

【ママからのご相談】
うちの娘はもう5歳になるのですが、まだ定期的におねしょをしてしまいます。

周りのお子さんはとっくに卒業したようですし、うちの子はもしかしたら夜尿症なのではないかと心配になりました。

5歳になってもおねしょをするので夜はオムツをはかせています。この習慣が悪いのでしょうか。

a 夜のオムツでおねしょの治りが遅くなることはありません。

こんにちは、どっふぃーです。ご相談ありがとうございます。

子どものおねしょ、気になりますよね。日中はオムツが外れたのに、夜に限ってお漏らしをしてしまう……。そんな経験のあるママやパパは多いと思います。

実はおねしょは“夜尿症”という病気の可能性も。その目安は、大体小学校入学になる年齢だそうです。

151222doffy

幼児期のおねしょは、よくあること!

幼児期はまだまだ夜間の睡眠が安定せず、膀胱の機能も未成熟。おねしょをしてしまうこと自体はそう珍しいことではないので、まずは安心してください。

成長に従って睡眠が安定してくると、抗利尿ホルモンといわれるおしっこを作らないようにするホルモンが分泌されるようになります。

膀胱が大きくなり、抗利尿ホルモンの分泌が十分になると次第におねしょをしなくなるのです。

ただ、小学校に入るころになってもおねしょが続く場合には、夜尿症ということも視野に入れて医療機関を受診することを検討しましょう。

小学生の場合は医療機関に相談しよう

小学校に入るころになると、子どもの自我が目覚めてきます。そのため、おねしょをしてしまうことによって自信をなくしてしまうケースがあります。

そのような場合はストレスを感じてしまい、夜尿症が治る時期がより遅れてしまうことも考えられますので、医療機関を受診し相談しましょう。

継続的な治療を行うことによって、自然治癒よりも2~3倍も早く治すことができるというデータがあります。6歳になっても毎晩おもらしをしているようでしたら、医療機関へ。

夜のオムツでおねしょが悪化することはない

夜のオムツについてですが、オムツをしていることによっておねしょの治りが遅くなってしまうということはないので安心してください。

年齢を重ねると、どうしても子ども自身がオムツを嫌がってしまうかと思いますが、もし子どもが嫌がらないようであれば、オムツを履かせて対処をし、就学時にまだオムツがとれていない場合には受診を検討してみましょう。


誰でもよくある“おねしょ”ですが、治らないと心配になるのが親心ですよね。

10歳の子どもでも実は約5%に夜尿症が見られるというデータもありますので焦りは禁物です。

じっくりと構えて様子を見て、小学校就学時におねしょの回数が減らないようであれば受診を! 夜尿症は、適切な治療によって治る病気です。

【参考リンク】
夜尿症について | つるのぼるクリニック

●ライター/どっふぃー(船舶料理士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする