本当に喜ばれるモノを! 「出産祝い」の選び方まとめ

親戚や友人をはじめ、会社関係の方などに出産祝いを選んで贈る機会ってありますよね。そんなときにどんなプレゼントを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、本当に喜ばれる出産祝いの選び方や気になる金額についてまとめてみました。

(作成:パピマミ編集部・原)


喜ばれる出産祝い選びのポイント3つ

151214hara_07

お祝いを贈る相手のことを思いながら選んだプレゼントであれば、どんなものでも喜んでもらえると思いますが、出産祝いを選ぶときに考慮するといいポイントを見てみましょう。

(1)いくつあっても困らない“消耗品”

人には、デザインや色の好みがありますが、“消耗品”なら誰にでも喜ばれるでしょう。子どもが乳幼児のときに、いくつあっても困らないものといえば、肌着・洋服・オムツ・タオルなどが挙げられます。

夏にお子さんが産まれるのであれば、汗をかくので肌着は何枚あっても足りないくらいでしょう。オムツでできたケーキのような飾りは、Sサイズのオムツがタワーのように積まれ、産院の病室に飾っても華やかです。

(2)触り心地の良い“ぬいぐるみ”

ぬいぐるみも(1)と同じで、いくつあってもうれしいもの。もちろん生まれてすぐの赤ちゃんはぬいぐるみを抱っこできませんし、理解もできません。でも、1歳・2歳にもなれば、ぬいぐるみで遊ぶことができるようになります。そんな遊べる時期になると、「このぬいぐるみは、〇〇さんにもらった」と幾度となく思い出します。

ぬいぐるみ選びのポイントは、“手触りが良いこと”。特に、洗える生地でできたぬいぐるみは汚れても洗えるだけでなく、一緒にお風呂に入れるというメリットがあります。「お風呂に入りたくない」という子どもに、「ぬいぐるみと一緒に入ろう」と誘えるので、わが家でもありがたい存在です。

(3)出産と子育てでグッタリ疲れた“ママを癒す”グッズ

(1)、(2)は、子ども向けですが、ママを主役にしてあげるプレゼントも喜ばれます。癒しを与える食べ物、飲み物、リラックス効果のある香りのする消耗品なら、どんなママにもウケがいいのでは?

ただし、産後は授乳をしたり、赤ちゃんのお世話ばかりになるので、食品添加物が多く入ったものや香りが強すぎるものは避けた方が良いでしょう。

出典:オムツケーキは嬉しい!? 本当に喜ばれる「出産祝い」を選ぶポイント3つ

肌着やオムツなどの消耗品は必ず使うものなので、誰にとっても喜ばれそうですね。また、ママを癒すグッズも出産という大仕事を終えて疲れているママにはとってもうれしいプレゼントになると思います。

先輩ママが選ぶ「本当にうれしかった出産祝いベスト3」とは・・・?

151214hara_08

 

(1)ズバリ、現金や商品券がリアルにうれしい!

『お返しは何がいいかと悩んだが、出産後も何かと育児にはお金がかかるので素直に助かるなと思った』(30代/10か月の男の子のママ)
『出産祝い金は、産後何かと出費がかかるので、正直一番ありがたかった』(20代/1歳の女の子のママ)
『物以外だと、現金やギフト券が一番うれしい』(30代/9か月の女の子のママ)

出産前から赤ちゃんのために産着や寝具を始め、ベビーカーやチャイルドシート、抱っこひもなど、ベビー用品だけでも平均約11万円必要だと言われています。出産後は主に消耗品の購入、赤ちゃんの成長に合わせていろいろなものを買いそろえ、いくらお金があっても足りない! というママさんが多いのではないでしょうか。

お祝金は家族や親戚、親しい間柄の方から渡す場合が多いようです。現金は生々しいと感じられるようでしたら、種類が豊富でセレクトするのも楽しいギフト券を贈ってみるのも一つのアイデアです。

(2)おむつやおしりふきといった消耗品こそ助かる!

『おむつケーキがうれしかった! ちょうど子どもに合うおむつを探していた時期だったので、いろいろ試すことができた』(30代/9か月の女の子のママ)
『実用的なおしりふきのプレゼントが一番だった』(20代/6歳と5歳の兄妹のママ)

これもリアルなお声が集まりました。おむつケーキであれば実用的かつかわいいプレゼントに仕上がりますね!

私も入院中に、別室で入院している知り合いのお母様が、Sサイズのおむつをどっさり持ってきてくださった経験があります。おむつのサイズ選びは悩むところですが、新生児用おむつですと使用できる期間が短いので、贈られる際にはSサイズのおむつをチョイスするといいでしょう。

(3)実用的なタオル、ベビー服は重宝!

『タオルは毎日使うので、何枚あってもありがたい』(20代/1歳の女の子のママ)

出産祝い用としてぴったりなタオルは、ベビー用品店で見つかりやすいのでオススメです。赤ちゃんに安心な素材を使用したものや、オモチャとセットになっているものまで、いろいろあるので選びやすいですよ!

ベビー服に関しては、サイズでいろいろな意見が飛び交いました。

『80cmサイズの服が重宝した。自分では買わないようなデザインも着せると意外と娘に似合っていたりしたし、新しい発見があった』(30代/9か月の女の子のママ)
『服は、頻繁にお出かけできるようになる3か月以降、すぐ着られる60~70cmサイズのものが助かった』(20代/2か月の男の子のママ)

ベビー服は通常80cmサイズを贈られる方が多いようです。60~70cmサイズのベビー服は約7~8か月前後まで着られる赤ちゃんが多いですが、80cmサイズのお洋服は、生後半年くらい経たないと赤ちゃんの体型に合わないことが多いので、お洋服が着られるようになるころの季節を計算してプレゼントすると喜ばれますよ!

リアルすぎる結果ですが、「使わないものはいらない」という堅実なママの本心ですよね。プレゼントをゆっくり考えて選ぶ時間がないときなどは、こういった確実に喜ばれる出産祝いを贈るのが得策かもしれませんね。

まだある、「産後ママが本当に喜んだ出産祝い6選」

151214hara_09

(1)高級プルーン

『完全母乳を目指していたのでとにかくお腹がすいて大変でした。食事の合間につまめて鉄分も取れるということで、甘さ控えめの無添加プルーンをいただきました。体が喜んでいるのを感じてうれしかったです』(30代女性)

(2)湯煎で食べられる無添加おかず

『産後で食事作りがままならなかったときに、湯煎するだけで食べられる根菜煮物や豚汁など、化学調味料と保存料無添加の和食おかずをたくさんいただきました。小分けで1食分というタイプのものだったので食べやすく、本当にありがたかったです。その後、私もよく産褥期ママさんにおススメするようにしました』(40代女性)

(3)ペディキュアのネイルアート

『ネイルアーティストの友人が、キットを持ってきてくれて「出産前にネイルオフしてそのままでしょ。足の爪だけでも」とネイルアートをしてくれました。外出もできず睡眠不足の毎日でしたが、気持ちが明るくなりました。帰宅した主人にも「何かいいことあった?」と言われ見せびらかしました』(20代女性)

(4)アレンジメントフラワー

『1日中家にいたので、家の中がパッと明るくなってお花ってすごいと感じました。生花のアレンジだったのでお花のみずみずしさや、優しい香りにパワーをもらいました』(30代女性)

(5)お笑いDVD

『大好きなお笑いテレビ番組のDVDを2本プレゼントしてくれました。授乳の合間に見て大笑いしてかなりスッキリできました。セレクトも秀逸で、「私のこと考えてくれてるなぁ、さすが親友!」とうれしくなりました』(30代女性)

(6)ママ向け絵本

『赤ちゃんがお腹にいたときから出産までの声を代弁するようなストーリー、ビタミンカラーのイラストのママ向けの絵本に思わず涙が出て、赤ちゃんを抱きしめながら優しい気持ちになりました』(30代女性)

出典:思いやりをプレゼント! 産後ママが本当に喜んだ“出産祝い”6選

どれもママのことを思いやって選んだプレゼントということが伝わってきますね。出産祝いというとまず赤ちゃんのものを思い浮かべてしまいますが、ママに向けたプレゼントというのもとても素敵なアイデアですね。

アンケート結果公開! 友人に贈る”出産祝い”の金額は?

151214hara_10

「友人に贈る“出産祝い”の金額は?」

結果は下記の通りとなりました。

・1位:5,000円〜6,000円未満……27%(87人)
・2位:4,000円〜5,000円未満……20%(63人)
・3位:3,000円〜4,000円未満……15%(47人)
・4位:10,000円〜15,000円未満……14%(44人)
・5位:2,000円〜3,000円未満……9%(28人)
・6位:9,000円〜10,000円未満……9%(27人)
・7位:7,000円〜8,000円未満……2%(5人)
・8位:6,000円〜7,000円未満……1%(5人)
・9位:1,000円〜2,000円未満……1%(4人)
・10位:15,000円〜20,000円未満……1%(2人)
・同率10位:25,000円〜30,000円未満……1%(2人)
・同率10位:50,000円以上……1%(2人)

※有効回答者数:317人。集計期間:2015年5月13日〜2015年5月15日(パピマミ調べ)

-第1位:5,000円〜6,000円未満

一番多かった回答は「5,000円〜6,000円未満」で27%(87人)でした。

『知人であれば3,000円〜4,000円だが、友人にはこのくらいの金額のものを贈りたい』(20代男性)

と、安くはないけれど友人だからというのが選んだポイントのようです。出産祝いとして人気の『おむつケーキ』ですと、キャラクター付きの2段のものがこの価格帯にあたります。ほかには名前が入れられるベビーリュックなども人気ですね。

-第2位:4,000円〜5,000円未満

続いて、2位にランクインしたのが「4,000円〜5,000円未満」です。

1位よりはやや票が落ちたものの、20%(63人)の方が選びました。このくらいの金額なら、おくるみや質のいいベビーウェアなどが買えますので、間違いなさそうですね。

同じく『おむつケーキ』で比べると、この金額では2段で比較的シンプルなものが買えます。

-第3位:3,000円〜4,000円未満

3位に選ばれたのは「3,000円〜4,000円未満」で15%(47人)でした。

『会社の友人など、義理で出産祝いをあげるならこのくらいの値段』(30代女性)

あまり深い付き合いでなければ、このくらいの金額がお互いに気を使わずちょうどいいみたいですね。この価格帯では、ロンパースやバスタオルなどが人気です。なお、『おむつケーキ』は1段のものが多いようです。

出典:1位は○円台に! 友人へ贈る“出産祝い”の金額ランキング

他の人が出産祝いにいくらくらい使っているのかなかなか聞きづらいですよね。友人の中でも付き合いの程度によって金額を変えている人が多いようですね。


いかがでしたか?

大切な人に贈る出産祝いには、喜ばれるもの、確実に使ってもらえるものを選びたいですよね。

「赤ちゃんが生まれました」と報告を受けてから焦って探すことのないように、あらかじめある程度は考えをまとめて下調べをしておいた方がいいかもしれませんね。

とはいえ、どんなプレゼントであれ、もらったママは“あなたが選んで贈ってくれた気持ち”自体がありがたくうれしいものですよ。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする