産後もラブラブ! ママが子育て中にときめいた「夫の優しさ」5選

【ママからのご相談】
結婚2年目、そろそろ赤ちゃんも……と考えていますが、お互い仕事も忙しく生活が充実しています。子どもは好きですが、赤ちゃんができると夫婦仲が悪くなったり、“産後クライシス”に陥ったりすることを考えると、このまま夫婦2人だけでずっと仲良くいたいなぁとも思ってしまいます。こんな私に何かアドバイスをお願いします。

a 安心してください! 赤ちゃんができても、配偶者にときめくことがたくさんあります。

ご相談ありがとうございます。日本を今よりも子どもを産み育てやすい社会にしたいと常々考えているママライターりょんぺいです。

ご相談者様のようなプレママに、不安を与えてしまうようなニュースばかりが目立ってしまうのは、現役ママの1人として、とても残念です。夫婦だけの家族スタイルも、もちろんステキだとは思いますが、子どもができて夫婦仲はプラスにこう変わった! という情報も発信していければと思います。

そこで、今回は0~3歳のお子さんがいらっしゃる先輩ママに、子どもができてから夫にときめいた瞬間のエピソードについて取材しました。

151215ryonpei

先輩ママに聞く! 出産後も夫にときめいた瞬間5選

(1)自転車のサドルにビニール袋が!

『保育園の送迎は基本的に、送りは夫、お迎えは私で分担しています。朝に夫が乗って駅に停めた自転車を帰りに私が乗って帰っています。ある日、会社を出ると雲行きが怪しく、保育園への最寄り駅に着くころには雨が降り始めていました。レインコートを着て自転車に乗ろうとしたら、サドルの部分にビニール袋が。そのおかげでお尻を濡らさずに自転車に乗ることができました。

夕方に雨が降りそうだからと朝に夫がビニール袋をかけていてくれたようです。朝の忙しい中にもそんな心にゆとりと優しさのある夫に感謝して前よりもっと好きになりました』(1歳女の子ママ)

(2)少年のような表情にドキッ!

『結婚前も結婚してからもデートや休日はカフェ巡りか散歩で、テーマパークなどに行ったことがありませんでした。子どもができてから動物園、水族館、遊園地……と遠出をするようになりました。ある日、歩き始めたばかりの息子を身をかがめながら少年のような表情で追いかける夫を初めてみました。

こんな楽しそうな表情するんだなと新発見し、夫と一緒に行くのも初めてのところばかりなので、恋人時代のデートのような感覚にもなり週末が楽しみです』(1歳男の子ママ)

(3)マッサージをしてくれた

子どもがだんだんと重くなってきたのですが、まだ歩けないので、抱っこやおんぶをしています。そのせいで肩や腰、それにふくらはぎも悲鳴をあげていてツラい思いをしていました。

そんな状態でもなかなかマッサージに行けない私を見かね、夫が「元陸上部だから……」と家でマッサージをしてくれました。「うまい! こんな特技があったなんて!」と驚きました。技術もさることながら、その優しさにときめきました』(10か月女の子ママ)

(4)自分よりも沐浴に手慣れている夫

4年ぶりに出産しました。以前受けたことがあったので、病院での沐浴の実技指導を受けないまま退院。久しぶりの沐浴に結局テキストを見ながらおそるおそるな私に反し、「体がおぼえてるよ」と慣れた手つきで沐浴をする夫。その穏やかな表情も相まって、かっこよく見えました』(4歳と0歳の兄弟ママ)

(5)息子への愛が見えた瞬間

『息子が6か月のときに風邪をひき、夜中に鼻水が詰まって寝苦しそうでした。鼻水吸い器も持っていなかったのでどうしようかと悩んでいたら、夫がためらうことなく自分の口を息子の鼻に当てて鼻水を吸い出し、吐き捨てていました。ワイルドな行動に驚きましたが、息子への愛が目に見えた気がして感動しました。それからずっと尊敬しています』(6か月男の子ママ)


いかがでしょうか。どのご主人様もとてもステキで、思わず頬が赤くなるエピソードばかりですね。育児に前向きで積極的な姿や家族のためにがんばっている姿を見ると、新たなときめきにつながっているようです。これは夫婦ともに同じことが言えるのではないでしょうか。

小さなお子さんがいるからこそ、家庭の中で役割を分担したり協力したりすることで夫婦の絆はより強まるといえます。安心してくださいね。

●ライター/りょんぺい(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする