経験したママの本音は!? 「無痛分娩」のメリット・デメリットまとめ

昔から「鼻からスイカ」と例えられる出産の痛みですが、医学の進歩に伴い、そんな陣痛・分娩時の激痛を回避するため最近では”無痛分娩”を選ぶ人も次第に増えてきました。

海外ではポピュラーな出産方法ですが、日本ではまだ取り入れている病院も限られ、実際の分娩方法やリスクについてよく知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、この”無痛分娩”についての基礎知識、メリット・デメリットについてまとめてみました。

(作成:パピマミ編集部・原)


聞いたことはあるけど“無痛分娩”って何? 全く痛くないの?

151208hara_06

麻酔を使って陣痛を緩和する“無痛分娩”ですが、まずは知っておきたいポイントが2つあります。

種類と方法

いよいよ赤ちゃんが生まれようとするときに、赤ちゃんを外に出そうとして、子宮は収縮し、赤ちゃんの出口である子宮口は徐々に開こうとします。

そのときの痛みを“陣痛”と言います。痛みの程度は人によってさまざまで、痛みに弱い人ならかなり強く感じることもあります。

また、下腹部に強い痛みを感じる人もいれば、腰が砕けるような痛みを感じる人もいます。しかし、この陣痛が起きないと赤ちゃんが生まれる準備が整ったとは言えません。つまり、陣痛は赤ちゃんが生まれるときに必ず通らなければならないことなのです。

そんな陣痛の痛みを抑えるために麻酔を使って出産することを“無痛分娩”と言います。痛みを和らげる薬を点滴する方法と脊髄の近くに麻酔を投与する硬膜外鎮痛法の2通りの方法があります。

出典:赤ちゃんへのリスクは? 出産の痛みを和らげる「無痛分娩」の基礎知識

特殊な麻酔をすることにより、陣痛の痛みや苦しみを和らげてくれる無痛分娩はとても魅力的ですね。

しかしながら、まだまだ選択する人の少ない出産方法ですので、もし希望する場合には、ご家族はもちろん、かかりつけの産院に相談することから始めてみてくださいね。

次に、この無痛分娩のメリットやデメリットについてもう少し詳しく見てみましょう。

無痛分娩のメリット・デメリットとは?

151208hara_07

「出産の痛みを軽減する」以外にも無痛分娩のメリットはあるのでしょうか。また、デメリットについても確認しておきましょう。

「無痛分娩のメリット」

-(1)圧倒的に痛みが少ない

薬が効きにくい体質の人の場合、多少の痛みを感じることもありますが、それでも通常の痛みに比べたら圧倒的に楽です。半数以上の人は、全く痛みを感じることはありません。痛みが無いのにお産は進んで行くのですから、リラックスして本を読んだり、DVDを見たりして過ごすうちに、あとはもういきむだけ、という状態になります。

-(2)計画的に分娩ができる

ここ日本では、無痛分娩の処置ができる麻酔科医は日中しか勤務していないことが多く、そのため、無痛分娩は予約制で、事前に赤ちゃんを産む日を決めることになります。その場合、自然にお産が始まるのを待つのではなく、陣痛誘発剤を使って薬で陣痛を起こします。事前にお産の日がわかるので、ご主人がお休みを取りやすかったり、上のお子さんがいる場合には、預け先を都合したりしやすいというメリットがあります。

「無痛分娩のデメリット」

-(1)お産後の腰痛

痛みを感じない代わりに、感覚も鈍くなります。立ち上がったり歩き回ったりするには、足に力が入らずに危険な状態ですので、お産の間中ベッドにリクライニングの状態で横になるか、せいぜいベッド脇に座るくらいが限度です。お小水は管で自然に袋に溜まるように処置されるので、トイレに行く必要もありません。

その結果、無痛分娩の最中は感じませんが、麻酔が切れたあと、ずっと同じ姿勢で休んでいたことが原因で、腰痛に悩まされる人が時々います。腰痛持ちで、長時間同じ姿勢を保つのが辛い人には、無痛分娩は不向きかもしれません。

-(2)吸引分娩や鉗子分娩の確率が上がる

痛みを感じないということは、赤ちゃんが下がって来た時に感じる「いきみたい」という欲求も無くなってしまうということです。普通でしたら、子宮口が全開大(10センチ)になった段階で、どうにもいきみが止められない状態になるのですが、無痛分娩の場合、どういきんだらいいのかわからない方がほとんどです。特に初産の方は、初めてのことでコツもわからず、なかなか赤ちゃんが降りて来ないという状態になりやすいです。

その場合、吸引分娩や鉗子分娩などで赤ちゃんの頭を引っ張り出すという処置が行われます。この処置によるリスクは小さいですが、まれに赤ちゃんの顔に傷がついたり、頭蓋内で出血を起こしたりします。また、会陰の傷が大きくなることが多いです。

出典:無痛分娩のメリット・デメリットとは?

こうやって見ると、無痛分娩はメリットもデメリットも大きい「ハイリスク・ハイリターン」型の出産方法と言えそうです。

陣痛・分娩の痛みや苦しみが軽減されるということは母体にとって心身ともに大きなメリットになることは間違いないと思いますが、それなりのリスクの可能性があることも念頭に入れて納得のいく出産方法を決めてくださいね。

無痛分娩の注意点

151208hara_08

無痛分娩を検討するときの注意点

注意すべきことは、

・無痛分娩=完全な無痛ではない
・無痛分娩を行っている病院は少なく、検診の時点から通っていないと対応してもらえない場合が多い
・24時間対応でない病院もある

の3点です。

無痛分娩を考えている場合は、あらかじめ対応している病院を選んでおくだけでなく、夜間や休日に陣痛が来ても対応してくれるかどうかについても早い段階で確認しておくことが必要です。無痛分娩を行っている病院の一覧もありますので、そちらも探してみるとよいかもしれません。

また体質や疾患の有無によっては、無痛分娩を選択できない場合もありますので、そちらはお医者さんとの相談・確認が必要です。

出典:麻酔の副作用は? 妊婦が“無痛分娩”を選ぶメリット&リスク

まずは、自分が本当に無痛分娩を希望するのかをよく考えてみましょう。また、無痛分娩を希望する場合には、かかりつけの産院が対応しているかどうか、個人的な体質や疾患で受けられないことはないか、早目の段階で確認しておくと良さそうですね。

なんとフランスでは妊婦の97%以上が無痛分娩!?

151208hara_09

国や文化が違えば、出産事情も大きく異なります。欧米では無痛分娩がポピュラーということは何となく聞いたことがあるかもしれませんが、フランスではほとんどの妊婦が無痛分娩で出産しているようです。

そこまで無痛分娩が普及している理由について見てみましょう。

(1)痛みが少ない

日本では、「痛さを我慢する」ことが美徳とされていますが、外国人は、基本回避できる痛みは回避するという考え方。

ということで、妊婦のお友達は、必然的に『無痛分娩』をチョイスしていました。私も、麻酔をしてから出産する20分前ぐらいまで、お部屋に備え付けられているTVを笑いながら観ていた記憶があります。

(2)母子ともに体力の消耗をしない

お母さんの痛みを抑えると、血液の酸性化制を抑えて、体を上手く順応させるので、赤ちゃんは最後まで必要なエネルギーをお腹の中で蓄えておけるそうです。

ちなみに、お母さんも出産してからの回復が普通分娩よりも速いため、入院期間が短いというのもメリットの一つだそうです。

(3)海外では、麻酔専門医が麻酔を担当するので安心

私がした麻酔は、腰の辺りに麻酔を打つ部分麻酔の1つである、『脊椎麻酔』でした。

この麻酔でお腹を含む下半身全体が麻痺するたま、痛みを感じなくなります。ただ、意識はしっかりしているので、赤ちゃんの誕生の瞬間もしっかりと味わえます

フランスでは、麻酔担当は麻酔専門医が担当します。出産前に麻酔担当医と面談します。書類にサインするとともに、アレルギーがないかなどの質問項目も埋めていきます。当日どのように麻酔をするのかなどの説明もしてもらえるので、不安も回避できるようです。

個人的な出産の思い出は、痛さよりも下半身の感覚が鈍っているので、上手にいきむことができず、主治医から、「あと、5回いきんで産まれなかったら、切るよ!」と脅されて、必死にいきんだことでしょうか……。

出典:海外で「無痛分娩」が普及している理由3つ

フランスは日本と違い「痛みに耐えてこそ母親」という変な固定概念がない分、効率的な出産方法を取っているのかもしれませんね。欧米化が進んでいる日本でも、何年、何十年先には同じように「無痛分娩が普通」と呼ばれる時代が来るのでしょうか。

それでは、実際に無痛分娩を経験したママのリアル体験談を見てみましょう。

実際のところはどうなの? 無痛分娩の本音を教えて!

151208hara_10

メリットに感じたママの意見

・『とにかく産後の体が楽でした。出産を終えて身も心も踊るような気持ちで赤ちゃんを見に行くことができました。2人目出産でいきむ感覚もわかっていたので、本当にスムーズな出産でした。産後の回復も比べ物にならないです』(30代/女の子ママ)
・『終始冷静でいられたので、出産の記録や様子を詳しく、細かく残すことができました。陣痛中も、ちょっと寝れました!』(30代/男の子ママ)

デメリットに感じたママの意見

・『「ママになるのに痛みから逃げるの?」と言われ、まわりからの理解が得られぬまま、モヤモヤした気持ちが残りました』(30代/男の子ママ)
・『陣痛は麻酔のおかげでほとんど痛みを感じなかったのですが、お産の進みが悪く陣痛促進剤を使うことになり、赤ちゃんが下りてくる衝撃もあまり感じなかったので、いきむのもコツがつかめず、分娩にとても時間がかかってしまいました』(20代/男の子ママ)

出典:まだ偏見ばかり? 先輩ママに聞く「無痛分娩」のリアル体験談4つ

「痛みから逃げる」という罪悪感を与えるような考え方は、上記の「痛さを我慢することが美徳」とされている日本ならではの気がしますよね。

それ以外では、お産時の心身の負担を軽減し、産後の体も楽だったというメリットの意見が心強いですね!

まだまだある! 無痛分娩したママの体験談4つ

151208hara_11

(1)何ごともなく快適!

『問題なくスルッと産まれました。痛みもなく快適! 間違いなくおすすめ! 次もまた無痛分娩で産みたい!』(31歳・男の子を出産・初産・10時間)

ママの体調や麻酔処置のタイミングに問題がなければ、“無痛分娩”というだけあり、ほとんど痛みもなく出産を終えることができるようです。快適にお産が済むことで、第二子・第三子への意欲も湧きやすいのではないでしょうか。

(2)普通分娩からの無痛分娩

『普通分娩予定でしたがうまく出産できず、バルーン、無痛分娩、吸引機をフル活用した結果、最後には帝王出産になりました……。家族も疲れ果ててしまい、何もかもがとても大変でした』(32歳・男の子を出産・初産・36時間)

こちらは、もともとは普通分娩を希望されていたママです。ママの体調やお産の進み具合によっては、希望通りの方法とならないパターンもあるようです。

(3)いい感じで分娩台に乗ったら

『子宮口が少し開いた時点で麻酔投入。それからは陣痛が和らぎ、気が付いたら眠っていました。このまま順調に終わるのかな、と思っていたのですが、分娩台に乗った直後、血圧が200近くまで上昇してしまい、降圧剤を投与。薬の影響で胃の中身をリバースする騒ぎに……。産後の回復はとてもよいです。血圧のところを抜かせば、おすすめできると思います』(29歳・女の子を出産・初産・6時間)

こちらのママも、パターン1のママと同じく、いいペースでお産が進んでいたようなのですが、出産直前になり妊娠性の高血圧症を発症してしまったとのこと。

(4)えっこれ本当に無痛分娩? 激痛なんだけど……?

『当日はお産を控えたママが分娩待ちの渋滞を起こしていました。比較的問題のなかった私は放置気味で、陣痛の間隔が狭まりナースコールを鳴らしても、看護師さんは来てくれません。猛烈な痛みの中、ようやく看護師さんが来てくれたころには、子宮口が9センチ開いていました。担当の先生からは、「もう自然分娩でいける」と言われましたが、飛行機に飛び乗ったパパを待つために無痛分娩を選択。麻酔を注入した結果、痛みは遠のいていき、「これでこそ無痛分娩だよね?」と思いました。

その後、パパも無事到着。あとは産むだけだったのですが、今度は陣痛が完全に止まってしまいました。「このままでは今日中に産まれない。赤ちゃんもストレスを感じ始めている。麻酔を切って自然分娩にしたほうがいい」と助産師さんに促され、麻酔を切りましたが、陣痛は戻らず。下腹部の激痛の中、陣痛なしでイキんで産むことになりました。なんだか散々でしたが、パパも間に合ったし、子どもも無事産まれたので、結果的にはよかったと思います』(34歳・女の子を出産・初産・15時間)

こちらは、私の妻が実際に体験したパターンです。

“かなりのレアケース”として、出産同期のママや先輩ママたちに驚かれたそうです。本人は、「一度の出産で、無痛分娩も普通分娩も味わった気分」と言っていました。ちなみに第二子をもし授かった場合ですが、「普通分娩で産むと思う」とのこと。

出典:結果も感想もバラバラ! 先輩ママたちの「無痛分娩」体験談4選

結局は、自然分娩と同様、無痛分娩でもお産の進み方も痛みの感じ方も十人十色といったところでしょうか。「他の人がこうだったから、自分もこうなる(感じる)はず」と過信したり不安になったりせずに、あくまで先輩ママ達の貴重な体験談として参考にしてくださいね!


いかがでしたか?

今注目されている「無痛分娩」ですが、まだまだ現代の日本では普及しきっていないのが事実です。

メリットやリスクを十分に理解した上で、ご家族やかかりつけの産院と相談して、自分の出産スタイルを選んでくださいね。

「無痛分娩」を選ぶにしても選ばないにしても、母子とも健康に安全に産むことが第一です。十分に検討して納得のいく選択ができるといいですね!

注目の記事

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする