家族の風邪予防に! アレンジ自在な「万能とり鍋」のススメ

こんにちは、ママライターの広瀬まおです。

もうすぐ冬、お鍋がおいしい季節ですよね。スーパーでも鍋の素をちらほら見かけるようになりました。

お鍋がおいしい時期になるということは、風邪も流行し始めるということ。「家族の中で元気な人と病人が分かれてしまった」というケースは珍しくありません。あるいは、ママ本人が病気になってしまうことも。

元気な子はがっつり食べたいし、病人は胃に優しいものを食べたいし……家族の要望を聞きながらごはんを作るのは大変なこと。今回は、そんなときに役立つ一撃必殺鍋をご紹介いたします!

151210hirosemao

風邪ひきさんチの万能鍋

材料(4人分)

・手羽元……6~8本(カット済みの骨付きモモ肉でも可)
・鶏皮……5枚ぐらい

・だし取り用昆布……3枚

・塩……小さじ1~2
・塩こうじ……大さじ2~3
・料理酒……大さじ3

・水……1.5~2L

・野菜(あるものを適当にでOK!)
・きのこ2~3種類
・人参
・大根
・ホウレンソウor小松菜
・白菜

作り方

1.鍋に水を張り昆布を入れてしばらく置く(面倒な人は昆布茶を小さじ3杯くらい入れてください)
2.鍋を火にかけ、沸騰前に昆布を取る
3.手羽元と酒を入れ、しばらく煮込む。手羽元に火が通ったら他の材料を入れる
4.煮込んで完成

シンプルな鶏鍋の出来上がりです。さて、この鍋の本領発揮はここから!

鶏鍋の簡単アレンジ例5つ

(1)+ごはん&卵で鶏かゆ

スープにごはんを入れ、軽く煮立たせます。ほぐした卵を入れると、優しい味の鶏かゆに。

(2)+うどん&ネギであっさりうどん

ごはんの代わりにうどんでもおいしいです。お好みで油揚げや天カス、紅ショウガを添えてください。

(3)+手羽元&ゆでタマゴでガッツリおかずに

お鍋を作るときにゆで卵を入れておくと、塩味の効いた味付け卵になります。手羽元+味付け卵とごはん、常備菜で一膳出来上がり。

(4)+カレールーでチキンカレー

基本が薄味のお鍋なので、カレールーを入れても大丈夫! また違った味わいが楽しめます。

(5)+ラーメンで鶏そば

(3)でも使った味付け卵をラーメンに乗せて。麺をゆでるときに水菜も一緒に入れると、見栄えがしますよ。


一つのお鍋でこのバリエーション! 多めに作って小鍋に分けての調理も可能です。もちろん、普通に鍋として食べてもおいしいですよ。

体調を崩しやすいこの季節、あたたかなお鍋を食べて乗り切りましょう。

【参考リンク】
「かぜ予防」食事でつくる元気な体! | 横山内科クリニック

●ライター/広瀬まお(コピーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする