忘年会シーズン到来! 二日酔いを防ぐ食べ物と正しいお酒の飲み方

【女性からのご相談】
お酒の席が苦手です。次の日は必ず二日酔いに悩まされてしまい、仕事が手につきません。営業職なので付き合いが多く、本当に困っています。年末年始、なんとか乗り切りたい! 二日酔いを改善する良い方法はありませんか?

a 二日酔いは飲み方、食べ物の選び方で改善しよう!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

12月に入り、お酒のお付き合いが増えるシーズンがやってきました。翌朝、頭痛に悩まされたり、体調が悪くなったり、楽しいはずの飲み会が苦痛になるのはツライものですよね。そんなとき、役立つ食材やお酒の飲み方を知っておけば安心です。今回は、栄養学にもとづいた二日酔いを防ぐ方法をご紹介します!

151204haruna

なぜ二日酔いになるの? 防ぐために必要なことは?

そもそも、なぜ二日酔いになってしまうのでしょうか? アルコールを分解するときに生まれる『アセトアルデヒド』という物質が、頭痛などの症状を引き起こしています。短時間で多くのお酒を飲むほど、血中のアセトアルデヒド濃度が高くなり、二日酔いがひどくなるのです。

アセトアルデヒドを体から排出することが第一! 早く排出するために、消化を助ける食材や水分を十分に摂ると二日酔い改善に役立つといわれています。

二日酔いを防ぐ飲み方のポイント

まず、一番大切なことは“空腹時にお酒を飲まないこと”。そして短時間に大量のお酒を飲まないように注意することも大切です。飲むときには、おつまみを食べながらゆっくりペースで楽しみましょう。

おつまみは、胃の粘膜を保護して解毒する、たんぱく質の多い“チーズ”やタウリンの多い“たこ”などが最適だといわれています。また、お酒の酸性を中和するために“海藻”などのアルカリ性食品を一緒に摂ると二日酔い防止に役立ちます。

気分すっきり! 酔いの解消に役立つ2大食材

(1)大根

大根には『アミラーゼ』などの酵素が多く含まれているため、消化を促して二日酔いの原因物質アセトアルデヒドを早く体の外に排出する効果があります。また、肝臓の働きを助ける『ビタミンC』も豊富なので、ダブルパワーでアセトアルデヒドの分解を早めてくれます。お酒の席のおつまみにも、帰宅後に大根おろしを食べるのも効果的です。

(2)シジミ

シジミは『必須アミノ酸』や『タウリン』が豊富です。たんぱく質が主成分の肝臓は、必須アミノ酸によって細胞の合成が促進されます。またタウリンは肝臓の働きをアップしてくれるので、酔いの解消を早める効果が期待できます。シジミのみそ汁やスープを飲んで、二日酔いを予防しましょう!

お酒と一緒に水分も補給すると◎

お酒を飲む際には、一緒にお水を飲むと◎。お酒に水分が含まれているのに!? と思いますが、アルコール飲料は利尿作用が高いので、実は飲めば飲むほど体内が水分不足になることも。お水と一緒に飲むと、早くアセトアルデヒドを排出しながら、必要な水分が補給できます。


お酒の付き合いを楽しむために、賢く二日酔いを予防できたら一番ですよね。とはいっても、飲酒は適量が大切。くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう!

【参考リンク】
日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要 | 厚生労働省(PDF)

【参考文献】
・『食べて治す医学大事典』主婦と生活社・編集
・『ザ・美女食材グランプリ Best20―40過ぎたら、これを食べなさい。』対馬ルリ子、小菅陽子・監修

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする