公立私立の差がスゴい! 子どもの大学卒業までにかかる「学費」の目安

こんにちは。金融コンシェルジュの齋藤惠です。

プレママなら誰しも気になること。それは、今後かかってくるであろう子どもの教育費用についてです。1人の子どもが大学を卒業するまでに一体、どれほどのお金が必要なのか知っていますか?

今回は文部科学省の調査結果などをもとに、いくら用意しておけば安心なのかを考えていきましょう!

151208saitomegumig

【小学校から高校まで】公立と私立ではこんなに違う!

平成24年に発表された文部科学省による『子供の学習費調査』によると、

・幼稚園は、公立なら約23万円、私立なら約48.7万円
・小学校は、公立なら約30.6万円、私立なら約142.2万円
・中学校は、公立なら約45万円、私立なら約129.5万円
・高等学校は、公立なら約38.6万円、私立なら約96.7万円

という報告が出ています。合計すると、全て公立の学校に通った場合は約137.2万円、全て私立の学校に通った場合は約417.1万円となります。公立と私立の差額はなんと279.9万円! とても大きな違いがありますね。

【大学】学部によっても学費がさまざま

次に、大学の学費です。こちらは公立と私立による金額の違いはもちろんのこと、どの学部へ進むかによっても大きく学費が変わってきます。実際に大学生協で長年働いている方にお話を伺ってみたところ、

『(入学費用、授業料の金額は)国公立大学なら文理系ともに約500万円、私立大学なら文系は約700万円から900万円、理系なら700万円から1,000万円以上かかる場合もある』

ということでした。特にお金がかかる学部が、医療系や芸術系の学部。これらの学部は4年間で2,000万円以上かかる場合もあるのだとか。……なんだか、青ざめてしまいますね。

さらに、上で述べた額はあくまでも入学費用と授業料としてかかってくる金額です。子どもが自宅を出て一人暮らしを始めた場合の金額は含まれていません。そう考えると、教育費用がもっとも多くかかってくる大学生までに、最低でも500万円。できれば1,000万円ほどためておきたいものですね。

まだまだ必要! プラスαの費用

学校へ通うための費用はもちろんのこと、今どきの子どもたちは小さいころから習い事や学習塾に通っている場合も少なくありません。他にも学校の勉強以外でお金がかかってくる例を挙げると、中学や高校の部活動にかかる活動費や遠征費用、国際的な人材になることを目指す子どもであれば留学費用など、必要なケースは多岐に渡ります。

まとめると、1人の子どもを大学卒業まで育てあげるには、最低でも700万円は必要ということになります。教育に力をいれるのであれば、2,500万円は用意しておいた方がいいでしょう。

プレママにとってはまだまだ先の話となるかも知れませんが、普段から家事や育児に追われていると、子どもの成長はあっという間です。いざというときにお金で困らないよう、子どもが生まれる前から貯金の計画などを見直してみてくださいね。

【参考リンク】
結果の概要-平成24年度子供の学習費調査 | 文部科学省

●ライター/齋藤惠(金融コンシェルジュ)

イラストで解説♪

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする