どうすりゃいいの! シングルファザーが「娘の初潮」に対応するポイント

【パパからのご相談】
小学4年生の娘が1人おり、シングルファザー家庭です。そろそろ初潮のことを考えなくてはいけないと思っています。多感な時期ですし、私自身が男性なのでどうすればよいのか、正直よくわかっていません。父親が対応することを嫌だと思うこともあるかもしれません。子どもの初潮についての準備と対応はどのようにすればよいでしょうか。

a 必要な物の準備ができていれば大丈夫です。

ご相談ありがとうございます。ママライターのマフィーです。

小学校4年生ともなれば、早い子はそろそろ初潮を迎える時期ですね。女の子の性に関することは、どのように対処するべきか悩むものですよね。初潮を経験している母親でさえ迷うことがあるくらいですので、父親が対応に困るのは当たり前のことと思います。

さて、では子どもの初潮にどのように対応すればいいのでしょうか。

151208mafee

子どもの初潮はいつ始まる? 前兆はあるの?

ルナルナの調査によると、初潮の年齢は以下の通りだそうです。

・小学校4年生以下……7.6%
・小学校5年生……27.1%
・小学校6年生……27.3%
・中学1年生……22.8%
・中学2年生……11.2%
・中学3年生以上……4.0%

小学校5年生から6年生で初潮を迎える子が約半数で、中には小学校4年生以下という比較的早い子も。

このルナルナの調査の15年前に行われている日本産婦人科学会の調査では、初潮の平均年齢は12.3歳と述べられているので、年々初潮の年齢が早くなっているのかもしれません。

初潮の前兆は、胸の膨らみ・陰毛・おりものが下着につく”という体の変化に関することから、だるさ・イライラ・腰痛・下腹部痛などの体調に関することまでさまざま。

私自身の経験から一番わかりやすいのは“おりものが下着につく”ようになることかと思います。おりものとは、膣から分泌される卵の白身のようなもの。色は白、透明、黄色などがあります。当時の私にはおりものの存在はショッキングなことで、数十年前のことなのにまだ嫌だった記憶を覚えているくらいです。

とはいえ、おりものについて子どもに直接聞くことはやめておいたほうが無難です。「こういうものが出てくると初潮が近いかもしれない」という事実だけ伝えておくと、子どもも把握しやすいかもしれません。

子どもの初潮がもうすぐ! どんな準備が必要?

では最低限必要と思われるものをあげてみます。

ナプキン

これは生理の必需品です。羽といって、パンツに引っ掛けるようにくっつける部分がついているものとついていないもの、昼用と夜用などの種類があります。

生理が始まってすぐは不定期だったり量が少なかったり、ということもありますが、どうせは必要になるものです。昼用と夜用の2種類用意してください。よく動く子や運動をしている子は、羽根つきナプキンや場合によってはタンポンがおすすめです。

生理用ショーツ

普通の下着だとナプキンはずれやすいのですが、生理用ショーツにすると少しずれにくくなります。

生理用ショーツと普通の下着の違いは、デリケート部分の材質と全体的な厚み。普通の下着よりもお尻をすっぽりと覆ってくれるデザインのものが多いです。最近では子ども用のかわいいデザインのものがたくさん売られています。

ナプキンを捨てるゴミ箱

トイレの隅に、ナプキンを捨てるようの小さなゴミ箱を置いてあげてください。

子どもとはいえ、使い終わったナプキンを見られるのはとても恥ずかしいものです。できるだけフタがあり、中が見えなくなるものを選んでください。

緊急用のナプキンセット

なぜかは分かりませんが、今だけは始まってほしくないと思うときに限って始まるのが生理です。修学旅行中に初潮、という子どももいるようです。

そんなときのために、生理用ショーツとナプキンを複数枚、ポーチなどに入れて持たせてあげてください。いざというときにとても役に立ちます。

初潮を迎えた子どもへの対応は?

私の初潮のときはただひたすらに嫌で、母にさえも生理になったことを知られたくありませんでした。末っ子で家族に「小さいね」と言われて育った私。大人になるということに、大きな抵抗を感じていたのでしょう。もちろん、赤飯なんてもってのほかでした。

その一方で、家族でお祝いをすることや、大人になったと言われることがうれしかったと感じる子もいます。

子どもがうれしいのか嫌なのか、反応を見てからこちらの行動を決めるほうがいいのではないかと思います。


学校でもナプキンの使い方や対処法などを教えてくれますし、友達から情報を得ることも多いはずです。多くの女性が通ってきた道ですので、初潮自体にそれほど心配することはないかと思います。

できるなら子どもと一緒に準備することを提案してみてください。恥ずかしがったと一緒にはできなかったとしても、父親が知っていてくれているということは心強いことだと思います。

【参考リンク】
多くの女性から支持され続ける『ルナルナ』ユーザーのアンケート調査 「みんなの声」を毎月お届け! | 株式会社エムティーアイのプレスリリース

●ライター/マフィー(ママライター)

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする