自分にとってのベストは? 初出産に挑むママの「産院選び」ポイントまとめ

妊娠がわかったら、できるだけ早めに出産する場所選びを始めましょう。

最近は、出産する施設にもさまざまな選択肢があるので、その中から自分に合った施設を選ぶことが大切です。

そこで今回は、総合病院や個人病院、助産院といった出産施設の種類とそれぞれのメリット・デメリット、産院の探し方・選び方についてまとめてみました。

(作成:パピマミ編集部・原)


出産施設の選択肢とそれぞれのメリット・デメリットとは?

151202hara_06

(1)大学病院などの大きな病院

大病院、特にNICU(新生児の集中治療室)が入っている病院は、やはり一番安全な施設と言えるでしょう。たとえ、順調な妊娠であったとしても、お産というのは命がけ。何が起こるかわかりません。

急な帝王切開に対応でき、しかも、赤ちゃんのケアも万全に行うことのできる大病院は、合併症をお持ちの妊婦さんにはもちろん、すべての妊婦さんに取って一番安全な施設です。

その一方、大病院ならではのデメリットもあります。医師や助産師の数が多く、毎回担当者が変わるため、信頼関係が築きにくい場合があります。また、多くの場合は教育病院の指定を受けているため、医学生や、助産学生の立ち会いが多く、落ち着かない、入院時は大部屋になることが多い、なども挙げられます。

(2)小規模な産婦人科病院、産院

小規模な病院であっても、ほとんどの場合は帝王切開にも対応しています。

少子化が進む現在、どこも工夫を凝らして妊婦さんの獲得を試みていますから、充実したサービスを受けられるところが多いでしょう。

部屋は個室が多いですし、LDRと言って、陣痛から出産後まですべて同室で行えるところも増えています。食事も充実していることが多いようです。

欠点としては、大病院と比較して、緊急帝王切開の対応が不十分であることです。例えば大学病院では、手術室スタッフが24時間勤務しているのに比べ、小規模な病院では、呼び出し制になっていることが多いからです。

また、たとえ小児科を併設しているとしても、出生直後の新生児の治療は困難なため、何かあった場合は、大病院に搬送されることになります。この場合、産後のお母さんは一緒に転院できないことが多く、産まれてすぐに離ればなれになってしまいます。

(3)助産院

病院との決定的な違いは、医師がいないということです。

もともと日本では、お産は産婆の仕事として、経験豊富な女性に任されてきました。日本の助産師は、産婆の流れを汲んでいると言えるでしょう。

助産院の良いところは、数名の助産師しかいないため、アットホームな雰囲気で信頼関係を築きやすいこと、自由なスタイルでのお産が可能で、自然なお産ができることです。

また、上のお子さんやご主人も一緒に宿泊できるところが多いので、家族でお産を乗り切りたい人には向いているかもしれません。

一方、欠点としては、医療行為が受けられないことです。

帝王切開はおろか、会陰切開(赤ちゃんがなかなか出て来ない場合に、膣口を少し切って赤ちゃんの頭を出す処置)、その後の縫合、点滴、注射など、通常、病院ならば当たり前に受けられる医療が、ここでは受けられません。

必ず連携病院がありますが、この連携病院は必ずしも産婦人科を併設しているわけではなく、多くは名前だけのもので、助産院の安全性を保証するものではありません。

(4)院内助産院(バースセンター)

これは、助産院のように自然なお産を推奨しながら、施設自体は病院内にあるという、新しいスタイルの助産院です。

大きな利点は、従来の助産院に比べ格段に安全性が高いことです。緊急帝王切開も受けられます。

バースセンターが一般的に定着しているイギリスで、2012年に大規模なリサーチが行われました。これにより、バースセンターと病院では、母子の死亡率に変わりがないことがわかりました。

一方、欠点としては、病院内にあるために、一般の助産院と比べると医師の介入が容易なため、何が何でも自然な分娩がしたい、と言う人には不向きかもしれません。

(5)自宅分娩

これは通常、助産院の助産師が自宅に来て分娩を介助する方法を指します。

大きな利点は、自宅なのでリラックスした環境でお産ができること、産後の入院が必要ないことです。

反対に、大きな欠点もあります。それは、病院でのお産に比べ、母子の死亡率が高いことです。

これは、先ほども触れたイギリスでのリサーチによって証明されています。

出典:出産の病院選び、5つの選択肢のメリット・デメリット

それぞれの出産施設のメリット、デメリットを踏まえた上で自分に合った施設を探してみましょう。出産はいつの時代も命がけです。「こんなはずじゃなかった」という後悔のないよう慎重に選んでくださいね。

アットホームな「助産院」と充実した医療施設の「大病院」、どっちにしよう??

151202hara_07

上記5施設の中でも、特に人気の高い「助産院」と「大病院」。それぞれの特徴を詳しく見てみましょう。

アットホームな環境で信頼できる助産師さんと

厚生労働省認可の国家資格である助産師は、出産時のお世話だけではなく、妊娠中の健康診断や育児指導、少女の健康相談まで乗ってくれる、女性にとっては大変頼れる存在です。そんな助産師が開業している出産施設が助産院です。

助産院の問診は一人一人にとても長い時間をかけ、妊婦さんとコミュニケーションを重ねることで信頼関係を築いていきます。精神的なサポートが重要である妊婦さんにとって心強い場所ですね。

一方で、助産師は投薬や手術などの医療行為はできません。ですから、緊急時には助産院と提携している医療機関が対応します。持病がある方や、健康面で出産に不安がある方は、やはり医療設備が整った大きな病院で最初から見てもらうのが良いかもしれません。

健康的に問題がなく、「少しでも精神的な負担を減らしたい」「経験豊富な方からのアドバイスが欲しい」という方は助産院での出産を選んでいるようです。

手厚い医療サポートが魅力的な大病院

妊娠・出産には常にリスクがついてまわるもの。そのため、「いざというときに充実した医療が受けられる環境がいい」と思う方は、大きな病院の産婦人科が最適です。設備面でもスタッフの人数でも“大は小を兼ねる”という考え方ですね。

また、先ほども述べたように、助産院では妊婦さんの緊急時に備えて必ず病院と提携しています。そういった意味では、助産院と病院それぞれで問診を受けるより、初めから一か所で最後まで診てもらった方が体力的にも経済的にも負担は少なくてすみます。

ただ、充実した医療サポートをもってしても、助産院などと比べると精神的なサポートの部分まで行き届かない場合が多いと思われます。病院での医療行為はどうしてもどこか事務的な印象になりがちです。健康面に大きな心配がなく、それ以上につわりの時期にストレスや不安感で苦しむ場合、病院での出産は孤独を感じてしまうかもしれません。

もちろん、病院の中でも妊婦さんの心のケアに力を入れているところもあるようです。出産先に病院を選んだ方は、そのサポート体制を事前にチェックしてみてくださいね。

出典:どこで出産する? プレママが知るべき「助産院」と「大病院」の特徴

助産院、大病院どちらにも良い点・問題点があるようです。母子の安全な出産が第一ですが、自身の体の状態や施設に対する自分の優先順位を元に、周りの意見に左右されない選択ができるといいですね!

出産施設を選ぶ際に考慮すべき要素5つ

151202hara_08

様々な種類がある出産施設ですが、どれを選ぶにしても共通して考えるべきポイントもあります。

(1)自分の希望する出産スタイルを選べる

母乳育児推進、立ち会い出産など自分の理想のお産スタイルができるかどうかという点を調べておきましょう。

(2)安全性

NICU(新生児集中治療室)のベッド数、他科との連携など、緊急時にも安心できるかどうかをチェックしましょう。

(3)利便性

仕事をしている場合、職場から近い産院を選んでしまう人が多いのですが、産休や育休をとると、自宅から通うことになるため、利便性重視なら必ず自宅からの距離で選びましょう。里帰り出産の場合も利便性は重要です。

(4)コスト

豪華な食事や全室個室など入院設備の整った個人クリニックの場合、総合病院よりも費用がかかります。コストを少しでも抑えたいなら入院費用やお産費用についても調べておくようにしましょう。

(5)設備や食事が充実

妊娠、出産のご褒美においしい食事やリラックスできる個室を希望する妊婦さんも増えています。設備や食事を重視する場合は個人クリニックになります。ただし、総合病院よりもコストはかかります。

出典:初出産の“病院選び”の重要ポイント5つ

せっかく出産施設の種類を絞り込んでも、通える距離になかったり、出産費用が予算オーバーでは選ぶことができませんよね。自分が重視する要素の優先順位から出産場所を絞り込むことも大切です。

せっかくなら記念に残るセレブ病院で産みたい!

151202hara_09

時々テレビや雑誌で見かける「セレブ産院」。より安全に、より快適に出産にのぞめる独自サービスがあるようです。

出産前にもいろいろな“うれしい”ポイントが!

セレブ病院では、出産前から妊婦さんへのサービスが手厚いことが多く、

・待合スペースで無料マッサージ、ピアノの生演奏
・検診後にカフェの無料チケットが利用できる
・ティーパーティー形式での入院前説明会

などがあります。

・産後にも使えるさまざまなアイテムが両親学級の参加賞でもらえる
・事前に知っておくべき知識をまとめた冊子が配布される

このような場合は、必要な情報を精査しつつ集める手間をかけずにすみますし、購入するものも少なくてすみますので、お得と言える可能性さえありますね。

産前からこうしたサービスを受けられることで、出産への気持ちがより前向きになり、恐怖やストレスがより少ない状態で臨めるようになります。

入院中のサービスは、「さすが!」のひとこと

セレブ病院では“LDR室”が完備されていることも多いです。LDR室とは、Labor(陣痛)、Delivery(分娩)、Recovery(回復)の全てを行える部屋のことです。強い陣痛に耐えながら分娩の部屋に移動するのは大きな負担ですし(移動中にいきんでしまう妊婦さんも少なくありません)、好きな音楽をかける、テレビを見る、上の子どもと一緒に過ごす……などができる場合も多いです。

産後は完全個室だったり、個室が多く用意されていたりする点も特徴です。プライバシーに配慮が必要、他の人に気を使いすぎてしまう、遠方から来ている家族の宿泊場所が必要、などの場合に便利です。

食事に気を使っている病院も多いです。有名ホテルから引き抜かれたシェフたちが、朝は焼きたてのパンを提供し、個別に卵の焼き加減のオーダーを受けてくれる病院もあります。産後の回復や授乳のためにも、食事は重要なのです。

退院時には、数週間分の育児必須アイテム一式をお土産にしてくれたり、エステやヘアカットを行ってくれたりすることもあります。

セレブ病院にも“デメリット”がある?

“お金がかかる”は、やはり一番のデメリットです。100万円以上かかるのを前提にして考えていた方がよいかもしれません。(差がありますので、総額60万円程度ですむ病院もあります)

とは言え、出産は一生のうちに何度もない経験ですし、“その子どもを産むのはその1回だけ”でもあります。ぜいたくのしどころとしては適切かもしれません。

出典:エステのサービスまで!? プレママが「セレブ病院」で出産するメリット

やはり普通の病院では受けられないようなサービスがたくさん見受けられますね。一生の記念に残る快適な出産の思い出を作るためにも、費用面さえクリアできれば前向きに検討したいですね!

母乳指導してくれる産院も

151202hara_10

この他にも母乳育児を目指しているなら、入院中から母乳指導に力を入れている産院を選ぶことも選択肢の一つです。

母乳指導って?

母乳指導というのは、母乳のあげかたの指導のことです。

授乳のときの赤ちゃんの抱っこの仕方、乳首のくわえさせ方や離し方など、実際に自分と赤ちゃんの目の前で教えてくれます。もちろん授乳方法だけではなく、母乳が出にくい場合や母乳が出すぎてトラブルになる場合などの対処もしてくれます。

赤ちゃんは母乳を飲むもの、というイメージがありますが、スムーズに飲んでくれる赤ちゃんはとても少数派。赤ちゃん側の飲み方が下手な場合もあれば、母親側の飲ませ方が下手な場合もありますが、どちらにしても一筋縄ではいかない場合が多いんですね。

そんなとき、母乳指導の存在はとても頼もしいものです。母乳指導に力を入れている病院というのは、母乳での育児を推奨している病院である場合がほとんどです。

おっぱいの悩みは母乳指導で解決してもらう

ご相談者様のお考え次第で変わると思いますが、もしぼんやりとでも母乳育児をしたい考えている場合、母乳指導に力を入れている病院のほうがいいのではないかと、私は思います。しかも、入院中だけではなく退院しても母乳指導を行ってくれる病院であれば、なお良いです。

赤ちゃんは、基本的に長い時間寝ることはないですし、育児に慣れるまではどんなに愛しい子どもであっても、母親の気持ちは疲れてきます。母乳のことで悩む時間と苦しい時間を、少しでも軽減させてくれるのが母乳指導ではないかと思います。

「生む」ところにばかり注目してしまいがちな産院選びですが、このように産後の母乳育児なども見据えた選択も大切ですね。

最後は口コミ?! リアルな情報で納得できる病院選びを

151202hara_11

このようにたくさんの選択肢の中から、先輩ママ達は一体どのようにして産院を選んだのでしょうか。

口コミで選ぶ人が多数! Webサイトも要チェック!

取材した中では、ほとんどの女性が『友人や両親からの情報で決めた』と回答しました。

・『友人がその病院で産んでいて、お見舞いに行ったときから決めていた』(30代ママ)
・『自分が生まれた産婦人科にした』(20代ママ)

また、インターネットの口コミサイトで情報収集したと回答した女性は、『インターネットで候補を複数挙げてから電話した。電話の応対が良く、Webサイトに情報がきちんと載っていたところに決めた』(30代ママ)と話していました。

最初から産院を決めている場合は別ですが、決めかねている場合には、『一度、電話して見学ができるかどうか問い合わせてみるのがおすすめ』(30代ママ)だそう。診察までの待ち時間の長さ、施設の清潔さなど訪れてみなければわからない情報もあるので、実際に足を運ぶことがポイントになりそうです。

少子化で産院の数が少ない? 気付くと分娩予約が終了している場合も

産院によっては分娩予約が必要な場合もあるので注意しましょう。また、里帰り出産を受け入れていない産院や、早々に分娩予約を終了してしまう人気の産院もあります。

取材した中でも実際に、『母子手帳をもらった段階で里帰り先の病院に電話したところ、すでに分娩予約が終了していた』(30代ママ)といった声がありました。

里帰り出産の場合は、妊娠初期の段階で一度診察に訪れる必要があるなど、産院によって決まりがあるので確認が必要です。

また、「普段の妊婦健診は近くの診療所で、お産は分娩施設へ」といったセミオープンシステムを導入している自治体もありますので、確認してみましょう。

出典:この病院で大丈夫? プレママが産院選びで情報収集するポイント

いくつか気になる出産施設を選んだ上で周りの人に聞いてみる、口コミを探す、または先輩ママに聞いたおすすめ産院の中から検討してみるのも効率的ですね。

いずれにしても、妊娠がわかったら早めに行動し、分娩予約を入れておくのが良さそうです。


いかがでしたか?

特に第一子の出産は初めてのことばかりで、出産施設選びも簡単にはいかないかもしれません。これらの情報をもとに自分に合った病院をいくつか絞り込み、早い段階で見学に行ってみるといいですね。

また、出産は理想通りにいかないことも多々あります。しかし、母子ともに安全な出産ができることが最重要ですので、あまり病院や出産スタイルに固執しないことも大切です。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする