修理に出すのは早い? ケース別「スマホ・タブレットの異常」対処法6つ

【ママからのご相談】
ここのところどうもスマホの動きがあやしいです。メールをうまく読み込んでくれなかったり、ミュートが勝手に解除されていて、音が出たりします。買ってからまだ半年くらいなので壊れていないとは思いますが、故障なのでしょうか。

a 「壊れた」と判断する前に、自分でできる簡単解決法があります。

パパライターの矢山ユースケ@育休中です。

毎日手にするスマートフォンの調子が悪いと、何かと不便ですよね。本当に壊れてしまっていたら修理に出すか買い換えるしかありませんが、ちょっとした手順を行うことで症状が改善することがあります。

今回は、そんな「スマホが壊れたかも?」と思った際に、簡単にできる応急処置的なトラブル対処法をご紹介します。

151207yayamayu-suke

ケース別“スマホ・タブレットの異常”への対応法6つ

(1)画面が固まって、何も操作できなくなった!

・電源ボタンを長押しして電源を切り、再度長押しして電源を入れる(電源再起動)
・電源ボタンとホームボタンを同時に長押しし、アップルロゴ(リンゴのマーク)が表示されたら指を離す(ハードリセット)※iPhone、iPadなどiOS機器の場合

上記の作業を行い、無事に電源が入ったら、念のため使用中のアプリを一度全て終了させておきましょう。昨今、アプリ終了は不要と言われていますが、メモリ解放になるので、やっておいて損はありません。

(2)インターネットに接続できなくなった!

・機内モードをオンにしてから、オフに戻す
・ネットワークリセットを行う※iPhone、iPadなどiOS機器の場合。Androidは機種による
・ハードリセットを行う※iPhone、iPadなどiOS機器の場合

機内モードのオンオフやネットワークリセットは、WiFiオンリーの機器にも有効です。

ネットワークリセット後はスマートフォン側で設定してあったWiFiルーターのパスワードがリセットされてしまうので、パスワード入力を再度行う必要があります。

(3)各種ボタンが効かなくなった!

・電源再起動、ハードリセット※ハードリセットはiPhone、iPadなどiOS機器の場合

電源ボタンが効かず代替手段がない場合は、こちらの方法は行えませんので、故障修理濃厚です。

(4)充電ができなくなった!

【充電はできるけれど、充電速度が遅いなど正常に充電ができない場合】
・電源再起動、ハードリセット※ハードリセットはiPhone、iPadなどiOS機器の場合
【充電そのものができない場合】
・ハードリセットを行っても改善がない場合、充電ケーブル、アダプタの交換を行う

充電ケーブルやアダプタは、ご家族やお友達が同じスマートフォンを使っている場合、一時的に借りてみて充電ができるかどうか試してみましょう。誰も同じ機器を使っていない、ひとり暮らしや出張先・帰省先などでケーブルなどを借りられない場合は、最寄りの携帯ショップへ持ち込み相談するのもありです。

(5)各種同期ができなくなった!

・機内モードのオンオフを行う
・ネットワークリセット、ハードリセットを行う※ハードリセットはiPhone、iPadなどiOS機器の場合
・同期中のアカウントをサインアウトし、再度サインインする

AppleIDやGoogleアカウントのサインアウト→サインインを行う場合は、IDとパスワードを事前に確認しておきましょう。

(6)画面が割れた! 水没した!

こちらに関しては、まず間違いなく修理が必要です。

水没は「すぐにドライヤーで乾かすと復活する」という都市伝説(?)があります。一時的に復活することもありますが、漏電や感電の危険のほか、PCなどに接続した場合、接続した先の機器が壊れてしまう可能性があるので、あまりオススメはできません。

iCloudバックアップなど、パソコンなどを使わない方法でバックアップが行える場合は、一抹の望みにかけてドライヤー乾燥を行い、バックアップ作成後に修理依頼を行うのもありかもしれません(あくまで自己判断で行ってください)。

改善がなかった場合には、“初期化”を行ってみる(画面割れ・水没以外)

いずれの方法でも改善がなかった場合は、「初期化(工場出荷状態への復元)」を行うことで改善する可能性があります。ただし、以下の注意点があります。

・時間がかかる(バックアップするものの量によるが、30分〜1時間以上かかることも。バックアップ時間の倍が目安)
・パソコンが必要(WindowsでもMacでも可能。要iTunesインストール※iPhone、iPadなどのiOS機器の場合
・要バックアップ(バックアップしなかった場合、データは真っさらになる)

「初期化なんて自分ではできない! それならお店に持っていく!」という人も多いかもしれませんが、この初期化作業をやらずに修理依頼を行うと、「まずは初期化してみてください」と断られてしまう可能性がありますので、やっておいたほうが無難です。また、修理依頼を行う場合でも、データのバックアップまでは自分で行う必要があります。

初期化でも改善しなかった場合は、諦めて修理へ

初期化をしても改善がなかった場合は、残念ながら故障・不具合が確定しますので、修理もしくは機種交換などを考えましょう。その際、以下の点を確認しましょう。

・原則、メーカーの正規修理店で修理を行うこと
→非正規店で修理してしまうと、保証期間内であっても、以後の保証が受けられなくなります。
・携帯キャリアやメーカーの保証期間内かどうか要確認
→保証期間内の場合、症状によって無償修理交換が受けられる可能性があります。
・郵送や引き取り修理依頼が可能な場合も
→iPhoneの場合、AppleCareへ修理依頼を行うと、お店に持ち込まずに修理が可能です。ただし代替機はありませんので、必要な場合は携帯ショップなどに事前相談しましょう。

ハードリセットやネットワークリセットでかなり改善します

日常的なトラブルであれば、iPhoneやiPadであれば、ハードリセットやネットワークリセットを行うことによって、多くの症状は改善してしまいます。方法も簡単なので、覚えておくとよいでしょう。

Androidスマートフォン・タブレットに関しては、操作方法が一律ではないため、使っている端末ごとに調べる必要があります。私はHUAWEI社のスマートフォンをiPhoneと併用していますが、機内モードのオンオフや電源再起動は、iPhone同様に効果的がありました。

応急処置の手順を覚えて、よりよいスマートフォンライフを送りましょう!

【参考リンク】
iPhone、iPad、および iPod touch のハードウェア機能に関するサポート情報 | Appleサポート
iPhone、iPad、または iPod touch が反応しない、または電源が入らない場合 | Appleサポート
iTunes を使って iPhone、iPad、または iPod を出荷時の設定に復元する | Appleサポート

●ライター/矢山ユースケ(IT系パパライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする