親子で一生の記念に! 赤ちゃんの「1歳の誕生日」お祝いスタイル4選

こんにちは、ママライターのfurahaです。

子どもの誕生日といえば、毎年ママやパパにとっても子どもの成長を改めて感じることのできる一大イベント! その中でも特に1歳の誕生日は、子どもが迎える初めての誕生日。1年間元気に成長してくれたという思いも重なり、ママやパパにとっても特別なものだと思います。

そんな1歳の誕生日、一生の記念に残るようなお祝いを何かしてあげたいものですよね。以下では、1歳の誕生日におすすめのお祝い方法をご紹介します。

151207furahag

1歳の誕生日のお祝い4選

(1)一升餅

まず、日本の伝統的な1歳の誕生日の祝い方といえば、“一升餅”! 一升餅とは、一升分のお米(約1.8kg)を使って作るお餅。1歳のお誕生日である“一升餅のお祝い”は、一升餅の一升(いっしょう)と、お子様のこれからの人生=一生(いっしょう)を掛け、

・一生食べ物に困らないように
・これからの一生が健やかになるように

との願いを込めて、お子様の1歳までの成長を祝うとともに行われるお祝いです。

この一升餅をどうするかは、地域によって違うようですが、風呂敷などにお餅を包んで赤ちゃんに背負わせるのが一般的です。ちなみに、一升分のお餅を背負わせると、重くて立てない赤ちゃんがほとんどかと思いますが、尻もちをついても「厄が落ちた」と縁起のいい解釈ができるそうです(この解釈の仕方も、地域によって多少違いがあります)。

一升餅は最近ではネットでも簡単に購入できますが、近所に和菓子屋さんがある場合は、作ってもらえないか頼んでみるのもおすすめです。お餅の上に自分で名前や日付けを書かせてくれるお店もあり、記念になります。

(2)選び取り

こちらも一升餅と同じく、一部の地域では昔から行われてきた伝統行事のひとつ。赤ちゃんの前に意味のある物をいくつか置き、どれを手に取るかでその子の将来を占うものです。

選び取りで用意するアイテムとして一般的なのは、筆・そろばん・お金の3点。ただし、特に決まりがあるわけではないので、それぞれのご家庭でアイテムを決めて楽しんでみてはいかがでしょうか?

以下がよく使われるアイテムとその物が示す意味のリストです。

・筆……芸術家/作家
・そろばん(電卓)……商売人
・お金……お金持ち
・はさみ……職人
・辞書……学者・研究者
・ボール……スポーツ選手
・箸……料理人

もちろん上記結果には何の根拠もありませんが、1歳のお誕生日パーティーのイベントとして行うと、盛り上がるのでおすすめです。

(3)赤ちゃん用ケーキ

お誕生日といえばケーキ! でも、普通のケーキ屋さんで売っているケーキはまだ1歳の赤ちゃんが食べるには早すぎます。だからといって、せっかくのお誕生日、パパやママがケーキを食べているのに、主役の赤ちゃんはケーキなしというのもかわいそう……。

そこでおすすめしたいのが、自宅で簡単に作れる赤ちゃん専用のケーキです!

小さく焼いたパンケーキをスポンジ代わりに、とろみの強いヨーグルトをクリーム代わりにして、上にフルーツを盛り付ければ、かわいい赤ちゃん用ケーキの完成! ネットで検索すると、赤ちゃん用ケーキのデコレーションアイディアも一杯出てくるので、参考にしてみるといいでしょう。

また、市販で赤ちゃん用のケーキを作るキットなども売っています。記念すべき1歳の誕生日、赤ちゃんも食べられて大喜び、ママの愛情たっぷりのケーキを作ってみてはいかがでしょうか!?

(4)フォトスタジオでの記念撮影

最後に、1歳の誕生日を何か記念として形に残したいと思われるのであれば、やはり一番のおすすめはフォトスタジオでの記念撮影! 撮影代が少しかかりますが、やはり自宅で撮る写真とプロに撮ってもらう写真とでは全く違うので、思い切って撮っておくと後々の記念になります。

また、フォトスタジオであれば、家族そろっての写真を撮ってもらえるのもうれしいところ! 赤ちゃんの写真はご自宅でも日頃からたくさん撮ると思いますが、意外に家族全員が写っている写真って少ないですよね。

フォトスタジオも、最近では単に写真を撮れるだけでなく、衣装を貸してくれたり、部屋がオシャレな雰囲気にデコレーションされていたり、スタジオごとで個性が違うので、自分たちのイメージに合ったお気に入りのスタジオを探してみてください。

子どもだけでなくママ・パパにとっても最高の1歳の誕生日に!

最後に、上記のような記念に残るお祝いに加え、1歳のお誕生日には主役の赤ちゃん自身が楽しめるイベントも盛り込んであげるといいでしょう。1歳ともなると一緒にお出かけを楽しむことができる年齢。遠出をしなくても、子どもが好きな近くの水族館や動物園に家族で遊びに行くなどで充分!

1歳の誕生日は子どもの誕生日であると同時に、1年子育てを頑張ってきたママやパパにとっても記念となる大切な日です。子どもが楽しんでくれることがもちろん一番大切ですが、いろいろな工夫をしてママやパパにとっても思い出になるステキなファーストバースデーが迎えられるといいですね。

【参考リンク】
一升餅ってどんなもの? | 一升餅本舗

●ライター/furaha(ベビーマッサージ講師)

イラストで解説♪

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする