災害時に強い? 今だから再評価したい「無洗米」のメリット

【ママからのご相談】
先日夫の実家から無洗米が送られてきました。いままで普通のお米しか食べたことがなかったのですが、無洗米のほうが良い部分て何かあるのでしょうか?

a 無洗米のスゴいところをお米マイスターに聞きました!

こんにちは。ご相談ありがとうございます。ママライターの横山かおりです。

水で研ぐお米しか食べたことがないと、無洗米を食べるのは少し抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、無洗米も今はとてもおいしく、うれしいポイントがたくさんあるんですよ!

今回は日米連認定、三ツ星お米マイスターの方に話を伺いましたのでご紹介します。

151204momo

無洗米はおいしい上に保存しやすい

お米マイスターの方によると、

『普通のお米の表面にはヌカの膜が残っており、手早く研がないとお米がヌカの匂いを吸ってしまいます。お米が割れやすかったり、研ぎ水と一緒に栄養が流れてしまうことも。無洗米はヌカの膜が取り除かれているので、簡単においしいごはんがたけます。またヌカがないので酸化しにくく保存もしやすいですよ』

とのこと。保存の際は密封容器に入れて冷蔵庫の野菜室などで保存するといいそうです。

災害時にも使いやすい

大きな災害が起きて水が普通に使えないときなど、余計な水を使わないですむ無洗米は貴重です。

防災用品に水は準備しているご家庭は多いと思いますが、万が一のときのために水とセットで無洗米も備蓄しておくと安心ですね。

おいしいごはんがすぐにたける

無洗米は何より水で研がなくていいので、冬には特にうれしいですね。お米マイスター直伝のおいしい無洗米のたき方としては、

・普通のお米より少しだけ多めに水を加える(ヌカがない分お米が小さく、米粒の数が多いため)
・ミネラルの少ない軟水でたく(硬水はお米に水が浸透するのをミネラルがジャマしてしまうため)
・夏場は30分、冬場は60分吸水させる
・冷水でたく(水からたくと沸騰までに時間がかかり甘みが増すため)

これらがポイントだそうです。


ひと昔前は無洗米というとあまりおいしくなさそうというイメージがありましたが、今は味を比べてもまったく遜色ありません。ぜひポイントを押さえつつ、おいしいごはんをたいてみてくださいね。

●ライター/横山かおり(ママライター、元モデル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする