ワールドカップで興奮! 初心者が「ラグビー」を始める準備2つ

【男性からのご相談】
ラグビーワールドカップに感動し、僕もラグビーを始めたいと考えています。しかし、どのように体を鍛えたら良いのでしょうか? 何か特殊な練習は必要ですか?

a 最初はボールに触れ楽しむことから始めてみてはいかがでしょうか。

こんにちは。ライターの佐藤です。

先日行われたラグビーワールドカップでは、日本代表が世界屈指の強さを持つ南アフリカ代表に勝利し、大いに話題となりました。サモア代表、アメリカ代表にも勝ち、3勝をあげましたが、残念ながら予選敗退となってしまいました。

相談者様のように、日本代表の頑張りを見て「自分もラグビーをやりたい」と思う人は多いと聞いています。しかし、激しいスポーツだけに二の足を踏んでしまうという意見もあるようです。今回は、ラグビーを始めるための方法をご紹介いたします。

59908

“ラグビー”を始めるための準備ポイント2つ

(1)まずは全身を鍛える

ラグビーは人間同士が体と体を激しくぶつけあうスポーツであるほか、80分間常に動きまわっていなければなりません。したがって、鍛えるべき部位は多く、80分間落ちることのない運動量を維持する持久力、そして大男のタックルを喰らってもビクともしない強さが必要になります。

練習方法としては、長時間のプレーを実現させるための長距離走、瞬時にダッシュなどの短距離走、そして体全体に筋力をつけるウェイトトレーニングなどが必要となってきます。また、首を鍛えるトレーニングも重要です。

激しいラグビーの試合に耐えることのできる体が出来上がったとき、始めてボールを使った練習やタックルの練習に入るのです。中途半端な体で試合に臨むのは危険で、場合によっては命を落とすことにもなります。

今回の日本代表の場合は、エディー・ジョーンズヘッドコーチの元、徹底的にフィジカルトレーニングを行い、世界と戦える体を作ってあのような好成績につなげました。

(2)初心者向けのラグビースクールに通う

しかし、初心者でいきなりこれだけのトレーニングをやれと言われても、うんざりしてしまいますよね。ラグビー関係者が、若者の「やってみたい」と思う気持ちをむげにするわけがありません。各地域にはラグビースクールが開校されており、そこで元ラガーマンが初心者向けのトレーニング方法や“ラグビーの楽しさ”を教えてくれます。

選手になりたいのならば、自分で走りこみや筋力トレーニングを行うことをおすすめしますが、まずは軽い気持ちで初めて見るのが良いと思われます。

【参考リンク】
大学ラグビー選手におけるS&Cトレーニング | NSCAジャパン(PDF)

●ライター/佐藤俊治(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする